MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

日本初となる日産のEV救急車が東京消防庁で稼働開始! 「ゼロエミッション東京」の実現に向けて

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月18日、日産自動車は、東京消防庁池袋消防署へ納車した日本初のゼロエミッション(EV)救急車が稼働を開始したと発表した。

ふたつのリチウムイオンバッテリーを搭載し、電装機器やエアコンをより長時間作動させることが可能

 このEV救急車は、東京都が推進する「ゼロエミッション東京」の取り組みの一環として、東京消防局に初のゼロエミッション(EV)救急車として導入されたもの。同車は池袋消防署のデイタイム救急隊で運用される予定だ。

 同社の最高執行責任者兼チーフパフォーマンスオフィサーであるアシュワニ・グプタ氏は次のように語る。
「日産は持続可能なモビリティによって、ゼロエミッション、ゼロフェイタリティ社会の実現に向けて貢献していきます。本車両は、地域社会において環境にやさしいクルマがより利用しやすくなっていく、大きな事例のひとつとなるでしょう」

 この車両は、救急隊員の負担を軽減するための電動ストレッチャーや、すべてのシートに乗員の安全性を向上させるシートベルトを装備。また、救急車には患者や隊員の身体的な負担軽減が求められることや、精密医療器具を搭載する必要があることなどから、静粛性が高く、振動の少ないEVのメリットを生かすことができる。

 さらに、33kWhと8kWhのふたつのリチウムイオンバッテリーを搭載しているため、電装機器やエアコンをより長時間作動させることが可能で、停電時や災害時には移動電源としても活用することが可能だ。

 ベース車両は欧州で販売中の「NV400」で、日本法規への適合や専用の救急架装については、日産パラメディックでの豊富な実績を持つオートワークス京都に委託。また、内外装は欧州の緊急車両架装大手であるGruau社に委託し、堅牢で合理的な救急架装パッケージが採用されている。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ