MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. TOPICS

「あおり(妨害)運転」の判断は一体誰がする? もれなく「1発免許取り消し!」になる(?)改正道交法の中身、とは? 緊急提言!! 中身の曖昧さに危険な香りがする「あおり運転」の超強化罰則が、この夏、早くも実践される!?【交通取締情報】

  • 2020/03/05
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

3/3、「あおり運転」の法制化及び罰則強化を含む道路交通法の改正が、早くも閣議決定された! 警察庁が改正試案を公開したのが昨年の秋だがら、新段階から施行までほぼ1年かかった「ながら運転」に比べれば、異例の速さと言える。さて、その具体的内容、とは?

なりゆきで車間を詰めただけでも、免許取り消しになるかも!

 2017年、東名高速で起きた「あおり運転」により発生した死傷事故をきっかけに、警察庁が検討していた道路交通法の改正。従来は「あおり運転」を規定する法律がなかったため、「車間距離不保持」や「急ブレーキ禁止」などの、いわゆる軽微な違反=反則行為を適用することで、取り締まりを強化してきたわけだが、やはり、裁判で「法律の拡大解釈」を指摘されるなど、いろいろな場面で無理が生じてきたため、正式な規定を設けることが急務となっていたわけだ。

 その改正法案だが、まだ閣議決定の段階とはいえ、特に「コロナウィルス問題」で紛糾する今国会で、どさくさに紛れて通過することは目に見えている。ただし、国会で承認されるのは「道路交通法を改正する」ことだけ。上表にある具体的内容に関してはすべて警察庁に委ねられている(法律の範囲以内で、だが)。たぶん、国会通過後にパブリックコメントが募集され、若干の修正が加えられたのち、この夏から施行されることになるだろう。

 が、しかし、その罰則は予想以上に厳しいもの。試案段階では、免許取り消し処分の対象となるのは「あおり運転」(妨害運転)により危険を生じさせた場合だけでは?と予想していたのだが、各種報道によると、とにかく、「あおり運転」(妨害運転)が適用された行為すべて、ということらしい。となると、例えば「車間距離不保持」に関して、「通行妨害」を目的にしていたのか、それとも単にブレーキが遅れて「車間距離不保持」を犯してしまったのか、という判断を誰がするのか、という問題が生じてしまう。警察は「捜査当局が、当事者の証言とドライブレコーダーなどの記録を参考にして判断する」と言っているが、「妨害目的」であったかなかったかは本人のみぞ知るところだ。ここはぜひ、できるだけ明確な基準を設けるべきでは?

 確かに、死傷事故につながるような悪質な「あおり運転」に対しては厳罰をもって臨むべきだが、下手をするとえん罪さえ生みかねない「曖昧さ」に関しては、どうにも承服することはできない。善良なドライバーを無実の罪に陥れる可能性がある法改正など、もってのほかだ。

 パブリックコメントの募集時期は現時点では不明だが、判明次第、ここでお伝えする予定。善良なドライバーは特に、この法案の「曖昧さ」を突っ込んであげましょう!

正しい交通取り締まり情報は、こちら!

えっ? 即、免許取り消し!? 警察庁の「あおり運転厳罰化」の基本方針発表に関する各種報道に隠された真実を読み解く!【交通取締情報】

すでに新聞などの各メディアで報道されているが、警察庁がマスコミ向けに、2020年に国会に提出予定の「あおり運転」に関する...

あわせて読みたい

令和2年、ついに「あおり運転」の罰則も強化へ! どうなる!? 令和時代の交通取り締まり! PART2【交通取締情報】

2020年度(令和2年)中に「交通事故死をゼロにする」という目標達成に向け、今、警察庁を中心に、交通取り締まりの強化体制が...

あわせて読みたい

東名あおり運転裁判に実刑判決! 危険運転致死傷罪適用=法律の拡大解釈の功罪とは?【交通取締情報】

「東名あおり運転裁判に懲役18年の判決!」…すでにネットやTV等で報道されているが、興味深いのはこの歴史的とも言える国民感...

あわせて読みたい

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!?

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!? 一覧へ

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた!

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた! 一覧へ