MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. アウディ|AUDI
  4. A4オールロードクワトロ

アウディA4オールロードクワトロ:「SUVはちょっと…」という人に最適な万能グランツアラー。700km走って燃費は? スバル・レガシィアウトバックと比べたら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディA4オールロードクワトロ 車両価格○670万円

アウディ・オールロードクワトロは、1999年登場(日本デビューは2001年)のA6アバントをベースにしたモデルが初代である。いわゆるC5系のA6がベースだった。今回試乗したオールロードクワトロは、A4(B9系)アバントをベースとしたモデルである。SUVほどごつくなくて、それでいて高い走破性能も都会的なルックスも持ち合わせるモデルだ。SUVが好みではない筆者のようなタイプにはなかなかアピールするクルマである。
TEXT◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

向かった先は愛知県長久手のトヨタ博物館。往復700kmを超える行程だ。

オールロードクワトロで個人的に思い出すのは、初代モデルだ。F1速報誌の編集長をしていた時代、たぶん2000年のたぶんF1サンマリノGPとかベルギーGPの取材に出かけたときに、街中に駐車してあったオールロードクワトロを見て、「うわぁ、カッコいいな、これ」と感じた記憶がある。

1980年代のVWゴルフⅡにあった「ゴルフカントリー」もカッコよかったが、アウディ・オールロードクワトロは、都会的で、それでいて「クワトロ」だからどこでも走れるそ実力を秘めた佇まいにちょっと憧れたものだ。

これがVWゴルフカントリー。ゴルフⅡがベースだ。
初代アウディ・オールロードクワトロ。今見てもかっこいい。

今回、最新のアウディA4オールロードクワトロをお借りしたのは、そういう背景もある。お借りする直前に乗っていたのはF30型BMW3シリーズ。A4オールロードクワトロに乗り換えてすぐに感じるのは、インテリアの上質感だ。世代的にはそんなに違わない(F30型3シリーズは2012年デビュー、B9型A4は2015年デビュー)はずなのに、明らかにアウディの方が上質(というか上品?)だ。アウディは、インパネ、メーターもハイテク感満載である。

上質でハイテク感のあるインテリア。メーターはアウディ得意のフルデジタルタイプである。
運転していてリラックスできる「ちょっとだけ高い視点」がいい。

翌朝、カメラマンとその機材を満載して東名高速を一路西へ向かう。目的地は愛知県長久手のトヨタ博物館である。往復ほぼ700kmを1日で走るドライブだ。

高速道路に乗った途端に、思い出した。「ん? 最近、こんな視点の高さのクルマに乗ったな」と。そうだ、これはスバル・レガシィアウトバックと同じ高さだ!

上がA4オールロードクワトロ、下がA4アバント
レガシィアウトバック 全長×全幅×全高:4820mm×1840mm×1605mm ホイールベース:2745mm 最低地上高:200mm
A4オールロードクワトロ 全長×全幅×全高:4750mm×1840mm×1490mm ホイールベース:2820mm
トレッド:F1580mm R1565mm 最低地上高:170mm 最小回転半径:5.5m
車重:1680kg 前軸軸重920kg 後軸軸重760kg エンジン縦置きのA4オールロードクワトロの重量配分は前55:後45で横置きFF車と縦置きFR車の中間くらいの重量配分だ。

スバル・レガシィアウトバック:500マイル(約800km)走ってわかる「なぜ北米で大人気なのか」。800km走った燃費はどうだったか?

SUBARUレガシィアウトバックは、日本よりもアメリカで高い人気を誇るツーリングワゴンだ。少し背が高く、大柄。いかにもどこ...

あわせて読みたい

ワゴンボディの車高を少し上げてフェンダーアーチに濃色のクラッディングを装着するスタイルはオールロードクワトロとアウトバックで共通する。ボディサイズは

A4オールロードクワトロ
全長×全幅×全高:4750mm×1840mm×1490mm ホイールベース:2820mm
レガシィアウトバック
全長×全幅×全高:4820mm×1840mm×1605mm ホイールベース:2745mm

最低地上高は170mm(オールロードクワトロ)と200mm(アウトバック)である。A4の場合はA4アバントと比べて最低地上高が50mm高くなっている。

こうして比べると、アウトバックの方がだいぶ背が高く、アウトドアのムードが強い。オールロードクワトロの方が都会的(!)に見える。

アウディA4オールロードクワトロ 車両価格○670万円
スバル・レガシィ アウトバック X-BREAK 車両本体価格○329万4000円 A4オールロードクワトロのほぼ半額(!)

このパッケージは、SUVやクロスオーバーほどじゃないけれど、普通のクルマと違うのがほしい、というニーズにマッチする。高速道路を100km/h~120km/hくらいで巡航するならSUVよりもこっちの方がいい。悪路や雪道はAWDと高い地上高で安心だ、というのも見た目で伝わってくる。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ