MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. 1シリーズ

FFでも心配無用! 新型1シリーズはバリバリBMWだった【試乗インプレッション:118i】

  • 2019/11/20
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型1シリーズが日本に上陸した。これまでクラス唯一のFRレイアウトを採用し、それが最大のアイデンティティでもあったのだが、新型ではついにFFへと転換。居住&荷物スペースが大幅に拡大された一方で、気になるのはBMWらしい走りが守られているのか否かという点だ。果たして前輪駆動で、駆け抜けるよろこびは表現できるのか?

REPORT●小泉建治(KOIZUMI Kenji)
PHOTO●走行シーン:田村 弥(TAMURA Wataru)/その他:小泉建治(KOIZUMI Kenji)

FF化はマーケットからの要求

 新型1シリーズ最大のニュースは、なんと言っても後輪駆動から前輪駆動への転換にある。FRこそBMWのアイデンティティと信じ込んでいたクルマ好きにとって、新しい1シリーズがFFに切り替わるというニュースは聞きたくないものだった。

 だが、そこには消費者ニーズというものが立ちはだかる。ライバルのFF勢と比べて狭い後席の足元空間やラゲッジスペースは、やはり1シリーズのセールス上の大きな弱点となっていたらしい。

 クルマ好きにしてみれば、せっかくBMWに乗るんだから多少の狭さなんて我慢しろよ、と言いたくもなるのだが、現実的には筆者のような客はかなりの少数派だ。

 だが、当サイトは多くのクルマ好きのみなさんアクセスしていただいているわけで、FF化によってBMWらしさがどうなったのか気になっていらっしゃる方が多いと思われる。よって本稿では「FF化がもたらしたもの」に焦点を絞ってレポートしたい。

直列3気筒1.5Lターボは最高出力140psと最大トルク220Nmを発生。7速DCTと組み合わされ、前輪を駆動する。

 日本に導入される新型1シリーズは、最高出力140psと最大トルク220Nmの直列3気筒1.5Lターボを搭載する118i(3グレードを用意)と、最高出力306psと最大トルク450Nmの直列4気筒2.0Lターボを搭載するM135i xDriveというラインナップとなる。前者には7速DCT、後者には8速ATが組み合わされる。

 今回ドライブしたのは118iのPlayというグレードだ。M135i xDriveについては改めてレポートする。

FF化の恩恵は室内スペースに表れている。とりわけリヤシートの足元スペースの拡大は顕著で、前後に約40mmも広くなっている。乗降性も向上した。
電動式リヤゲートはグレードにより「コンフォート・パッケージ」としてセットオプション。
ラゲッジスペースには電源ソケット、ネットで仕切られた収納スペースやフックなどが備わる。

 まずはFF化によって得られたものをお伝えしよう。

 言うまでもなくそれは室内スペースの拡大だ。

 先代比でボディ全長はプラス5mmとほぼ変わらず、ホイールベースは逆に20mmも短くなったにもかかわらず、フットスペースはフロントシートで約25mm、リヤシートで約40mmも広がっている。

 ラゲッジスペースも先代比で20L増大の380Lで、後席をすべて倒すと1200Lものスペースが現れる。

 この進化がCセグメントのハッチバックに大きな商品力をもたらすのは疑いようがない。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ