MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ポルシェ|PORSCHE
  4. 911

新型ポルシェ「911ターボS」の国内予約受注が開始! 税込価格はクーペが2892万円、カブリオレが3180万円

  • 2020/03/31
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

3月31日、ポルシェジャパンは新型911シリーズの頂点の一角を担う「911ターボS」および「911ターボSカブリオレ」の予約受注を開始した。税込車両価格はそれぞれ、2892万円、3180万円だ。

650ps/800Nmを発揮する3.8Lツインターボ搭載で、2.7秒の0-100km/h加速を実現

 新型911ターボSには650psと800Nmを発揮する3.8L水平対向6気筒ツインターボを搭載。先代モデルから70psと50Nmの上乗せとなるこのエンジンは、現行911カレラシリーズ用の3.0Lエンジンをベースに、完全に再設計された給気冷却システムや電動調整可能なウエストゲートフラップを備えた対称レイアウトの新しい大型VTGターボチャージャー、そして応答性、出力、トルク特性、エミッション挙動、吹け上がり性能に関するクルマの特性を大幅に改善するピエゾインジェクターの使用を特徴としている。

 トランスミッションはターボ専用の8速DCT(PDK)で、四輪を駆動。0-100km/h加速タイムは従来型から0.2秒短縮となる2.7秒、最高速は330km/hに達する。

 新型911ターボSの性能の飛躍は0-200km/h加速タイムに顕著で、先代を1秒短縮する8.9秒をマーク。強化された4WDシステムの「PTM(ポルシェ トラクションマネジメント)」によって、最大で500Nmのトルクがフロントホイールに供給される。標準装備される新世代PASMシャシーもさらにスポーティに改善。より迅速かつ精確に制御されるダンパーが、ロール安定性、ロードホールディング、ステアリング挙動、コーナリングスピードのダイナミクスに大きなメリットを提供する。

 これまでと同様に、クーペとカブリオレが用意されるボディは、強化されたドライビングダイナミクスに合わせてフロントトレッドで42mm、リヤトレッドで10mm拡幅されたことにより、フロントアクスル上部では45mmワイドな1840mm、リヤアクスル上部では20mmワイドな1900mmとなった。

 よりワイドなエアインテーク、デュアルフロントライトモジュール、標準装備のダークインサート付LEDマトリックスヘッドライトを装備する新しいフロントエンドによって、ターボ特有の外観を実現。再設計された空気圧展開式フロントスポイラーと大型リアウイングはダウンフォースを15%強化し、エアインテークを統合する力強いリアウイングセクションはターボSの流線型のボディを強調しする。ハイグロスブラックのターボスタイルの角型テールパイプを備えた新しいリアエンドは、特徴的なリヤビューをさらに引き立てている。

 タイヤサイズはフロントが255/35R20、リヤが315/30R21。オプション装備として、車高を10mmローダウンする「PASM(ポルシェアクティブサスペンションマネジメント)」や、調整可能なフラップを備えたスポーツエグゾーストシステムが用意されている。

 インテリアはスポーティな高級感を醸し出す仕立てだ。標準装備にはフルレザーインテリアやライトシルバーのアクセントを組み合わせたカーボントリムが含まれている。18wayスポーツシートには、初めて911ターボ(タイプ930)に敬意を表するステッチが施された。

 メータパネルの高品質のグラフィックエレメントとロゴは、ターボS特有のディテール。「PCM(ポルシェ コミュネーケーション マネジメント)」のセンターディスプレイのサイズは10.9インチで、新しいアーキテクチャーによって気を散らすことなく迅速な操作が可能だ。その他のハイライトには、GTスポーツステアリングホイールや新しいポルシェ トラックプレシジョンアプリを統合したスポーツクロノパッケージ、BOSE製サラウンドサウンドシステムが含まれている。

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ