MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. TOPICS

その移動オービス、今、ほんとに必要ですか? コロナがもたらした意外な功罪、とは? コロナのおかげ(?)で交通事故半減! 不要不急の移動オービス調達予算、ぜひ、コロナ禍被害者救済に使いましょう!【交通取締情報】

  • 2020/04/18
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

国家が歴史的危機に見舞われているというのに、相変わらず今、警察は新型コロナウィルス騒動をよそに、移動オービスウィルスまで繁殖させる気まんまんだ!

京都府&滋賀県が、この期に及んで移動オービス複数台を追加導入!

 今月に入ってからの東京都内で発生した傷害をともなう交通事故は727件。昨年同期と比べて約50%の減少を見ている。さらに、先月も前年比25%減の2,200件あまりとなっており、「クルマや歩行者が減れば交通事故も減る」という摂理が、まさに具現化されているということだ。

 確かにこの4/6から15日まで、恒例の「春の交通安全運動」が実施されているが、もちろん、その効果では決してない。明らかに新型コロナウィルスの蔓延をきっかけに発出された「緊急事態宣言」による外出自粛の影響である。

 ところが、それにもかかわらず警察は、この渦中に「移動オービスによる交通取り締まり強化」を長崎県を初めとする各地でアピールし、京都府や滋賀県は移動オービスの追加導入に向けた入札を公募している。まさに経済がどん底への転落に向かっているというのに、1,100万円/1台もする移動オービスの購入予算を使い続けているのは一体、どういうつもりなのだろう。そのお金(税金!)を、被害者救済に回す方が、よっぽど人々の命を救えるというものだ。

 コロナ関連ではないが、先月、新潟県では「たった1機に1,100万円も費やすなら、信号機を増設したほうがよっぽど県民の交通安全に寄与する」ということで、導入予算が事実上否決されたことは記憶に新しい。警察、ひいては政府は、どちらが人の命を救えるか、もう1度、予算の見直しを行うべきなのでは?

 ちなみに、「それとこれとは話が別」と言ってるみなさん、国家が滅びたら、移動オービスの存在価値なんて、ぶっ飛んじゃうんですよ!

正しい交通取り締まり情報は、こちら!

コロナ禍でもやります、移動オービス!? 不要不急のドライブも自粛しましょう!?【交通取締情報】

戦後最大の「厄災」と言われている、新型コロナ騒動。政府は「緊急事態宣言」を出しておいて「でも、2週間程度様子見しましょ...

あわせて読みたい

最新移動オービス情報! 移動オービス乱用に待った! 突如、吹き荒れた意外な逆風、とは?

戦後最大の危機と言われる「新型コロナ」騒動。そんな中でも警察は、怪しい測定機、移動オービスによる速度取り締まりをあち...

あわせて読みたい

日本全国移動オービス導入率が、ついに85%を突破! 山口県はレーザー式をチョイス、さらに埼玉県は5倍体制に!? 【交通取締情報】

コロナウィルス騒ぎで自宅待機中に、なんとなく各都道府県警の令和2年度の予算をチェックしていたら、山口県警の予算書に、可...

あわせて読みたい

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ