Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 2008

【2020年の推しカー|アウディ e-tron スポーツバック】最新技術だけでなく感激もぎっしり詰まっている!(生方聡)

このエントリーをはてなブックマークに追加

生方聡さんが選んだ「2020年の推しカー」は、ランドローバー・ディフェンダー、プジョー SUV e-2008、アウディ e-tron スポーツバック。電気自動車が2台ランクインしているが、特に感銘を受けたのが e-tron スポーツバック。これに触発されて、生方さんも電気自動車を購入するに至った。

TEXT●生方聡(UBUKATA Satoshi)

第3位:ランドローバー・ディフェンダー「機能性重視なのにスタイリッシュ。オトコ心を鷲掴み」

ラダーフレーム構造からモノコック構造になったことが物議を醸したが、実際に乗ってみるとそんなフレームの種類が気にならなくなるくらいの走破性能を披露してくれるランドローバー・ディフェンダー。先代のモチーフを随所に取り入れたネオレトロなデザインも大好評だ。

ランドローバーきってのオフローダーであるディフェンダーが、現代のデザインとテクノロジーで蘇った。機能性重視のデザインや設計であるにもかかわらず、とても垢抜けていてスタイリッシュ。シンプルなデザインのコックピットも、オトコ心を鷲づかみにする魅力的な仕上がりだ。

実際に試乗してみると、本格的オフローダーを謳いながら、オンロードでも運転は楽しく、乗り心地も快適。全幅が2mあるので、狭い駐車スペースに入るときには気を遣うが、走り出してしまえばサイズはあまり気にならなくなる。せっかくSUVを買うなら、このくらい振り切れたモデルがいい。

第2位:プジョー SUV e-2008「429万円からの価格はお買い得。輸入コンパクトEVの火付け役になりそう」

205mmの最低地上高を確保しつつ、全高が1550mmに抑えられているSUV e-2008。50kWhのバッテリーを搭載し、一充電あたりJC08モードで385kmの走行が可能だ。

輸入ブランドのEVが増えてきているなかで、サイズ、性能、価格のバランスが良いのが、プジョーe-208とSUV e-2008。SUVブームのいまだけに、ちょっと背の高いSUV e-2008に食指が動いてしまうのだが、それでも1550mmに抑えられた全高は、立体駐車場を使う機会が少なくない私には好都合だし、床下にバッテリーを積むEVだけに、走らせても落ち着いた動きを見せ、乗り心地も快適。

もちろん、パワーも十分すぎるレベルで、これで価格が429万円からとなると、かなりお買い得ではないか。輸入コンパクトEVの火付け役になりそうな一台だ。

第1位:アウディ e-tron スポーツバック

日本市場に初めてアウディが送り込んだ電気自動車がe-tron スポーツバックだ。95kWhのバッテリーを搭載し、航続可能距離は405kmを実現(WLTCモード)。普段はリヤモーターを駆動してエネルギー消費を抑え、急加速や滑りやすい路面など必要に応じてフロントモーターも駆動する。

正直なところ、運転するまでは「いいクルマなんだろうね」くらいの、ちょっと醒めた目で見ていたe-tron スポーツバックだったが、走らせてみたら、その仕上がりのすごさに驚き!

圧倒的なパワーを持っているのに、動きは洗練されていて上品。アウディの技術の粋を集めていながら、それをひけらかすことなく、とてもフレンドリー。そして、ここぞという場面でも、涼しい顔でそのポテンシャルを使い切ることができる頼もしさ。

最新技術だけでなく、「アウディって、こういうブランドだよね!」の感激がぎっしりと詰まったe-tronは、いまのアウディを象徴するプレミアムEVだと思う。

アウディで初めてカメラ式のサイドミラーを採用。画像はドアに取り付けられたモニターに映される。
フロントフードの下はこの通り、収納スペースとなっている。試乗車には電源ケーブルが収められていた。

2020年に買って良かったモノ:フォルクスワーゲン e-ゴルフ

アウディ e-tron スポーツバックに刺激を受けて、勢いで買ってしまったのが電気自動車のe-ゴルフ。ゴルフGTIからの乗り換えですが、EVの世界もなかなか楽しい。家で充電できないのが辛いところですが、それでもいまのところは、なんとかやってます(笑)。

『2020年の推しカー』は毎日更新です!

いよいよ2020年もラストスパート! ということで、今年(2019年12月〜2020年11月)に発表・発売されたクルマ(マイナーチェンジ・一部改良・追加モデルなどすべて含みます)の中から、「他人はどうか分からないが、個人的に大好きだ!」という"推しカー”を3台、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ