MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. 1シリーズ

BMWの新型1シリーズに待望の2.0ℓ直4ディーゼル(B47型)仕様の「118d」が登場! 税込385万円から

  • 2020/04/02
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月2日、ビー・エム・ダブリューは新型BMW1シリーズのラインアップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「118d」を設定し、同日より発売した。税込車両価格は385万円〜451万円だ。

150ps/350Nmを発する2.0Lディーゼルターボを搭載。WLTCモード燃費は16.7km/Lをマーク

 従来の後輪駆動から前輪駆動に変更された新型1シリーズは2019年に日本に導入。キドニーグリルやヘッドライトなどに最新のデザインコンセプトを採用するなど、デザインも一新。タイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)を初めて導入したほか、リバースアシストといった運転支援機能を標準装備するなど、BMWのエントリーモデルながら高い走行性能と機能が与えられている。

 そんな1シリーズに追加設定された「118d」には、150psと350Nmを発揮する新開発の2.0L直列4気筒ディーゼルターボを搭載。パワフルな走りを実現する一方で、16.7km/LのWLTCモード燃費をマーク。二酸化炭素の排出量は先代型より約5%削減されている。

 デザイン面では90mm径の左右出しエキゾーストフィニッシャーが装着され、クリーンでパワフルなディーゼルユニットの搭載をアピール。運転支援機能では、レーンチェンジウォーニングや後部衝突警告機能、クロストラフィックウォーニング(リヤ)、スピードリミット情報表示機能が追加されたドライビングアシスト、リバースアシストを備えたパーキングアシストなどの先進機能を標準装備。

 オプションのナビゲーションパッケージを選択すれば、会話のみで車両の操作や、情報へのアクセスが可能となるBMWインテリジェントパーソナルアシスタントが装備可能だ。

 モデルバリエーションは、「Play」と「Mスポーツ」のそれぞれに一部装備内容を変更することで価格を抑えた「Edition Joy+」が設定され、選択肢が広げられている。

 1.5ℓ直3DOHCターボ(B38型140ps/220Nm)搭載の118i Play 375万円、118i Mスポーツが413万円だから、1.5ℓ直3DOHCガソリンエンジンと2.0ℓ直4ディゼルターボの価格差は38万円ということになる。

●「BMW 118d」モデルラインナップ
・118d Play Edition Joy+:385万円
・118d MスポーツEdition Joy+:423万円
・118d Play:413万円
・118d Mスポーツ:451万円
※価格は消費税込み

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!?

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!? 一覧へ

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた!

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた! 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ