MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

Fiat500の限定車が表参道でトッポリーノと競演! フィアット創業120周年を記念した限定モデル「500 / 500C 120th Tuxrdo(ワンハンドレッド・トゥエンティース・タキシード)」発売!

  • 2019/09/19
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィアット500と、そのセミオープントップ仕様である500Cに、ブランドの創業120周年を祝う限定車の第二弾となる「500 / 500C 120th Tuxedo」(ワンハンドレッド・ トゥウェンティース・タキシード)が設定され、2019年9月19日(木)に285台限定で発売される。販売台数は500 120th タキシードが185台、500C 120th タキシードが限定100台だ。本日、都内で行われた発表会には初代500──通称「トッポリーノ」も展示され、フィアットのヘリテイジを強くアピールしていた。

シックな装いで大人びた雰囲気に

 フィアットの120周年を記念する限定車「500 / 500C 120th タキシード」は、フォーマルな場で着用するタキシードにインスピレーションを受け、そのドレッシィな装いをカラーリングで表現するモデルだ。

 3層仕上げのパールペイントであるアイスホワイトをベースに、ルーフならびにピラー、ドアミラーをブラック仕上げとしたビコローレ(2トーン)のボディカラーを取り入れ、フォーマルな雰囲気を演出。しかも通常のビコローレとは異なり、各ピラーの付け根の部分から色が切り替わる特別な配色となっている。

 エクステリアではこのほか、アクセントカラーとなるブロンズのクロスメッシュデザインを採用した専用16インチアルミホイール、ならびに専用120周年記念バッジが装備され、上質な雰囲気が引き立てられている。

 インテリアに目を向けると、ブラックのインストルメントパネルや縦ストライプを特徴とする専用ファブリックシートにより、通常のモデルとはひと味違う、ブラックを基調としたシックな雰囲気に仕立てられている。

 この限定車は装備が充実した1.2Lエンジン搭載モデル「1.2 Lounge」をベースとしており、バイキセノンヘッドライトやフルオートエアコン、Beats® オーディオシステム(500のみ)、リヤパーキングセンサー、ガラスルーフ(500のみ)などを標準で備えている。

 フィアットの120周年を祝うべく特別に仕立てられた「500 / 500C 120th タキシード」は、ブランドの長い歴史にオマージュを捧げた独特の世界観に満ちた限定車だ。

■価格
500 120th タキシード 限定185台 264万1091円(〜9/30)269万円(10/1〜)
500C 120th タキシード 限定100台 283万7455円(〜9/30)289万円(10/1〜)
※9月30日までは消費税8%。10月1日からは消費税10%。

発表会場には500 120thタキシードとともに、初代500「トッポリーノ」も展示され、注目を集めていた。
トッポリーノとはイタリア語でネズミという意味。小さくて、機敏に走り回るサマから名付けられた。
フィアット120周年を記念し、発表会には著名人の姿も。左からFCAジャパンのマーケティング本部長のティツィアーナ・アランプレセ氏。ビジュアルアーティストのマルコ・フェルリ氏。駐日イタリア大使のジョルジュ・スタラーチェ閣下。FCAジャパンのポンタス・ヘグストローム社長。漆職人にして金継ぎの第一人者である八木しげき氏。FCAジャパン広報部長の清水良子氏。

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ