MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. ニュース

「マセラティ ネットゥーノ (Nettuno)」プレチャンバー技術採用の超弩級エンジン登場 マセラティが新エンジン発表!「 プレチャンバー、ツインインジェクション、ドライサンプ」採用の3.0ℓV6ツインターボ。MC20に搭載!「マセラティ ネットゥーノ (Nettuno)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
マセラティが開発した3.0ℓV6エンジン「ネットゥーノ (Nettuno)」プレチャンバー技術を採用した革新的エンジンだ。

マセラティが驚くべき新エンジンを開発、発表した。「マセラティ ネットゥーノ (Nettuno)」と名付けられた3.0ℓV6ツインターボエンジンのハイライトは、現代F1エンジンのキー技術である「プレチャンバー」を採用していることだ。ほかにも注目すべき技術が満載されている。

プレチャンバー技術を採用した革新的エンジン登場

フロントに縦置きされるV6ネットゥーノ (Nettuno)エンジンをバルクヘッド側から見る。
反対側から見る。バルブ駆動はDOHC、吸排気に可変システムがつく。

 まずはスペックから見ていこう。

エンジン形式:90°V型6気筒DOHCターボ
排気量:3.0ℓ
ボア×ストローク:88mm×82mm
圧縮比:11.0
点火順序:1-6-3-4-2-5
最高出力:630ps/7500rpm
最大トルク:730Nm/3000-5500rpm
過給機:電動ウェイストゲート付きターボチャージャー
点火システム:パッシブプレチャンバー+ツインスパーク
オイルシステム:可変容量式オイルポンプ+ドライサンプ
燃料供給:PDI(DI+PFI)
エンジン幅:1000mm
エンジン高:650mm
エンジン長:600mm
エンジン重量(DIN)220kg未満
エミッション:Euro6d/China 68/Ulev 70

 マセラティが開発した3.0ℓ90°V6DOHCツインターボは、「マセラティ ネットゥーノ (Nettuno)」と名付けられた「100%マセラティ、100%メイド・イン・モデナ」のエンジンだ。マセラティ技術陣が開発した未来型エンジンで数々の国際免許を取得しているという。

エンジン上面視。サイズはエンジン幅:1000mm エンジン高:650mm エンジン長:600mm エンジン重量(DIN)220kg未満

 開発は、旧マセラティ・コルセ拠点に設けられたワークショップ(Via Delle Nazioni)、そしてマセラティ本社に隣接するエンジン・ハブ(Viale Ciro Menotti)で開発され、モデナ工場で生産される。

広報写真としては珍しい図面。インジェクターが各気筒2本ずつあるのが確認できる。ドライサンプだから底部のオイルパンが非常に薄いことがわかる。
従来のスパークプラグがある位置がかなり独特だ。これでもきれいに燃焼するということは、ポート噴射を併用するシステムゆえだろうか。

 エンジンの技術的ハイライトは、なんと言っても「プレチャンバー」を採用したこと。プレチャンバーとはセントラル電極と従来の燃焼室の間に燃焼室を設けて、これを連結する。この間には特殊形状の複数の孔で繋がっている。プレスリリースには、「セントラル電極」と「従来型スパークプラグ」という表現をしている。

 エンジンがプレチャンバーを必要としない領域では、プレチャンバー用のセントラル電極は作動せずに横置きのスパークプラグで点火するという。
 図版を見る限り、通常のスパークプラグの位置はかなりシリンダー壁に近いところにある。

図版を拡大してみた。燃焼室トップの直噴インジェクター(Max350bar)の周りがプレチャンバーなのだろうか。カムはラッシュアジャスター付きローラーフィンガーフォロワー式。

ホンダCVCCの再来か。プレチャンバーがリーンバーンを実現する。

3年後の自動車とその市場はどうなるか--3年は長いようで短い。いま開発が進められている新技術の市販車搭載は3年後では...

あわせて読みたい

 燃料供給は、PDIとなっていて直噴(DI)+ポート噴射(PFI)を併用するシステムだ。つまりトヨタのD-4Sのようなシステムだ。最大燃料噴射圧はDIが350bar、PFIが6barだ。DIの最大燃料噴射圧の350barは現在のガソリンエンジン用DIシステムでは高い方だ(例外はマツダSKYACTIV-Xの700bar)。

ターボチャージャーはバンク外側に2基つり下がるカタチだ。
ターボチャージャーは電動ウェイストゲート付。
オイル潤滑はドライサンプ方式を採る。

F1の燃焼技術「プレチャンバー」をまさかマセラティが出してくるとは!新3.0ℓV6ターボエンジンのプレチャンバー技術を読み解いてみる

「まさかマセラティが!」とF1と量産車の技術に詳しいジャーナリストの世良耕太氏は唸った。F1をはじめとするレーシングカー...

あわせて読みたい

 V6エンジンでVバンク角が90度というのは、リリースには「伝統的な」と表現してあるrが、90度V6という選択は90度が理論値のV8エンジンから2気筒を除いて仕立てたユニットであることが多い(V6の理論値は120度)。

 このマセラティ ネットゥーノ (Nettuno)は90度を選択したうえで、ターボをバンク内に納めずにサイドに吊り下げている。スーパースポーツのフロントエンジンコンパートメントに余裕がある表れだろう。

 このエンジンは、マセラティの新型スーパースポーツカー、MC20に搭載される。

スターリング・モス卿に捧ぐ。マセラティの新世代スーパースポーツ、MC20 プロトタイプの写真公開!

マセラティは新型スーパースポーツカー、マセラティMC20のプロトタイプを3月5日に続く第2弾として公開した。 この4月12日に90...

あわせて読みたい

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ