Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. ルークス

もうすぐ発売の「日産ルークスのすべて」の中からチョイ出し!《その1》 ライバルにはない日産新型ルークスだけの便利装備とは?

  • 2020/04/01
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産から登場した新型軽スーパーハイトワゴン、デイズルークス改め新型ルークス。4月8日に「日産ルークスのすべて」が発売されるが、それまで待てない! という人のために、本誌の内容をちょっぴり先行お披露目! まずはルークスのアウトラインからご紹介しよう。

REPORT:ニューモデル速報編集部

 デイズに引き続き、日産が開発を担当した新型ルークス。エクステリアでは標準車、ハイウェイスターとも日産車に共通するVモーショングリルが特徴だ。中でもハイウェイスターにはLEDアダプティブヘッドライトが設定されるなど、登録車でもまだ珍しい装備を惜しげも無く導入している。

こちらは標準車。ボディを前後に貫く力強いサイドラインが印象的。
こちらはハイウェイスター。LEDヘッドライトによるキレのある顔つきが特徴だ。

 運転席に座ると、セレナ並に高いアイポイントから周囲を広く見渡せることに気付く。視点が高いと言うことは死角も少なくなると言うことで、運転する時の安心感に繋がる。

 また、タッチパネル式のエアコン操作部の先進感や、ソフトパッドを使ったダッシュボードの質感など、ダウンサイザーも満足できる仕上がりにも注目だ。

アイボリーを基調とした標準車のインパネ。上方向や左右方向の視界も広い。
こちらはハイウェイスター。オプションでさらに上質なブラウンインテリアの設定もある。

 そして、新型ルークスのいちばんの売りとも言えるのが、後席の320mmロングスライドだ。このおかげで運転席から後席に手が伸ばしやすくなり、運転席のママが後席に座らせた子どもの世話をするのにも便利! というわけだ。

320mmのロングスライドを一番前に出すと、前席からも余裕で後席に手が届く。
またスライドドアの開口幅も650mmとクラストップの幅が与えられ、子どもを抱っこしたままでも余裕で乗り降りできるのも見逃せない。

 この後席ロングスライドはラゲッジルームを広くすることにも繋がる。後席は5:5の左右分割でスライドできるのでフレキシブルにアレンジできる。しかも新型ルークスは荷室側から後席をレバーひとつでカンタンにスライド&倒すことができるのもポイントだ。

後席を目一杯前に出せば荷室奥行きは675mmにまで拡大。もちろんクラストップの広さだ。

モーターファン別冊 ニューモデル速報 第596弾 日産ルークスのすべて

デイズに続いて装備される進化版プロパイロットなど、新型ルークスの身はどころまだまだたくさん! 詳しくは4月8日発売の「日産ルークスのすべて」をご覧ください。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ