MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. ヴェゼル

ホンダ・ヴェゼル モデューロXとトヨタC-HR GRスポーツを横に並べて見比べてみよう〈注目のワークスチューンド・クロスオーバーSUV:スペック比較〉

  • 2020/03/26
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクトSUVは、いま世界的に最も盛り上がっているカテゴリーと言っていいだろう。都会的イメージとアウトドア風味を絶妙にミックスさせた現代流のキャラクターは、老若男女を問わず多くのカスタマーの心を捉えている。そんななか、ひときわ際立つ存在感を放ち、古くからのクルマ好きも唸らせているのがワークスチュードSUVだ。メーカー直系チューナーが走りを磨いた、その代表的な2台をここではピックアップ。試乗インプレッションはまた改めてお届けするが、ひとまず本記事では詳細写真とスペックで2台を比較してみたい。

PHOTO:宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki)

HONDA VEZEL TOURING Modulo X

専用のエアロパーツやサスペンションなどで走りを強化。1.5Lターボエンジン(172ps)にCVTを組み合わせる「ツーリング・モデューロX(写真) 」と、1.5L自然吸気エンジン(132ps)+電気モーター(29.5ps)に7速ATを組み合わせる「ハイブリッド・モデューロX 」をラインナップ。基本的にFFだが、後者には4WDも用意される。

TOYOTA C-HR S-T GR SPORT

専用のエアロパーツ、フロアの強化、独自のセッティングを施されたサスペンションなどで走りの質を向上。1.2Lターボエンジン(116ps)の「S-T GRスポーツ(写真)」と1.8L自然吸気エンジン(98ps)+電気モーター(72ps)の「S GRスポーツ」をラインナップ。前者は6速MT、後者は電気式無段変速機を組み合わされる。両者ともにFFのみの設定だ。

フロントビュー

HONDA VEZEL TOURING Modulo X 全幅:1790mm
TOYOTA C-HR S-T GR SPORT 全幅:1795mm

 ヴェゼルはシビックとの近似性を感じさせるヘッドランプに専用のバンパーを組み合わせ、シビック タイプRに通じるスポーティな雰囲気を醸し出している。

 しかしスポーツカーらしさという点ではC-HRのほうが上回る。全幅は両者ほぼ同じだが、全高はC-HRのほうが55mmも低い。そのうえ数値以上にC-HRがワイド&ローに見えるのは、デザインの妙と言うべきだろう。

リヤビュー

HONDA VEZEL TOURING Modulo X 全高:1605mm
TOYOTA C-HR S-T GR SPORT 全高:1550mm

 SUV然としたヴェゼルに対して、C-HRは身を屈めた肉食動物のようなスポーツカーテイスト溢れるデザイン。後ろ姿もC-HRのほうがワイドに見える。

サイドビュー

HONDA VEZEL TOURING Modulo X 全長:4335mm ホイールベース:2610mm
TOYOTA C-HR S-T GR SPORT 全長:4390mm ホイールベース:2640mm

 いかにもSUVらしいシルエットのヴェゼルだが、ルーフラインがボディ後方まで伸びているのに対し、ウィンドウ上端のラインをなだらかな尻下がりにすることで、クーペのように見せることに成功している。

 一方のC-HRはフェンダーまわりのダイナミックなデザインや、大胆に前後方向を切り詰めたリヤサイドウインドウなど、スーパースポーツのような思い切ったデザインが与えられている。

パワートレイン

HONDA VEZEL TOURING Modulo X 直列4気筒1.5Lターボは最高出力172psと最大トルク220Nmを発生。
TOYOTA C-HR S-T GR SPORT 直列4気筒1.2Lターボは最高出力116psと最大トルク185Nmを発生。

 最高出力は排気量に勝るヴェゼルが圧倒的に上回る。絶対的な速さも然り。ただ、CVTと組み合わされるヴェゼル ツーリング モデューロXに対し、C-HR S-T GRスポーツは6速MTのみのラインナップという潔さ。回してもパワーの盛り上がりに欠けるエンジンだが、それでもマニュアルトランスミッションを駆使し、いかにリズミカルに走るかという楽しみは確かにある。

コクピット

HONDA VEZEL TOURING Modulo X
TOYOTA C-HR S-T GR SPORT

 基本的な意匠は両者ともにベースモデルと大きく代わらないが、アルミ製ペダルやヌバック素材のシートなどでスポーティムードを高めている。

 ヴェゼルはアイポイントの高いSUVらしいドライビングポジションだが、C-HRはやや低めのクーペライクな姿勢になる。

シート

HONDA VEZEL TOURING Modulo X
TOYOTA C-HR S-T GR SPORT

 両者とも再度サポートの張り出した専用デザインのスポーツシートを装備。ともに起毛素材を採用し、滑りにくくしっかりと身体をホールドしてくれる。肌触りも上質だ。

 リヤシートのスペースはヴェゼルが大きくリード。185cmクラスの大柄なパッセンジャーでも頭上の空間にはとくに問題がなく、足元にはかなりの余裕がある。C-HRも見た目の印象とは裏腹に、平均的な体格の日本人男性であれば不満を覚えないだけの空間が確保されているが、サイドウインドウが小さいぶん閉塞感がある。

ラゲッジスペース

幅:1000mm 奥行き:790mm 高さ:830mm
幅:950mm 奥行き:760mm 高さ:675mm
HONDA VEZEL TOURING Modulo X 最大奥行き:1730mm
TOYOTA C-HR S-T GR SPORT 最大奥行き:1660mm

 ヴェゼルはSUVらしくラゲッジスペースは広大で、5名乗車時で393Lを確保。サイズによってはゴルフバッグを横方向に積むことも可能だ。

 C-HRはリヤシートを倒した際に床面がフルフラットになるのが美点。リヤゲートが傾斜しているため、後ろに行くほど天地方向が狭くなってくるので注意が必要だが、Cセグメントのハッチバックと考えれば十分なスペースがあると言っていいだろう。

HONDA VEZEL TOURING Modulo X

■ホンダ・ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING
全長×全幅×全高:4335×1790×1605mm
ホイールベース:2610mm
車両重量:1360kg
エンジン形式:直列4気筒DOHCターボチャージャー
総排気量:1496cc
最高出力:127kW(172ps)/5500rpm
最大トルク:220Nm/1700-5500rpm
トランスミッション:CVT
サスペンション形式:ⒻマクファーソンストラットⓇトーションビーム
ブレーキ:ⒻベンチレーテッドディスクⓇディスク
タイヤサイズ:ⒻⓇ225/50R18
乗車定員:5名
WLTCモード燃費:───km/L
市街地モード燃費:───km/L
郊外モード燃費:───km/L
高速道路モード燃費:───km/L
車両価格:352万8800円

TOYOTA C-HR S-T GR SPORT

■トヨタC-HR S-T GRスポーツ
全長×全幅×全高:4390×1795×1550mm
ホイールベース:2640mm
車両重量:1400kg
エンジン形式:直列4気筒DOHCターボチャージャー
総排気量:1196cc
最高出力:85kW(116ps)/5200-5600rpm
最大トルク:185Nm/1500-4000rpm
トランスミッション:6速MT
サスペンション形式:ⒻマクファーソンストラットⓇダブルウィッシュボーン
ブレーキ:ⒻベンチレーテッドディスクⓇディスク
タイヤサイズ:ⒻⓇ225/45R19
乗車定員:5名
WLTCモード燃費:15.4km/L
市街地モード燃費:12.2km/L
郊外モード燃費:15.6km/L
高速道路モード燃費:17.2km/L
車両価格:273万2000円

 ホンダ・ヴェゼル ツーリング モデューロXとトヨタC-HR S-T GRスポーツについては、あらためて比較試乗レポートを公開予定だ。こちらもお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!?

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!? 一覧へ

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた!

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた! 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ