MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 2008

プジョー新型 SUV 2008 / SUV e-2008登場 かっこいい! コンパクトSUVに新たな本命現る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUV e-2008

Groupe PSA Japan株式会社は、9月16日(水)よりPEUGEOT(プジョー)ブランドのBセグメントコンパクトSUV、NEW SUV 2008および100%電気自動車のNEW SUV e-2008の発売を開始する。また、9月29日(火)19時よりプジョー公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/peugeotjapan/)にてオンライン発表会をおこなう。

あらたな時代にフィットしたモビリティライフを送りたいと願う、すべての人々のために、プジョーはここにあたらしいSUV 2008を発表する。UNBORING THE FUTURE(退屈な未来は、いらない。)というタグラインにあるように、エキサイティングな未来を創造するというプジョーのブランドヴィジョンをエンスージアスティックに実現するのが、このNEW SUV 2008だ。まったくあたらしくなった、このコンパクトSUVは、多様性を秘め本能的、そしてウルトラモダンなドライビング体験を提供するという。

NEW SUV 2008は、まごうことなきSUVのプロポーションを持ち、とりわけパワフルで個性的な、ひと目見てすぐにそれとわかるスタイルを持っている。また、そのスタイルには、テクノロジーを駆使して、立体視となる新世代のPEUGEOT 3D i-Cockpitやプジョーが提供する最高のノウハウによってデザインされた機能性と各種ADAS(先進運転支援システム)を内包している。

エクステリアデザイン:コンパクトSUVにおいてさらなる高みを目指すスタイリング

NEW SUV 2008のスタイルは、彫刻的な造形の、パワフルで個性的な存在だ。それは、プジョーのSUVの歴史にあらたな注目すべき1ページを追加するという野望を完璧なまでに満たしており、独自の個性を発揮しながら、こんにち求めれるスタイルに完全にマッチしたものとなっている。

バランスがとれたラインと全体的なプロポーションは、いかにもSUVらしいもの。ウィンドシールドをセットバックし、ボンネットはより水平基調に伸びやかに、力強いボディを創造している。視覚的に重心がホイールにしっかりと乗ったスタンスのよいボディ、そして頼もしさと安心感を与えてくれるしっかりとしたショルダーラインを有している。

新型は208に通ずる最新のプジョーデザインが採用され、さらにスタイリッシュでボクシーなデザインになった。
こちらは先代モデル。こちらもスタイリッシュだが、新型と比べると個性が薄い。

フロントフェイスは、堂々とした垂直なグリル(GT Line、Allure、EVの3仕様。EVバージョンではボディカラー同色)、彫りの深いボンネット、ヘッドライトから下に向けて繊細に細くなっていくLEDデイタイム・ランニングライトを備え、NEW SUV 2008ならではのアイデンティティーに溢れている。下方向に伸びる牙のようなセイバー(サーベルの意)と呼ばれるLEDデイタイムランニングライトは508で初めて採用され、すでに新世代プジョーのあたらしいフロントフェイスのアイコンとなっている。またGT Lineではライオンの3本の爪痕をモチーフとしたフルLEDヘッドライトが彩る。さらにフロントアンダーデコレーションがSUVらしいタフさを加えている。

下方向に伸びる牙のようなセイバー(サーベルの意)と呼ばれるLEDデイタイムランニングライトが特徴的

サイドビューの見どころはなんといっても、ファセット(切り子)のようなシャープかつ大胆な面構成とハイライトとシャドーの対比だろう。そこには前後フェンダーから車体中央に向かって伸びる三角形の2つの面が目を引く。ボディパネル製造のさらなる技術向上の結果、これらラインは、いままで以上にシャープなラインを生み出し、テールゲートまでタッチを揃え、全体を通して高い統一感を生み出している。

国内の立体駐車場に収まる1550mmの全高と伸びやかで流れるようなサイドビューは、SUVでありつつもスリークな雰囲気だ。これは205mmと高めにとった最低地上高とブラックダイヤモンドルーフ&ブラックドアミラー&ブラックウインドウストリップ(GT Line)そしてブラックアウトしたCピラーによる視覚的相乗効果とセグメント最長クラスとなる2,610mmのホイールベースによるものだ。スタイルは力強く、ホイールアーチを埋める17インチ大径ホイールがそれをさらに際立たせている。さらにNEW SUV e-2008の18インチホイールにはインサートが追加され、カスタマイズのしやすさ、大幅な軽量化(全ホイールで約4kg)、エアロダイナミクスの向上という3つのメリットを生み出した。

リアウインドウグラフィックスとベルトラインのキックアップされているのが特徴だ。
ライオンの爪痕をモチーフに した3つのLEDリアライトは先代型にも採用されている

リアに目を移せば、こちらでもプジョーのシグネチャーとなったライオンの爪痕をモチーフにした3つのLEDリアライトが、NEW SUV 2008の後ろ姿を特徴づけている。昼夜を問わず、リアには全グレードでこの3本爪のLEDテールがプジョーのSUVであることを主張する。加えて立体的な内部構造を持つこれには、近づいた際もその高い造形クオリティに目を奪われることだろう。リアウインドウグラフィックスとベルトラインのキックアップによるダイナミズムはプジョー新世代SUVの幕開けを担ったSUV 3008との血脈を感じさせ、きわめてクリーンな美しい造形を見せる。この力強くリアに向けて駆け上げるベルトラインは、そこに収まるブラックのガーニッシュで繋がれたリアテールライトと融合し、リアビューを引き締める。そして、ICE版ではこのリアエンドのディフューザー部分にデュアルエキゾーストが備わる。

なお、NEW PEUGEOT SUV e-2008は、ICE仕様とは外観の以下の部分が異なる。
・ボディカラーに合わせて塗装されたラジエターグリル
・ダイクロイックライオン(ライオンマークの色調が見る角度によって変化します)
・ドアミラー付け根のeマークとリアハッチのe-2008バッジ
・インサート付き18インチホイール(GT Line)

ボディサイズ:大半の立体駐車場に適合する全高1550mm、最小回転半径も減少

NEW SUV 2008は、グループPSA最新のコンパクトプラットフォーム、CMPによって、現行モデルに比べ、ボンネットが低く長く、よりタイヤが四隅に配された安定したスタンスを持つ美しいプロポーションが実現した。サイズは全長で+145mm、全幅で+30mm、全高で−20mm、ホイールベースは+70mmとなり、よりスタイリッシュなデザインとなっている。特に全高は1550mmに抑え、多くの立体駐車場に適合している。なおホイールベースの大幅な延伸にもかかわらず最小回転半径は5.4mとなっており、先代モデル(5.5m)より減少。ボディサイズの拡大によるユーティリティ向上にもかかわらず、日常での運用面ではさらに使いやすくなっている。

【新型】全長 4305 mm、全高 1550mm、全幅 1770mm、ホイールベース 2610mm、最低地上高 205mm
【先代型】全長 4160mm、全高 1530mm、全幅 1740mm、ホイールベース 2540mm、最低地上高 150mm

ユーティリティ:ラゲッジ容量クラス最大級434ℓ、SUVらしい使い勝手を実現

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)として、リアシートおよびラゲッジスペースの使いごこちはきわめて重要な要素だ。これらの広さは新プラットフォームCMP採用モデルで最大であり、この点が、NEW SUV 2008をとりわけ汎用性の高いSUVにしている。

ラゲッジスペース容量は、クラス最大級の434ℓ。可動式のフロアボードを備え、ハイポジションにセットすることで荷室を上下に区切ることができる。さらに荷物がある際は、6:4分割可倒式のリアシートバックを倒せば、最大1,467ℓの空間が出現。リアゲートの開口部は低くて大きく、壁面もフロアもフラットだ。リアシートの広さもまた、新プラットフォームCMP採用モデルで最大だ。トランクスペースのモジュラー性はリアシートを折り畳むと実質的にフラットな床となるこの2ポジションフロアによって確保されている。

リアシートを立てた状態かつ高さをリアシートバックまでで計測した場合の434ℓは現行2008比+74ℓ、リアシートを倒して室内高までで計測した場合の1467ℓは+295ℓと大幅な向上を見ている。また、先にデビューしたコンパクトハッチバックNEW 208比ではそれぞれ+68ℓ、+304ℓとSUVらしいユーティリティを提供する。

インテリアは、他にもさまざまな新しい収納スペースが用意されているため、日常的に必要なものはすべて納めることができる。従来のドアポケットとグローブボックスに加え、フロントセンターアームレスト下、シフトレバー前にも必要にして十分な収納スペースがある。さらに、センターコンソール下部にも隠された収納スペースがあり、そこにはQi規格準拠のスマートフォン非接触充電エリアとそのカバーがあり、スマートフォンをスマートに収納することができる。

インテリアデザイン:SUVに、さらなる革新のテクノロジーを。

NEW SUV 2008のインテリアは、自動車におけるUI/UXの革新、PEUGEOT i-Cockpitの新世代バージョンである3D i-Cockpitが採用されている。登場以来500万人以上のドライバーから支持を得ているi-Cockpitは、小径ステアリングホイールを採用することで、ステアリングの上からメーターを確認することによる視線の確保、肘が下がり脇を締めたコンパクトなドライビングポジションによるステアリング操作の少ない動線など、優れた資質を持っている。この本質的なコンセプトはそのままに、NEW SUV 2008では、さらに五感でときめくようなエルゴノミクスを実現している。

新型は208に通ずる最新の3D i-Cockpitが採用されている。
こちらは先代型。こちらも立体的でダイナミックなデザインだが、新型と比べると古臭く感じる。

ホログラムのように情報を立体視で映し出すデジタルヘッドアップインストルメントパネルは、ドライバーにとって必要な情報を重要度に応じてレイヤー化表示したものだ。このことで運転時のドライバーの情報に対する反応性が約0.5秒向上(プジョー調べ)する。NEW208で初めて搭載されたこのPEUGEOT 3D i-Cockpitは、BセグメントSUVにおいても真のイノベーションを起こしているといえるだろう。効率性、見やすさ、安全性においてつねに最高レベルにあり、あらゆる面で運転環境を改善する。

ホログラムのように情報を立体視で映し出すデジタルヘッドアップインストルメントパネル

シートもまた、多様性を秘めている。GT Lineにはホールド性の高いダイナミックシートを装備。スポーティドライビングをしっかりと支える。シート素材にはアルカンタラ&テップレザーを採用しており、ドライブトレインに応じて色を変えてある。NEW SUV 2008はダークグレー、NEW SUV e-2008はライトグレーのアルカンタラをあしらい、ステッチパターンもそれぞれの個性を反映している。GT Lineではダッシュボードからフロントドアにつながるインテリアアンビエンスランプを設定。7色のなかからドライバーの好みや気分でその日のナイトドライブを彩るに相応しい色を選ぶことができる。Allureには、快適性を重視したコンフォートシートをセレクト。ファブリック&テップレザーのシート素材がカジュアルかつアクティブなテイストだ。

SUV 2008 GT Line
SUV e-2008 GT Line

THE POWER OF CHOICE:コンパクトSUVにパワートレインを選ぶという価値を。ガソリンと電気、ふたつのパワートレインを同等に選択可能

すでにNEW 208でその価値観を提示し、話題をさらったTHE POWER OF CHOICEのフィロソフィーをプジョーはNEW SUV 2008でも打ち出す。NEW SUV 2008とってICE(Internal Combustion Engine=内燃機関)とEV(電気モーター)は対等な存在だ。機能、装備、スペースなど自動車としての基本を同等とした上で、ユーザーのライフスタイル、使用状況、好みなどに応じて自由に選んでいただくことが可能だ。つまり、従来の一般的なイメージであるガソリン車が普通の自動車、EVが高価格車、高級車という考えを払底する。これこそが、Groupe PSAが提案する実際に購入し、日々の生活を共にするなかで月々の所有コスト/運用コストを同等にするTCO(Total Cost of Ownership)コンセプトだ。このコンセプトは、Groupe PSAの最新世代の車両プラットフォーム CMP (Common ModularPlatform) の上に成り立っている。このBセグメントおよびCセグメント専用のあたらしいプラットフォームは、その名が示すように、ディメンジョンとパワーユニットのバリエーションに高い柔軟性を備えている。その最大の特徴は居住空間、ラゲッジスペースなどを限りなく同一にしつつ、BEV、ICEのすべての動力源に対応しており、お客様はICEまたは電気モーターのいずれかのパワートレインを自由に選んでいただけることだ。

このあたらしいプラットフォームはNEW SUV 2008のCO2排出量の抑制に多大な貢献をしている。
• 軽量化(対PF1プラットフォーム比で30kgの軽量化)
• 改良されたエアロダイナミクス(フラットなフロアパン、電子制御エアインテーク)
• 転がり抵抗の削減(駆動系およびサスペンションなどのフリクションの低減)
• パワートレインの最適化(燃焼圧力の向上、ダウンサイジング、フリクションの低減、トランスミッションのレシオカバレッジの拡大、アイドリングストップの標準化)

また、CMPによって快適性と安全性が大きく向上した。
• 乗車時の低騒音化および温度管理による快適性の向上、振動レベルの低減
• 一般的により上のセグメントにのみ搭載されるはずの、Bセグメントでは前例のない各運転支援機能
なお、EVバージョンの場合、リアサスペンションのトーションビームに重量増による横方向の負荷に対応するためパナールロッドが追加されている。

NEW SUV 2008 ガソリンモデル:定評のPureTech 1.2ℓターボ、130ps/230Nm

NEW SUV 2008のガソリンモデルのパワートレインは定評のPureTech 1.2ℓターボエンジンの進化型を搭載しており、最高出力130ps、最大トルク230Nmを発揮する。このエンジンは世界各国の自動車評論家やジャーナリストの投票によって決められるインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで2015年の登場以来5年連続で選出されたマスターピース。いままでの3気筒のイメージを覆す低振動、低騒音とドライバーの意図に忠実なトルクデリバリーに定評がある。GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を装着し、排ガスのクリーン化とともに燃費を改善している。BセグメントSUVにして19.2km/ℓ(JC08モード)、17.1km/ℓ(WLTC)という優れた燃費は、エンジンはもちろんのこと、CMPとBセグメントSUV最多段数(2020年9月現在)となる電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8による相乗効果だ。

ドライブモードはエコ、ノーマル、スポーツから好みや状況に応じて選べる。さらにSUVらしく、日常からエスケープするためにラフロードを行くという選択肢をドライバーに用意すべくGT Lineはアドバンスドグリップコントロールを搭載。ラリーフィールドで鍛えたノウハウによる制御アルゴリズムで、あらゆる路面で最適なトラクションを確保。さらにこれは急な斜面でも確実に降りられるようにヒルディセントコントロールと統合制御される。

NEW SUV e-2008 EVモデル:100%エレクトリックのコンパクトSUV JC08モード385kmの航続距離を実現

NEW SUV e-2008は、100%電動パワートレインを搭載した日本で初めてのBセグメントコンパクトSUV(2020年9月現在)だ。電気モーターは最高出力136ps(100kW)、最大トルク260Nm、搭載バッテリーは50kwh。JC08モードで385kmの航続距離となっている。自然吸気ガソリンエンジンで2.6ℓ相当の最大トルク260Nmのゼロ回転から発生させ、瞬時の応答性を発揮するこで誰もが運転しやすく、かつ刺激的なドライビング体験を約束する。エモーショナルなドライビング体験はICEでもEVであってもプジョーにとって極めて欠かせない要素だ。それは自動車業界が100年に一度の変革期、エナジートランジションの時と言われている中でもモビリティにとって必要なものであると考えているからだ。“UNBORING THEFUTURE(退屈な未来は、いらない。)”というヴィジョンのコンパクトSUVにおける具体像がこのNEW SUV e-2008なのだ。

NEW SUV e-2008は3つのドライビングモードを用意している。
• Sport:パフォーマンスとフィーリングにプライオリティ  100kw/260Nm
• Nomal:日々の利用における快適性の最適化  80kw/220Nm
• Eco:航続距離の最大化  60kw/180Nm

また、ブレーキモードはふたつの選択が可能で、ドライバーはギアシフターの操作で望みの回生ブレーキ強度を選ぶことができます。
• D:内燃機関でのエンジンブレーキ、アクセルオフの挙動をシミュレートし、自然な走行感  を重視
• B:エネルギー回生を強化。アクセルペダルだけでより積極的に減速をコントロール

50kwhリチウムイオンバッテリーは、液冷ヒートポンプで充放電時のバッテリー温度の管理と最適化を図っています。このバッテリーは一個当たり約13.1kgのモジュールを18個組み合わせ、総体積約220ℓ、重量約350kgのこのバッテリーユニットを前席座面下、後席座面下、センターコンソールなどに車体を上から見たときにH型に、重量配分を考えて巧みに格納されている。ICE、EVに両対応するCMPのおかげで居住空間、ラゲッジスペースは基本同等となっている。EVは最大走行距離が注目される傾向にありますが、シティコミューターとしてのランニングコストの低さ、運転のしやすさ、コンパクトさもまた重要だ。50kwhのバッテリー容量は日本のユーザーの一般的な自動車の使用状況で充分な走行距離を確保できており、各充電設備で随時充電することで利便性を確保できるようになっている。バッテリーの保証は8年、16万キロとなっている。

先進運転支援と安全性:最新の先進運転支援システム(ADAS)を全車標準

現代のモビリティを語る上で、安全性は極めて重要だ。NEW SUV 2008は安全性と先進運転支援システム(ADAS)に関して、これまでのBセグメントSUV、コンパクトSUVの基準を凌駕する充実度を誇る。装備とテクノロジーレベルはプジョーのフラッグシップ508に肉薄しており、さらにアクティブセーフティブレーキなど基本機能は全グレードに標準搭載。オプション等で費用を追加する必要がないことも特筆すべき点だ。

アクティブセーフティブレーキ

508同様の最新世代アクティブセーフティブレーキです。508同様、自動車、二輪車、歩行者、夜間検知に対応している。※全車に標準装備

アクティブセーフティブレーキイメージ図

アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)

前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作無しで追従する。3秒以上経過した場合はワンアクションで設定速度まで回復。渋滞時の加減速にも対応している。※全車に標準装備

レーンポジショニングアシスト

左右の車線の任意の左右位置(無段階)をドライバーが選び、その白線から一定の距離を保ったまま走行可能だ。一般的には左右両車線の中央をキープするが、本システムは、左右車線内のドライバー任意の位置をキープ。好みや例えば右側は工事でガードレールが迫っている場合にやや左寄りを走る……など乗る人の感覚に寄り添った制御ロジックが特徴だ。ほぼ全速度域でステアリング補正を実施。アクティブクルーズコントロールとともに先進的な運転支援をドライバーに提供する。※全車に標準装備

レーンポジショニングアシストイメージ図
アクティブクルーズコントロールイメージ図

このほかにもレーンキープアシストやプロキシミティスマートキー、トラフィックサインインフォメーションなどが標準装備される。

価格はSUV 2008が299万円〜、SUV e-2008が429万円〜

NEW SUV 2008 Allure

パワートレーン:1.2 ℓ直列3気筒ターボ 90kW/5,500rpm(130ps)、230Nm/1,750rpm
トランスミッション:8速オートマチック EAT8
車輌重量:1270kg
税込価格:299万円

NEW SUV 2008 GT Line

パワートレーン:1.2 ℓ直列3気筒ターボ 90kW/5,500rpm(130ps)、230Nm/1,750rpm
トランスミッション:8速オートマチック EAT8
車輌重量:1270kg
税込価格:338万円

NEW SUV e-2008 Allu

パワートレーン:交流同期電動機 100kW/5,500rpm(136ps),
260Nm/300−3,674rpm
トランスミッション:オートマチック
車輌重量:1580kg
税込価格:429万円

NEW SUV e-2008 GT Line

パワートレーン:交流同期電動機 100kW/5,500rpm(136ps),
260Nm/300−3,674rpm
トランスミッション:オートマチック
車輌重量:1600kg
税込価格:468万円

NEW SUV 2008 / SUV e-2008のデリバリー時期については、NEW SUV 2008が10月中旬以降、NEW SUV e-2008が11月以降と予定されている。先日発売された208も実力が高いだけにSUV 2008 / SUV e-2008も楽しみだ。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ