MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. アテンザセダン

マツダ・アテンザ(MAZDA6) レポート 燃費は?長所は?短所は? マツダ・アテンザ(MAZDA6) | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?」<モーターファン会員アンケート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
MAZDA6 WAGON 25T S Package

マツダのフラッグシップであるアテンザは、2019年に「MAZDA6」をモデル名が変更されている。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。
今回は、22名のオーナーが回答を寄せてくれた。

現行(3代目GJ系)2012-2019年(2019年7月以降は「MAZDA6」)

初代(GG/GY系) 2002-2008年
2代目(GH系)2008-2012年

 現行モデルは、2012年に登場。デザインは、2011年の東京モーターショーに出品された「雄(Takeri)がベースとなっている。魂動(こどう)デザインのモデルだ。セダンとワゴンの2車型があり、ホイールべースはセダンが2830mmに対してワゴンは80mm短い2750mmとなっている。
 エンジンは、2.0ℓと2.5ℓのガソリンエンジン(SKYACTIV-G2.0とG2.5)と2.2ℓのディーゼル(SKYACTIV-D2.2)を設定。トランスミッションは6速ATと6速MTが選べた。
 2019年7月にMAZDA6へと改名した。2.5ℓ直4ターボ(SKYACTIV-G2.5T)も追加された。

2015年式 XD AWD L Package (LDA-GJ2AP)「”国産車”、”マツダ”であることを気にしなければベストバイ」

ニックネーム:tak 年式グレード:2015年式 XD AWD L Package (LDA-GJ2AP) 性別:男性(40代) 居住地域:埼玉県

排気量:2200cc トランスミッション:AT
平均燃費:12.0km/ℓ(距離ベースで高速7割、一般道3割程度)
長所:欧州車を買うより断然安い。マツダコネクトはナビ含めてまったく問題ない。ディーゼルのドライバビリティと燃料代の安さ。
短所:ATの段数とギヤ比、変速タイミング。高い質感に反比例するNVH対策(価格相応とも思うが)。FF(ベースのAWD)故のハンドル切れ角の少なさ(最小回転半径)。

評価
外観:★★★★★ 格好良く威圧感も少ない感じが良い
室内:★★★★☆ マツダコネクト搭載で内装デザインに統一感がある
走行性能:★★★★★ 必要十分だがもう少しパワーがあると理想的(6気筒に期待)
燃費性能:★★★☆☆ 特に高速道制限速度の燃費が期待以下
装備:★★★★★ マツダコネクトに警戒感があったがまったく問題ない
満足度:★★★★★ 価格を考えるとベストバイであることは依然変わらない
このクルマの購入を検討している人にひと言
「Dセグメントセダンですが、少し前のEセグメント相当のサイズです。トランク容量も充分に大きく、大きすぎない横幅と相まって実用セダンとしてとても良くできています。”国産車”、”マツダ”であることを気にしなければベストバイです」

2017年式 XDプロアクティブ「運動性能はもちろん、実は積載能力も良い」

ニックネーム:うえさかさん 年式グレード:2017年式 XDプロアクティブ 性別:男性(20代) 居住地域:福井県

排気量:2200cc トランスミッション:MT
平均燃費:19~22km/ℓ(田舎在住のため長距離移動多め)
長所:ディーゼルの大トルク・低燃費&低重心で超ロングドライブでも疲れない。優れた運転環境とメーター類の視認性の高さで運転に集中できる。楽器演奏を生業にしているがワゴンとしての積載能力も充分。
短所:1000~2000回転あたりにトルクの谷があるのでスムーズに発進するにはこの癖を習得しなければならない。ATではさほど気にならないがMTでは気になる(この部分は改良されたらしい)。次期型は直6/FR。ワゴンが設定されるかどうか…?

評価
外観:★★★★★ FFベースとは思えない4輪のスタンスの良さ。こんなにスマートなステーションワゴンは国産では存在しない。リヤハッチがかなり猫背なのもお気に入り。
室内:★★★☆☆ ドライビングポジションがばっちり取れてメーター類が見やすく運転に集中できる。中間グレードなので質感は月並みだがインパネのステッチ類は本物の糸が使われていてソフトパッドも多用されているので特に不満はない。ドライバー中心の硬派なインテリアでウインドウスイッチの角度やステアリング、メーター周辺の形状など、使っているうちになるほどと思うところが多々ある。ワゴンとしての積載能力は必要にして充分、広くて使いやすい。
走行性能:★★★★★ 高速移動はとても楽。ブレーキング~パーシャルスロットルで曲げるとどんどんインに入っていくコーナリングの楽しさ。回りたがるエンジンも含めて、峠道がとても楽しい車。ただしロードノイズは大きめで低速域ではサスも固め。また曲がりたがる特性の為か、直進安定性はそれほど高くない。
燃費性能:★★★★★ MTなので特に燃費が良い。この巨体で普通に転がして19~20㎞/ℓ、軽油なので燃料代は安い。
装備:★★★☆☆ マツダコネクトに関してはそれなりの性能だが価格を考えるとこの程度が妥当と思う。安全装備に関しては2017年型ではまだ未完成な制御が散見されるが慣れの範囲と思う。この辺は日進月歩なのであっという間に改良されていくと思う。
満足度:★★★★☆ 国産車のなかでは「車の本質」を大切にした珍しい車だと思う。ロードノイズが大きかったりマツダコネクトなど細かい短所はあるが、この価格でこれだけの内容が手に入るので、大満足。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「見た目がカッコよくて大人っぽいスポーツワゴンやセダンが欲しい人。どこへ行くにもとても良い相棒になってくれます。運動性能はもちろん、実は積載能力も良いのでどんな使い方でも楽しめる車です」

2018年式 XD L package 4WD「ディーゼルなのに意外にも静粛性が高い」

ニックネーム:BigFoot2800 年式グレード:2018年6月、XD L package、4WD 性別:男性(50代) 居住地域:兵庫県

排気量:2200cc トランスミッション:AT
平均燃費:14.8km/ℓ(4WDです。市街地7割、郊外へのドライブが3割)
長所:ディーゼルなのに意外にも静粛性が高い。長距離高速走行において、トルクがあり疲れにくい。疲れないシート。
短所:ATを7速にして高速巡航のエンジン回転数をもう少し下げても良い。リヤドアが軽く開け閉めがチープ。

評価
外観:★★★★☆ ソウルレッドクリスタルメタリックは、非常に美しいですが、塗装としての強度が低いのかハネ石などによる欠け、損傷が目立ちます。
室内:★★★★★ 北欧風のシンプルで上質なインテリア、落ち着いたインテリアを好む方には良いと思います。先進的で、派手なものが好きな方には、お勧めできません。
走行性能:★★★★★ 必要にして充分です。
燃費性能:★★★★★ カタログ値とほぼ同じ燃費性能が出ており、満足しています。
装備:★★★★★ タッチ式ではなくダイヤル式の調整を多く残してくれているので、大変扱いやすい。視線の移動も少なくてすみます。マツダコネクトも大変使い易くなりました。
満足度:★★★★☆ セダン並みのホイールベースが確保されていると後席はかなり広くなるので助かったのですが、購入時にその情報を知らずステーションワゴンにしてしまいました。初めてのステーションワゴン、4WD、ディーゼルですが、スタイル、内装、走り、燃費ともに満足しています。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「マツダのフラッグシップです。欧州メーカー的な車名や年次改良などを行ないMAZDAというブランドを作っていこう活動しているようです。そういったことに感銘、同意される方でないと、同じ顔、買って直ぐに改良などといった不満も出てくるのかなと思います。ブランド構築にはユーザーの理解、支援が必要で、まだまだだとは思いますが、良いクルマ作りを目指されているなと思います」

2012年式 XD「デリケートな扱いが求められるディーゼルなので定期的なディーラーメンテナンスが必須」

ニックネーム:小松拓生 年式グレード:2012年 / XD 性別:男性(40代) 居住地域:東京都

排気量:2200cc トランスミッション:MT
平均燃費:18.0km/ℓ(年2回程の長距離ドライブ「片道約1000km」有り)
長所:ディーゼルのパワフルなトルクによる低中速域でのストレスのない加速できる。ディーゼルの燃費の良さ。8年経過しても古さを感じさせないスタイリング。
短所:DPF再生時のパワーダウン。ディーゼルなのにデリケートなエンジン。電装系の弱さ。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★☆☆☆ 
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「デリケートな扱いが求められるディーゼルエンジンなので定期的なディーラーメンテナンスが必須です」

2016年式 XD L package AWD「ずーっと眺めていたくなるほど美しいクルマ」

ニックネーム:ジーコ 年式グレード:2016 XD L package AWD 性別:男性(50代) 居住地域:宮城県

排気量:2200cc トランスミッション:AT
平均燃費:長距離、郊外 17km/ℓ 市街地 13.5km/ℓ
長所:中間加速の力強さ。高速クルーズのスムーズさと静かさ。ハイブリッドのような不自然さのない加減速。長距離時の燃費の良さ、燃料費で考えるとハイブリッドと大差ない。それで運転の楽しさは上。
短所:もっと多段化すればもっと静かになり変速もスムーズになる。燃費も相当良くなりそう。BMWとかと大きな差異はそこかも→そこさえ変わればBMWと悩まない。

評価
外観:★★★★★ 唯一欲しいと思える国産車
室内:★★★★★ でも収納が小さいかも。デザイン優先で仕方無いが。
走行性能:★★★★★ 発進時のツキが悪いが、踏み込み方に慣れればクリア出来る。
燃費性能:★★★★★ 予想通りの実績
装備:★★★★★ ちょっと古いので2020製には安全装備劣るが2016製としては最高レベルと思う。
満足度:★★★★★ 一番はデザイン。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「自動運転レベル2を自動運転とCMするモラルのない会社とは違います。技術者の執念と良心が詰まった車です。ずーっと眺めていたくなるほど美しいクルマです。もちろんエンジン、脚周りも良いです→突出したところを感じさせない自然差が突出した良さです」

XD L-PACKAGE「ディーゼルのトルク感でシフトダウンなしでグイグイ加速していく」

ニックネーム:prizer 年式グレード:XD L-PACKAGE 性別:男性(30代) 居住地域:愛知県

排気量:2200cc トランスミッション:MT
平均燃費:17.0km/ℓ
長所:ディーゼルのトルク感でシフトダウンなしでグイグイ加速していく。ロングホイールベースからくる直進安定性。
短所:ボディサイズと見切りの悪さで狭いところの取り回しの悪さ。

評価
外観:★★★★☆ 
室内:★★★☆☆ 前期型はインパネが安っぽい
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★★☆ 
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「外装が好みでこのサイズが問題ないのであればお勧めです」

2015年式XDプロアクティブ「日ごろ短距離しか乗らない方は要注意」

ニックネーム:ken 年式グレード:2015年式XDプロアクティブ 性別:男性(30代) 居住地域:埼玉県

排気量:2200cc トランスミッション:AT
平均燃費:15.0km/ℓ(埼玉郊外長距離運転が6割、市街地短距離が4割)
長所:デザインとパワー、燃費の高バランス。家族3人が快適に移動できる。ADAS機能が当時としては充実しており、なおかつ安価に装備できる。
短所:NVH(特にロードノイズ)はあまり良くない。都内の狭い道などでは取り回しに難儀することがあるボディサイズ。6ATに不足はないが、100km/hで1900rpmになるので7AT、8AT欲しい。

評価
外観:★★★★★ 個人的にセダン、なおかつ流麗な形が好みです
室内:★★★★☆ 家族3人が快適に過ごせる広さと質感はあると思います
走行性能:★★★★☆ 市街地、郊外を流す程度ではパワー不足は感じません。
燃費性能:★★★★★ 市街地、郊外を流す程度ではパワー不足は感じません。
装備:★★★★★ ADASを始め、ナビも酷評後の改善仕様なので不自由ありません。
満足度:★★★★★ これまで乗り継いできた中で最も不満の少ない車です。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「当時は325万円程度で買えましたが、現在は機能が増える代わりに価格もやや上昇しているようです。中古車ならかなり手頃に購入できるのでお勧めできますが、日ごろ短距離しか乗らない方は要注意。調子が悪くなります」

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ