MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. X3

〈BMW X3〉高級DセグメントSUV市場の火付け役【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:M40d

・月間登録台数:NO DATA
・現行型発表:17年10月(「M40d」追加 18年9月)
・JC08モード燃費:17.0km/ℓ ※「xDrive20d」系

REPORT●塚田 勝弘(TSUKADA Katsuhiro)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

フロントエプロン、サイド/リヤスカート、ワイドホイールアーチの「Mエアロダイナミクス・パッケージ」を備える「M40d」は、キドニーグリルやドアミラーなども専用デザインになる。LEDテールランプは全車標準で、ルーフレールはタイプ別設定になる。

主用諸元 M40d
全長×全幅×全高(㎜):4725×1895×1675
室内長×室内幅×室内高(㎜):―
ホイールベース(㎜):2865
トレッド(㎜) 前/後:1610/1595
最低地上高(㎜):205
車両重量(㎏):2010
エンジン種類:直列6気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(㏄):2992
最高出力(kW[㎰]/rpm):240[326]/4400
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm:680[69.3]/1750-2750
燃料タンク容量(ℓ):68(軽油)
トランスミッション形式:8速AT
駆動方式:4WD
タイヤ・サイズ 前:245/40R21 後:275/35R21
最小回転半径(m):5.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):14.9
車両本体価格:896万円

先進安全装備

衝突被害軽減ブレーキに加えて、ドライバーが回避操作をするとステアリングの操作力にも介入する事故回避アシスト、車線維持機能、後車衝突警告機能、アダプティブクルーズコントロールなど最先端装備を標準装備する。

撮影車両データ

ボディカラー:アルピン・ホワイトⅢ
オプション装備:BMW Individualエクステンド・レザー(15万8000円)/セレクト・パッケージ(28万7000円)/21インチBMW Individual Vスポーク・スタイリング726(I 15万1000円)/リヤ・シート・バックレスト・アジャストメント(2万1000円)/他

ボディカラー

10.25インチモニターのタッチパネル、音声操作、ジェスチャーコントロールなど多彩な操作方法を用意。HDDナビ、3ゾーンオートエアコンを全車に標準化。撮影車はパドルシフト付きMスポーツレザーステアリングを備える。

居住性

後席:シート高720㎜
前席:助手席シート高710㎜

前席はシートサイズが大きく、助手席も含めて電動調整式ランバーサポートを用意し、好みの座り心地が得られる。後席は背もたれの天地高が長く、座面に適度な後傾角があるため深く腰掛ける姿勢になる。前席座面下に足が入るほか、頭上にも余裕がある。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き930㎜
後席格納時:奥行き1840㎜ 高さ780㎜ 幅1085㎜

フラットな床面に加えて、サイドの絞り込みも少ないスクエアな形状だ。荷室容量は通常時でも550ℓ、4対2対4分割可倒式後席をすべて倒せば1600ℓまで拡大する。電動テールゲートは全車に標準で、開口部も高過ぎないため重い荷物の積載性も良好だ。トノカバーにはロック解除用ボタンが新たに追加され、簡単に外せるようになった。

うれしい装備

ヒルディセントコントロール(HDC)を全車に標準装備。凍結した急坂などでもペダル操作なしで、約5〜10 ㎞/hの一定速でクリアできる。
Qi(チー)規格に対応するワイヤレスチャージングを標準化し、スマホの非接触充電が可能。USB端子やケ ーブルなどを差し込む手間が不要。
ラゲッジ床下に大きなサブトランクを備えるため、工具や趣味のアイテムなどの小物を整理できる。トノボ ードは、ダンパーにより自立する。

バイヤーズガイド

6気筒車は車名に「M」が入ることからも分かるようにマニア向け。一般的にはガソリンの「20i」とディーゼルの「20d」の二択となるが、一般的に薦めやすいのはどんな場面でもパワフルでリセールにも有利なディーゼル。

FFでも心配無用! 新型1シリーズはバリバリBMWだった【試乗インプレッション:118i】

新型1シリーズが日本に上陸した。これまでクラス唯一のFRレイアウトを採用し、それが最大のアイデンティティでもあったのだが...

あわせて読みたい

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ