MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. 新車情報

MINIジョンクーパーワークス・クラブマンに限定車「GPインスパイアード・エディション」登場! 120台限定で税込615万円

  • 2020/02/14
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2月13日、ビー・エム・ダブリューは、MINIの史上最速モデルとして2019年に発表されたMINIジョンクーパーワークスGPの走行性能と、MINIクラブマンの機能性を兼ね備えた「MINIジョンクーパーワークス・クラブマンGPインスパイアード・エディション」の受注を開始した。発売は“MINIの日”である3月2日で、7月ごろより順次納車が始まる予定だ。税込価格は615万円。

究極のスポーツドライビングと高い実用性を両立

 世界299台の限定で、日本には120台導入されるこの限定車は、MINIクラブマンのトップパフォーマンスモデルであるJCW(ジョンクーパーワークス)をベースに、究極のスポーツドライビングと高い実用性を両立させた一台。

 MINIラインナップのなかでもっともパワフルとなる、306psと450Nmを発揮する2.0L直列4気筒ターボエンジンを原動力に、4.9秒の0-100km/h加速をマークする。その一方で、5名が乗車できるゆとりある室内空間や、最大で1250Lを許容するラゲッジスペース、四輪駆動システムの採用による高い機動性が備わり、多目的に使うファミリー層にも適した特色も持ち合わせている。

 内外装は歴代のGPを踏襲した極めてサーキット志向なオリジナルデザインを採用。とくにボディーカラーは、サンダーグレー・メタリックにシルバールーフ、チリレッドのミラーキャップというMINI GP専用のコンビネーションとなっており、前後ライトまわりや、フロントグリルの縁取り、ドアハンドル、MINIエンブレムなどのパーツはすべてピアノブラックに統一されている。

 Dピラーには「GP Inspired」のエンブレムが、そしてサイドエアインテークおよびサイド&リアボディにはチリレッドの専用ストライプなどが施され、MINI GPならではのスポーティなデザインを演出。フロントフェンダーのシリアルナンバーは、限定モデルとしての個性を力強く主張したものだ。足元には、19インチのホイール「John Cooper Worksサーキット・スポーク2トーン」を採用し、エクステリア全体をアグレッシブに引き締めている。

 インテリアでは、専用のドアシルプレートのほか、アームレストカバーにも「GP Inspired」のエンブレムが施されており、室内からも限定車ならではのデザインが実感できる。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ