Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ライズ

ライズ/ヤリスクロス/C-HR/RAV4/ハリアーだけじゃない! トヨタSUVフルラインアップ 完璧な布陣のトヨタ&レクサスSUV! 全長4m〜5.2mまで ライズからセコイアまで全15モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ/レクサスのSUV、クロスオーバーが何車種あるかご存知だろうか?全世界で主要モデルだけで15モデルあるのだ。寸分の隙もない完璧な布陣、それがトヨタのSUVラインアップなのだ。新型トヨタ・ランドクルーザー、新型レクサスNXも発表されて、ラインアップはさらに充実している。

トヨタ/レクサスのSUV・クロスオーバーのラインアップは、緻密なマーケティングと持ち前の開発力で、Aセグ(全長4m未満)からFセグ(全長5m以上)まで、ほぼ10cm刻みと言っていいほど細かく多くのモデルが用意されている。

まずは、その全貌から見てみよう。

Aセグメント :トヨタ・ライズ(TOYOTA RAIZE)全長4m以下のサイズがいい!

もっとも小さいのは、Aセグのライズだ。日本市場のSUVボトムラインを支えるのがライズだ。

全長×全幅×全高:3995mm×1695mm×1620mm
ホイールベース:2525mm
パワートレーン:1.0ℓ直3ターボ+CVT
プラットフォーム:DNGA-A
デビュー年:2019年

全長3995mm、ホイールベース2525mmのライズは、ダイハツ・ロッキーと兄弟車でプラットフォームはDNGA-Aプラットフォームを使う。
パワートレーンは1.0ℓ直3ターボ+CVT。ハイブリッドは設定していない。

Bセグメント:トヨタ・ヤリスクロス(YARIS CROSS)BセグSUVのニュースター

世界でいまもっとも競争が激化しているのは、BセグSUV。そこへトヨタが投入したのが、ヤリスクロスだ。

全長×全幅×全高:4180mm×1765mm×1590mm
ホイールベース:2560mm
パワートレーン:1.5ℓ直3+CVT
1.5ℓ直3+THSⅡ
プラットフォーム:TNGA GA-B
デビュー年:2020年

ライバルひしめくクラスでヤリスクロスは、大人気を博している。キャプチャー、2008など欧州勢も力を入れるこのカテゴリーで2020年のデビュー以来、存在感を示すヤリスクロス。欧州市場ではヤリスクロスがもっとも小さいSUVとなる。

Cセグメント:トヨタC-HR クーペSUVとしてのカッコよさ

個性溢れるルックスと全高1550mmの低い構えでデビュー当時は驚きを持って迎えられたC-HR。クーペSUVともいうべきそのスタイルで世界的な人気を得た。

全長×全幅×全高:4385mm×1795mm×1550mm
ホイールベース:2640mm
パワートレーン:1.2ℓ直4ターボ+CVT
1.8ℓ直4+THSⅡ
プラットフォーム:TNGA GA-C
デビュー年:2016年

トヨタ・カローラクロス(COROLLA CROSS)じつは本命 王道CセグSUV

C-HRと同じGA-Cプラットフォームを使うカローラクロスは2020年にまずはタイ市場でデビュー。21年には北米への投入も明らかにされた。

全長×全幅×全高:4460mm×1825mm×1620mm
ホイールベース:2640mm
パワートレーン:1.8ℓ直4+CVT
  1.8ℓ直4+THSⅡ
        2.0ℓ直4+CVT(北米)
プラットフォーム:TNGA GA-C
デビュー年:2020年

C-HRと同じプラットフォームながら全長は75mm長く全高は70mm高い。C-HRがクロスオーバーとしたら、カローラクロスは正統なSUVパッケージのモデルである。ライバルは、マツダCX-5、VWティグアン、メルセデス・ベンツGLA、アウディQ3あたりになる。

レクサスUX レクサスのエントリーSUV

レクサスでもっともコンパクトなSUVがUXだ。プラットフォームはC-HR、カローラクロスと同じくGA-B。プレミアムブランドのレクサスだけにパワートレーンも2.0ℓがベースになる。またEVモデルの設定もある。

全長×全幅×全高:4495mm×1840mm×1540mm
ホイールベース:2640mm
パワートレーン:2.0ℓ直4+CVT
2.0ℓ直4+THSⅡ
EV
プラットフォーム:TNGA GA-C
デビュー年:2018年

Dセグメント:トヨタRAV4 世界的大ヒットSUV

歴代RAV4でもっとも成功したモデルとなった現行RAV4のデビューは2019年。北米でも日本でも大ヒットを記録している。PHEVモデルの設定があること、そして3種類の4WD方式を用意していることがRAV4の特徴だ。スタイルもオフロード志向。

全長×全幅×全高:4600mm×1855mm×1685mm
ホイールベース:2690mm
パワートレーン:2.0ℓ直4+CVT
2.5ℓ直4+THSⅡ
PHEV
プラットフォーム:TNGA GA-K
デビュー年:2019年

トヨタ・ハリアー(北米ではVENZA)スタイリッシュな上級都市型SUV

RAV4が少しオフロード志向だとしたらハリアーは完全に都市型SUV。RAV4と同じGA-Kプラットフォームを使うがその佇まいは荒野より大都会が似合う。北米ではVENZA(ヴェンザ)を名乗る。

全長×全幅×全高:4740mm×1855mm×1660mm
ホイールベース:2690mm
パワートレーン:2.0ℓ直4+CVT
2.5ℓ直4+THSⅡ
プラットフォーム:TNGA GA-K
デビュー年:2020年

レクサスNX ミドルクラスのレクサスSUV

間もなくのフルモデルチェンジが予告されているレクサスNX。現行モデルは2014年のデビュー。プラットフォームもTNGAではなく、MCプラットフォームを使っている。

全長×全幅×全高:4640mm×1845mm×1645mm
ホイールベース:2660mm
パワートレーン:2.0ℓ直4ターボ+6AT
2.5ℓ直4+THSⅡ
プラットフォーム:MC
デビュー年:2014年

次期モデルは当然、GA-Kプラットフォームを使うことになるだろう。

新型レクサスNX TNGAフル採用の新しいレクサスSUV

2021年6月にワールドプレミアされた新型レクサスNXは、予想通りTNGAのGA-Kプラットフォームを採用した。トヨタとしては「新型NXは、生命的な躍動感(Vital)と先進技術(Tech)を融合したスポーツギア「Vital x Tech Gear」を開発コンセプトとし、走り、デザイン、先進技術を全面刷新し、次世代LEXUSの幕開けを象徴する第1弾モデル」だという。
全長×全幅×全高:4660mm×1865mm×1640mm
ホイールベース:2690mm
パワートレーン:
2.5ℓ直4DOHC+PHEV
2.5ℓ直4DOHC+THSⅡHEV
2.5ℓ直4DOHC+8速AT
2.4ℓ直4DOCHターボ+8速AT
プラットフォーム:TNGA GA-K
デビュー年:2021年

Eセグメント:レクサスRX 北米でカテゴリートップの人気を誇る

デビューは2015年とやや古いが、特に北米で絶大な人気を維持しているのがレクサスRXだ。プレミアムLクラスSUVのカテゴリーでトップの人気を誇っている。

全長×全幅×全高:4890mm(L5000mm)×1895mm×1710mm
ホイールベース:2790mm
パワートレーン:2.0ℓ直4ターボ+6AT
3.5ℓV6+THSⅡ
プラットフォーム:Kプラットフォーム
デビュー年:2015年

トヨタHIGHLANDER(ハイランダー)トヨタモノコックSUVの最大モデル

RAV4やハリアーが使うGA-Kプラットフォームのロングホイールベース版を使ったSUVがハイランダーである。日本では販売されないが、北米で人気のモデルだ。欧州での販売もスタートする。全長4950mm、全幅1930mmという堂々としたサイズに3.5ℓV6を積むトヨタのモノコックSUVの王者的存在である。

全長×全幅×全高:4950mm×1930mm×1730mm
ホイールベース:2850mm
パワートレーン:3.5ℓV6+8AT
2.5ℓ直4+THSⅡ
プラットフォーム:GA-K
デビュー年:2019年

7シーター!トヨタ、欧州で新型ハイランダーハイブリッドを発表 欧州市場では最大サイズのSUV!

トヨタは同社の大型SUV、ハイランダーの ハイブリッドモデルを2021年初頭に初めて西ヨーロッパ全域で発売すると発表した。

あわせて読みたい

ここまでがモノコックを使うSUVだ。
トヨタのすごいところは、ここまでですでに10モデルを擁していること。そしてそれ以外に5モデルも持っていることだ。それ以外とは、ラダーフレームベースのSUVである。

モノコックSUV: ランドクルーザープラド(LAND CRUISER PRADO)

ランドクルーザープラドに限らずラダーフレームのSUVは、悪路走破性が重要だ。プラドはもっとも小さなラダーフレームSUVである。

全長×全幅×全高:4825mm×1885mm×1850mm
ホイールベース:2790mm
パワートレーン:2.7ℓ直4+6AT
2.8ℓ直4ディーゼルターボ+6AT
プラットフォーム:ラダーフレーム
デビュー年:2009年

トヨタ4RUNNER 質実剛健

全長×全幅×全高:4830mm×1925mm×1815mm
ホイールベース:2790mm
パワートレーン:4.0ℓV6+5AT
プラットフォーム:ラダーフレーム
デビュー年:2009年

ランドクルーザー(LAND CRUISER)世界で認められた陸の巡洋艦

陸の王者ランクル。現行モデルは2007年登場だ。世界で認められた本格クロカンSUVである。

全長×全幅×全高:4950mm×1980mm×1870mm
ホイールベース:2850mm
パワートレーン:4.0ℓV6+5AT
プラットフォーム:ラダーフレーム
デビュー年:2007年

新型トヨタ・ランドクルーザー(300系) 2021年登場のニューランクル

200系の後継として発表された300系ランドクルーザー。2021年夏以降に世界各地で発売される予定だ。新型のパワートレーンには3.5ℓガソリン、3.3ℓディーゼルの2機種の新開発V6ツインターボエンジンが採用される。従来型V8エンジンをも超えるクラストップレベルの動力性能とドライバビリティの実現を図っている。3.5ℓガソリン仕様は415ps/650Nmを、3.3ℓディーゼル仕様は309ps/700Nmを発揮する。
プラットフォームはTNGAの思想を取り入れた新しいフレーム、GA-Fが使われる。寸法その他詳細は発表次第、紹介していく。

全長×全幅×全高:ーmm×ーmm×ーmm
ホイールベース:ーmm
パワートレーン:3.5ℓV6ツインターボ+10AT
3.3ℓV6ディーゼルターボ+10AT
プラットフォーム:TNGA GA-F(フレーム)
デビュー年:2021年

【新型トヨタ・ランドクルーザー新旧比較】サイズは? エンジンは? 世界初公開の300系、200系と14年分の進化を比べてみた

トヨタは6月10日、新型ランドクルーザーを世界初公開した。先代モデルが2007年の登場だったので、じつに14年ぶりのフルモデル...

あわせて読みたい

レクサスLX レクサスSUVのフラッグシップ

レクサスブランドのSUVのフラッグシップがLX。ベースはランドクルーザーだが、スタイリッシュなボディと上質なインテリアで、高級車の佇まいをもっている。パワートレーンは5.7ℓV8エンジン+8速AT。

全長×全幅×全高:5080mm×1980mm×1910mm
ホイールベース:2850mm
パワートレーン:5.7ℓV8+8AT
プラットフォーム:ラダーフレーム
デビュー年:2007年

トヨタ・セコイア(SEQUOIA)トヨタ最大のSUV

トヨタでもっとも大きなSUVがセコイア。セコイアは、高さが100m以上にも達するというスギ科の常緑大高木を意味する。もちろん、日欧では販売されていない。

全長×全幅×全高:5210mm×2030mm×1955mm
ホイールベース:3100mm
パワートレーン:5.7ℓV8+8AT
プラットフォーム:ラダーフレーム
デビュー年:2008年

こうして全モデルを俯瞰してみると、トヨタがいかにSUVを得意としているかがよくわかる。もう一分の隙もない感じ……だが、まだ残っている分野があるとしたら、「レクサスのBセグクロスオーバー」だろうか? ヤリスクロスのプレミアム版というのは、トヨタが開拓すべき数少ない領域かもしれない。

本命・王道のトヨタ・カローラクロス アメリカデビューの次は日本か!? 登場が必然の理由

タイ、東南アジアに続いて北米でもカローラクロスの投入が発表された。カローラクロスとはどんなモデルか? 北米に続いて日本...

あわせて読みたい

トヨタのピックアップトラック 新型タンドラ登場間近!、タコマ、ハイラックスの3モデル

トヨタは、北米向けピックアップトラックのタンドラ(Tundra)の新型モデルを間もなく発表する。上の画像は、「First Officia...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ