Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. シトロエン|CITROEN
  4. C6

新型DS9は憧れのシトロエンC6の再来か? DSブランドの新星、DS9をC6と並べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型9

グループPSAのプレミアムブランド、「DS」の上級セダン、DS9が発表された。シトロエン(DSはシトロエンブランドではないけれど)の上級セダンといえば、思い浮かぶのは「C6」。2005年から2012年まで生産されていたシトロエンのトップグレードのC6と最新のDS9、似てる?似てない?

サイズはほぼ同じ

DSオートモビルズが新型車「DS 9」をジュネーブ・モーターショー2020で初公開! DS 7&DS 3クロスバックに続く第三のDSはミドルセダン

グループPSAに属するDSオートモビルズはこのほど、新型車「DS9」を、3月3日から開催されるジュネーブ・モーターショー2020で...

あわせて読みたい

 本来は開催されるはずだったジュネーブショーでお披露目の予定だったDSオートモビルズの新型車「DS9」。DS7クロスバック、DS3クロスバックという2台のSUVモデルに続いて投入されたのは、3ボックスセダンである。
 同じグループPSAのシトロエンには、かつて「C6」というフラッグシップがあった。2005年から2012年に生産された、じつにシトロエンらしい、アヴァンギャルドなデザインの大型セダンだった。

 今回のDS9を見てC6を思い起こした人も多いだろう(? 筆者はそのひとりだ)。C6が日本で販売されていた時期に、「欲しい! けど大きすぎる。ガレージ入らないよ」「欲しい! けど、ちょっと高価すぎ」と思っていた人も多いだろう(筆者はそのひとりだ)。

 ということで、ここでは、C6とDS9を単純に並べてみようと思う。パワートレーンが、3.6ℓV6やV6ディーゼルだったC6からE-TENSEという電動化された4WDに進化するなど、さすがに時代の流れは速い。が、ここでは見た目と大きさだけ見ることにする。

シトロエンC6 全長×全幅×全高:4910mm×1860mm ホイールベース2900mm

シトロエンC6 全長×全幅×全高:4910mm×1860mm ホイールベース2900mm
シトロエンC6 全長×全幅×全高:4910mm×1860mm ホイールベース2900mm

DS9 全長×全幅×全高:4930mm×1850mm ホイールベース2900mm

DS9 全長×全幅×全高:4930mm×1850mm ホイールベース2900mm
DS9 全長×全幅×全高:4930mm×1850mm ホイールベース2900mm

 なんど、ホイールベースは同一。全長も全幅もほぼ変わらない。(ということは、やはりガレージに入らない・・・)
 と言っても、だいぶ趣が異なる。

上がC6、下が新型DS9(写真は左右反転してある)

 ホイールベースは同じ2900mmだが、プロポーションがまったくちがうことがわかる。DS9はリヤのオーバーハングが長く、C6はフロントが長い。DS9のエンジンルームには直4エンジンが横置きされるだけで、V6エンジンはラインアップされないはず。そういう理由もあるが、それ以上に、このプロポーションがDSが考える上級セダンのカタチなのだろう。
 どちらが好きか、は人それぞれ。(ちなみに、筆者はやはりC6への憧れが消えない)

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ