MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. アウトバック

スバル・レガシィアウトバック:500マイル(約800km)走ってわかる「なぜ北米で大人気なのか」。800km走った燃費はどうだったか?

  • 2019/11/12
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル・レガシィ アウトバック X-BREAK 車両本体価格:329万4000円 試乗車はオプション込みで354万2400円

SUBARUレガシィアウトバックは、日本よりもアメリカで高い人気を誇るツーリングワゴンだ。少し背が高く、大柄。いかにもどこへでも行けそうなタフで頼りになるクルマ。そのレガシィアウトバックでロングドライブにでかけた。テーマは『500 miles a day』。アウトバックはどんなクルマだったか。

『500 miles a day』は、そもそもレガシィじゃなかった!

アウトバックは都会より自然が似合う……気がする

 個人的に、スバル・レガシィといえば、ロッド・スチュワートである。ロッド・スチュワートの『Sailing』が流れるCMが記憶に残っている。そして、確かキャッチフレーズは、『500 miles a day』だったような気がしていた。
 1日に500マイル(約800km)走れるグランドツアラーだ、と言っていたような気がしていた。今回、レガシィアウトバックを借り出すにあたって、調べてみたら、『500 miles a day』とCMで謳っていたのは、アルシオーネSVX(1991年~)だった。記憶とはいい加減なものである。

 とはいえ、ロングドライブをするために、レガシィアウトバック(正式にはこういうが、以後「アウトバック」と表記する)を借り出してみたのは本当だ。11月8-10日に開催されたセントラル・ラリーを取材するために、東京〜愛知県長久手のモリコロパーク(愛・地球博記念公園)を往復しようと考えたのだ。セントラル・ラリーは来年復活するWRCラリー・ジャパンのテストイベント的な意味を持つイベントだ。「ラリーといえばスバル」という単純な発想もないではない。

 もうひとつ、アウトバックを借りた理由は、このクルマがアメリカで大変に愛され人気の高いモデルであるからだ。

モデル末期なのに絶好調のアウトバックで北米スバルの好調続く。7月期セールスは史上2番目!

北米スバル(Subaru of America)は、2019年7月の販売状況を発表した。昨年の7月と比べて7.9%増の6万4106台を販売し、7月と...

あわせて読みたい
全長×全幅×全高:4820mm×1840mm×1660mm ホイールベース:2745mm
最小回転半径:5.5m 最低地上高:200mm
車重:1600kg 前軸軸重:930kg 後軸軸重:670kg

 北米では、すでにSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した新型アウトバックが今秋から販売されている。新型に切り替わるまで、現行アウトバックの北米での売れ行きは鈍ることなく(というより、モデル末期が近くにしたがって伸びていった)売れ続けたのだ。なぜ、アメリカ人はアウトバックを選ぶのか? それも知りたくてロングドライブに出かけたわけだ。

 現行モデルは5代目(BS系)と呼ばれる。現行アウトバックがデビューしたのは2014年のニューヨーク国際モーターショーだ。北米仕様には3.6ℓの水平対向6気筒エンジンモデルも当初は存在したが、国内仕様は2.5ℓ水平対向4気筒(FB25)自然吸気+リニアトロニックCVTのみ。借り出したスバル・レガシィ アウトバック X-BREAKも2.5ℓ水平対向4気筒を搭載している。

早朝04:50に集合。仕事で、しかも往路男性3名、復路男性4名でのドライブである。クルマが悪かったら、最悪の休日仕事になってしまうところだった

 早朝5時。東名・川崎IC近くで同僚をふたり拾って、往路は男性3名で長久手を目指す。

こちらがレヴォーグ 全長×全幅×全高:4690×1780×1495mm ホイールベース:2650mm
こちらは今回のアウトバック。同じ駐車場に入れたときの違いがおわかりいただけるだろうか。アウトバックは「分厚い」のだ

 ちょっと時間を戻して、前日の夕方、東京・恵比寿のスバル本社にアウトバック X-BREAKをお借りしにいった。エンジンをかけると、ひと昔ほどではないにしろ、直4エンジンではない、ボクサーらしい音と振動を味わうことができた。
 ところが、ガソリン満タンなのに、メーター内の航続距離は「320km」となっていた。500マイルどころではない。こりゃ大変だ。編集部に戻るまでの都内をトロトロと走っていると燃費は8.2km/ℓ。うーむ。
 編集部のパレット駐車場に入れると、全長×全幅×全高:4820mm×1840mm×1660mmという数字以上に大きく見える。分厚いのだ。最低地上高は200mmに上げられ、SUVらしいお化粧を施されたアウトバックは、多少無骨だが「頼りになる相棒、タフな道具感」がする。このあたりがアメリカ人に響くのか。

やや古さを感じさせるインテリア。
大柄な同乗者からも「後席、広くて乗り心地もいいね」というコメントをもらった
撥水ファブリック/合成皮革(グレー/グレー&ブラックにイエローグリーンのステッチ入りのシートは特別装備

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ