MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. オービス情報

不思議なWオービスポイントが、やっと消滅! が、今後はゾンビオービスが増殖する可能性あり!? とりま、安心! 木曽のオービス緊急事態宣言(?)は、3年目にしてようやく解除!【交通取締情報】

  • 2020/04/29
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年から2018年にかけて、長野自動車道に1ヶ所、国道19号線に2カ所、同じ県内に計3カ所の「Wオービス(既設オービス+新設オービス)」ポイントを出現させ、我々を混乱させた長野県警。そんな不思議ポイントが、なんと3年をかけ、この春、ようやく解消された!

試練の今、国民の血税は、なおさらもっと有効に使いましょう!

 2018年春、国道19号線、木曽路に出現した2カ所(木曽郡木曽町日義と南木曽町田立)の「不思議なWオービスポイント」。それぞれ既設のHシステムの手前にピッカピカのLHシステムが新設されたのだが、なんと、Hシステムは撤去されずにそのまま残存(レーダー部分に「運用停止中」というシートが被せられてはいたが)。ふつーは既設を撤去してから新設するというのがセオリーなのに、一体、何のつもり?と我々ドライバーが疑問に思ったのは当然のこと。実は、管轄の長野県警は、その前年に長野自動車道(塩尻IC付近)でも同じことをやらかしているだけに、逆に、「そーゆーの流行ってんの?」と言われても仕方がない。

 が、よく考えてみれば、高速道路と国道にオービスを新設する場合、その費用は国(警察庁)が負担するのだが、撤去にかかる費用は各都道府県持ち。地方自治体のほとんどが財政難に苦しんでいる昨今、そう簡単に予算は組めないというのが実情だ。つまり、簡単に新設→即撤去とはなかなかいかないのではないだろうか?

 事実、この春、国道19号線木曽郡南木曽町に最後まで残っていたHシステムがついに撤去されたが、「Wオービス状態」が完全に解消されるまで、なんと3年を要しているのだ。

 それにしてもその「取り締まり効率」の悪さから、今、次々と固定式オービスが撤去されているが、各地方自治体もその都度、乏しい予算を使わされていることになる。となると、今後、各都道府県ともコロナ禍の影響で財政難に陥ることが必至なだけに、オービスの撤去ペースが落ちる=ゾンビオービスが増えることになるかもしれません。 

ホントのオービス情報は、こちら!

南木曽町のWオービスは、そのまま放置! ついに壊滅、長野県のHシステム! 最終回【交通取締情報】 

昨年春、木曽町日義(南行き)と、ここ、南木曽町田立(北行き)で、突如、出現した新設LHと既設HのWオービス状態。今回の調...

あわせて読みたい

混沌! 国道19号、木曽路のオービスに異変あり!【交通取締情報】

長野県の南アルプス沿いを走る、国道19号線。長野県内には北行きに3機、南行きに2機のHシステムが設置されていたが、このライ...

あわせて読みたい

消えたはずのオービスが、突如、復活!! でも、なんで今さら、ポンコツレーダーなの?【交通取締情報】

国道19号線下り、岐阜県土岐市和泉町に設置されていたオービスが撤去されたのは、2018年春。なにしろ寿命間近か、いや、すで...

あわせて読みたい

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ