MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ヤリス

トーションビーム式リヤサスペンションをTNGAで初採用、“ひとつ上のクラスの走り”を狙うヤリスの本気 新型トヨタ・ヤリスのTNGAプラットフォームは最新のGA-Bタイプ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型ヤリスでは基本骨格も刷新された。トヨタの今後のコンパクトカーに広く採用されていくことが明言されている、このGA−Bタイプの特徴を解説する。

 2015年12月発表の現行プリウスで頭出しとなったTNGAプラットフォーム。GA-Cと呼ばれるこの最初のタイプは、現在プリウスのほかにC-HR、カローラ、レクサスUXに採用されており、より大型のGA-Kはカムリ、RAV4、レクサスES、後輪駆動車用のGA-Lはクラウン、レクサスLC/LSが使っている。

 今回、新型ヤリスで採用されたのはTNGAプラットフォーム第4弾、GA-Bである。FFコンパクトカー用で、大きな特徴はリヤサスペンション形式がトーションビーム式であること。小型FF車のリヤサスとしては普及している形式だが、TNGAプラットフォームではこのGA-Bで初採用だ。(4WD車は2リンク・ダブルウィッシュボーン式)。

 GA−Bプラットフォームのトーションビーム式リヤサスにはいくつか特徴的な部分がある。もっとも目を引くのは、車体取付部のトーコレクトブッシュを平行配置としていること。他車の多くは斜め配置となっており、一般的にはこちらの形式のほうがハンドリング面では有利になるが、乗り心地面では不利になるとエンジニアは説明。新型ヤリスでは従来のコンパクトカーを超えるフラットで路面からのショックが少ない乗り心地を目指して平行配置を採用し、他の部分を磨き上げてキビキビとした意のままのは走りを狙ったという。

最近の車両では珍しい平行配置を採用。
こちらは4WD車のダブルウィッシュボーン。

 骨格は主要な部分を連滅しクラストップの剛性を実現。先代と比較してねじり剛性は30%向上させた。ダッシュボード前の環状構造や、リヤ開口部の環状構造+サスタワー直結ブレースなど、トヨタ車としては珍しい手法が各部に見られる。TNGAプラットフォーム共通の低重心化ももちろん実施し、先代から重心高を15mm下げている。軽量化にも気を配り、先代で同等の装備を持つハイブリッド車同士で比較して、車両重量は50kg軽くなった。

フロントまわりの環状構造。
リヤもブレース等で補強されている。

 コンパクトカーの革新を目指して、トヨタが大きな力を注いだ初代ヤリスと同様に、今回の四代目ヤリスも相当な力作と言えるだろう。そのハンドリングにも注目だ。

トヨタ・ヤリスがワールドプレミア! ヴィッツの後継モデルはすべてが本気!

トヨタ・ヴィッツの後継モデル、「Yaris(ヤリス)」が世界初公開された。パワートレインからプラットフォームまですべて刷新...

あわせて読みたい

新型ヤリスの安全装備に表れたトヨタの本気度───「トヨタ初」や「トヨタ最新」のオンパレード!

ついにワールドプレミアされた新型トヨタ・ヤリス。日本市場においてはトヨタのエントリーモデルな乗用車という位置付けだが、...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ