MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ヤリス

トヨタ新型ヤリスの欧州仕様はハイブリッドで最高速は175km/h!燃費は27.0km/ℓ 日本仕様となぜ違う?

  • 2020/02/17
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ新型ヤリス(欧州仕様)

トヨタ新型ヤリスが欧州でも発表になった。欧州デビューを果たしたのは、1.5ℓハイブリッド版である。気になる欧州仕様の燃費は27.0km/ℓだ。日本仕様は36.0km/ℓと違うのはなぜだろうか?

 トヨタが欧州で発表した新型ヤリスは、1.5ℓ直3ハイブリッドモデルだ。日本仕様にある1.0ℓ直3ガソリン、1.5ℓ直3ガソリンモデルは、欧州全体で販売されるわけではなく、「selected markets」に投入されるようだ。

初代Toyota Yaris
 ヤリスは、2000年にトヨタとして初めて欧州向けに開発し、フランスのバレンシエンヌ (Valenciennes)工場で生産されたモデルだ。そして欧州カー・オブ・ザ・イヤーも獲得している(ちなみに2006年にはプリウスが受賞している)。トヨタが欧州でヤリスをどれほど重要に思っているかは、WRC参戦モデルをヤリスにしていることからも窺える。ヤリスは欧州で400万台、うち50万台のハイブリッドモデルを売り上げている。
 今回の新型ヤリスは4代目にあたるモデルだ。GA-Bベースのモデルの生産に約360億円を投資したフランス、バレンシエンヌ (Valenciennes)工場で引き続き生産される。

 さて、その新型ヤリス欧州仕様のスペックを見てみよう。
 日本仕様との違い、欧州仕様で明らかになった数字を追ってみよう。

まずは、最高速度と加速性能、そして燃費性能だ

 欧州仕様の最高速度は175km/h。最終減速比の2.834は日本仕様と同じだから、日本仕様も最高速度は175km/hということになる(もちろん、公道で出したら違反になるが)。0-100km/h加速は、10.5秒と発表されている。
 M15A-FXE型1.5ℓ直3エンジンのスペックは共通だ。日本仕様では公表されていなかった圧縮比が欧州仕様では「14.0」と発表されている。

欧州仕様も1.5ℓ直3のM15A-FXE型を搭載する

 注目は燃費性能だ。
日本仕様のモード燃費は
HYBRID X(FF)
WLTCモード:36.0km/ℓ
 市街地モード 37.5km/ℓ
 郊外モード 40.2km/ℓ
 高速道路モード 33.4km/ℓ

 である。これに対して欧州仕様のハイブリッドは
Combined(WLTP):3.7ℓ/100km(=27.03km/ℓ)
Combined(Corr.NEDC):2.9ℓ/100km(=34.48km/ℓ)
 となっている。また、複合モード(Combined)以外のモードは未発表だ。
日本のWLTC(欧州仕様のWLTPも同義と思っていい)と欧州仕様の燃費データが違うのは、同じWLTCといっても日欧で採用しているモードが違うからだ。
 日本はLow(市街地モード)/Middle(郊外モード)/High(高速道路モード)の3つのフェーズを採用するのに対して、欧州仕様は「Extra High」のフェーズも採用している。Extra Highは最高速度130km/h・平均速度92km/hもフェーズである。欧州仕様のWLTP複合燃費が27.03km/ℓとなっているのは、これが原因だろう。

 つまり、ヤリス・ハイブリッドの超高速燃費は、かなり悪い数字なのだろう(というよりTHSⅡの数少ない弱点)。

 次はCO2排出量だ。
 日本仕様のWLTCのCO2排出量は64g/km。
 これに対して欧州仕様は
NEDCモードで64g/km
WLTPモードで86g/km
 と発表されている。こちらも日本仕様の64g/kmと欧州仕様の86g/kmとなっていて大きく数値が異なるが、その理由は上記の通りだろう。

 注目は、NEDCモードでの64g/kmという数値だ。ご存知のとおり、95g/kmというCO2排出規制が施行される。メーカーは販売台数1台につき、95ユーロ/gの罰金を支払わなくてはならない。しかも、この数字は、WLTPモードの数字ではなくNEDCの数字が使われる。つまり、新型ヤリス・ハイブリッドの64g/kmは95g/kmより31gも少ない数値なのだ。自動車メーカーは、燃費の良い小型を多く販売すること全体の平均CO2排出量を下げ(できれば95g/km以下に)その余裕分で高価で大型(あるいはスポーツカー)、CO2排出量の多い(しかし儲かる)クルマを販売したいのだ。トヨタにとって、新型ヤリスが担う役割は、そのボディサイズよりもずっと大きいのである。

 では、ライバル、ホンダ新型フィットの欧州仕様(JAZZ)はどうだろうか?

フィットの欧州仕様ホンダ新型JAZZもハイブリッドで最高速は175km/h!燃費は22.2km/ℓクロスターは何km/ℓ? 価格は?

ホンダ・フィットの欧州での名前は「JAZZ(ジャズ)」。日本で新型フィットが発売になるタイミングで欧州でも新型JAZZが発表...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ