MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. イベント
  3. イベント

トムス・スープラはノーマル比85mmワイド化のうえ120ps/78.6Nmアップ、センチュリーはフルオーダーメイドインテリアを採用 目指せBMWアルピナ! トムスがトヨタ・スープラ/センチュリーのコンプリートカーを99台/36台限定発売!【東京オートサロン2020】

  • 2020/01/11
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
トムス・スープラ

1月10日より千葉県の幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2020」のトムスブースでは、同社が作り上げた新たなコンプリートカー「トムス・スープラ」と「トムス・センチュリー」を世界初公開! 気になるその中身と、両者に込められた想いとは?

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

トムスの谷本勲社長
 トムスの谷本勲社長が記者会見で度々強調していたのは、同社がレーシングチームであり、そのレースを通じて鍛え上げられた「ヒト」「技術」「ノウハウ」を、公道を走るストリートカーのためのチューニングパーツやコンプリートカーに注ぎ込んできたということ。そして、そんなトムスの生い立ちは、AMGとアルピナ、とりわけ後者に極めて近いということだ。

 そんなトムスは今後、アルピナをベンチマークに定め、2020年より世界に通用するハイパフォーマンスカーブランドを目指していく。その皮切りとなるコンプリートカーが、トムスのレーシングカーが背負ってきたカーナンバーにちなみ、99台限定で販売される「トムス・スープラ」であり、同じく36台限定で販売される「トムス・センチュリー」だ。

トムス・スープラ

「トムス・スープラ」で真っ先に目を引くのはやはり、スーパーGT GT500マシンと同じ全幅1950mm(ノーマル比+85mm)まで拡大されたワイドボディだろう。また、フロント・サイド・リヤにはドライカーボン製のディフューザーを、さらにバックドア後端にはGTウィングを装着し、ダウンフォースを大幅に増強。フロントマスクにはバンパーガーニッシュも与えることで、新型スープラの空力ボディをより一層先鋭化させている。

オプションのフルバケットシートを装着したトムス・スープラのインテリア

 インテリアにも随所にカーボンがあしらわれ、レーシーな雰囲気が強まっているが、オプション設定のカーボン製フルバケットシートを装着すれば、見た目だけではなくドライビングもよりストイックに楽しめることだろう。

 そして3.0L直6ターボエンジンは、ノーマルよりも大きな風量を稼ぐハイフロータービンと、インタークーラーの性能を向上させるヒートエクスチェンジャー、エキゾーストシステム「トムス・バレル」に交換し、ECUをチューニング。ノーマルの340ps/500Nmから460ps/578.6Nmへと大幅にパワー・トルクアップを果たしている。

トムス・スープラの「アドヴォクス」サスペンションキット
フロントブレーキはローター・キャリパーとも容量アップ

 そのパワートレインに合わせ、もちろんシャシー性能も強化されている。ボディは専用ブレースで補強され、車内より前後独立で減衰力を調整できるサスペンションキット「アドヴォクス」はダンパーのアウターチューブやピストンを含む細部まで見直し。さらにフロントブレーキはブレーキシステムは、キャリパーがブレンボ製6ピストン、ローターが380mm径のものに交換された。

 このトムス・スープラは、レースエンジンのスペシャリスト・前田光彦氏がパワー部門、セナとプロストの片腕と呼ばれた寺本浩之氏がサスペンション部門を担当し、トヨタテストドライバーの頂点であるトップガンの一人だった西島光義氏がテストを行い開発される。販売価格は税別1423万円となる予定だ。

トムス・センチュリー

 こうしたパフォーマンス指向のトムス・スープラに対し、「トムス・センチュリー」は、質感のさらなる向上がチューニングメニューの主眼に位置付けられている。

トムス・センチュリーの運転席まわり
トムス・センチュリーのリヤシート
トムス・センチュリーのフロントシート

 中でもインテリアは、最高級のナッパレザーをはじめとする素材と無数のカラー、ステッチの組み合わせにより、乗る人の好みに合わせたカスタマイズを可能とする「フルオーダーメイドシート」となっているのが最大の特徴。国内のシート職人が手作業で一台一台仕上げるというその室内は、ノーマルのセンチュリーとは一線を画した豪奢なものとなりそうだ。

オプション設定のアルミホイール
 そのほかにも、専用のフロントバンパー、サイドステップ、リヤアンダースポイラー、トランクスポイラーを装着して、外観をさりげなくスポーティに仕上げ、メッキ仕上げのアルミホイールをオプション設定。独自開発のエキゾーストシステム「トムス・バレル」を装着して、上質で重厚なサウンドを与えるとともにスロットルレスポンスの向上を図っている。こちらの販売予定価格は税別2816万円。

トムス・センチュリー

 今後トムスのコンプリートカーが他のトヨタ車やレクサス車にも展開され、トムスがまさにBMWにとってのアルピナのような存在へと昇華するのか。その命運はこの2台が握っていると言っても過言ではないだろう。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ