MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. ゴルフヴァリアント

VWゴルフ ヴァリアントTDI:パサートのディーゼルよりパワー/トルクは低いが洗練度は高い VWゴルフTDI:ディーゼル搭載のTDIはモデルライフ終盤に登場した「ベスト・オブ・ゴルフ」

  • 2019/08/20
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン・ゴルフ ヴァリアントTDI Highline Meister 車両本体価格:405万円

フォルクスワーゲン・ゴルフに待望のTDI=2.0ℓ直4ディーゼルエンジン搭載モデルが登場した。ゴルフ7のモデルライフも終盤に入ったが、まさに集大成とも言える完成度だった。自身もマイカーとしてゴルフ7に乗るジャーナリスト、世良耕太がゴルフTDIに試乗した。

TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

真打ち登場! だが、パサートのディーゼルとはスペックが違う

ボディカラーはタディープブラックパールエフェクト

 真打ちの登場だ。フォルクスワーゲンは2018年2月にパサートのセダンとヴァリアントにディーゼルエンジンを搭載する「TDI」モデルを追加した。以後、18年中にティグアン、ゴルフトゥーラン、パサートオールトラックにもTDIモデルを追加している。

 そしてようやく、ゴルフの番が巡ってきた。2019年10月1日に「ゴルフTDI」と「ゴルフヴァリアントTDI」が追加される。「待ってました!」という感じだ。同時に、3列シート7人乗りミニバンのシャランにもTDIモデルが追加された。これで、VWのラインアップでディーゼルエンジンを搭載するのは8モデルになった。

 ゴルフ/ゴルフヴァリアントTDIが搭載するディーゼルエンジンは、EA288型の2.0ℓ直列4気筒ユニットだ。筆者は18年2月にパサートヴァリアントTDIに乗っており、そのときの印象をもとに今回、ゴルフヴァリアントTDIに試乗した。ところが、どうも印象が違う。それもかなりいい方向に……。エンジンを含むパワートレーンのスペックを比較してみたら、内容がかなり異なっていた。まずは、そこから整理していこう。

全長×全幅×全高:4575mm×1800mm×1485mm ホイールベース:2635mm
最小回転半径は5.2m
車重:1490kg 前軸軸重:890kg 後軸軸重:600kg

 パサートヴァリアントTDIが搭載するエンジンのスペックは以下のとおりである。

最高出力140kW(190ps)/3500-4000rpm 最大トルク400Nm/1900-3300rpm 容積比15.5

 ゴルフヴァリアントTDIが搭載するエンジンのスペックは以下のとおりだ。

最高出力110kW(150ps)/3500-4000rpm 最大トルク340Nm/1750-3000rpm 容積比16.2

 同じエンジンだが仕様は異なり、ゴルフTDIの方がおとなしいスペックとなっている。組み合わせるトランスミッションも異なっており、パサートヴァリアントTDIは6速DSG(DCT)の組み合わせ。ゴルフヴァリアントTDIは7速DSGだ。100km/h走行時のエンジン回転数は、パサートが約1750rpm、ゴルフは約1550rpmである。車重はパサート(ヴァリアントTDIハイライン)が1630kgなのに対し、ゴルフ(ヴァリアントTDIハイラインマイスター)は1490kgだ。

エンジン 形式:2.0ℓ直列4気筒DOHCターボ 型式:EA288(DFG型) 排気量:1968cc ボア×ストローク:81.0×95.5mm 圧縮比:16.2 最高出力:150ps(110kW)/3500-4000pm 最大トルク:340Nm/1750-3000rpm 燃料:軽油
エンジンカバーがあるとこんな景色
エンジンカバーの裏側にもかなり注力しているのがわかる

 パサートとゴルフは同じパワートレーンを積んでいるものと決めつけて乗ったのが間違いの元で、いろいろ違うと知って印象を補正すると合点がいく。スペック由来の違いについては後述するとして、車室内にいる限り、エンジンはとても静かだ。パサートはディーゼルエンジンの主張を特有のノイズで常に感じさせたが、ゴルフはディーゼルの主張を音の面ではほとんど感じない。

 エンジンをかけたまま外に出ると、ゴルフもパサートと同様、ディーゼル特有の勇ましい音が耳に飛び込んでくる。遮音の差だろうか。ゴルフはディーゼルエンジンを搭載するにあたって遮音を徹底したに違いないと断定的に言えるのは、ガソリンエンジン搭載車と乗り比べてみたからだ。エンジンの透過音だけでなく、ロードノイズの透過もまるで違う。ゴルフTDIはひとクラス上の静けさだ。「ちょっと乗らない間にずいぶん良くなってない?」と感じたが、実際にはTDIモデル限定で、そう感じた理由のひとつはレベルアップした静けさに負うところが大きい。

 一方で、「パサートのディーゼルほどパンチがないな」と感じた。その理由は、エンジンのスペックが説明している。ゴルフTDIはパサートTDIよりも最高出力で30kW(40ps)、最大トルクで60Nm控え目だ。車重の違いや排ガス規制の違いも考え合わせての仕様設定だろうが、そもそもパサートとゴルフでは狙った方向が違うのだろう。ゴルフの場合、走りを求めるならGTIがある。TDIは走り一辺倒ではなく、走りと燃費をほどよくバランスさせる方向でまとめられている。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ