Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. シトロエン|CITROEN
  4. C5エアクロス

【2020年の推しカー|シトロエンC5エアクロスSUV】ガソリンモデルの乗り心地の良さは1000万円級だ!(岡崎五朗)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年から続く人気テレビ番組『クルマでいこう!』のキャスターとしても活躍する岡崎五朗さんが選んだ「2020年の推しカー」の第1位は、シトロエンC5エアクロスSUVのガソリンモデル。1000万円は払わないとこれ以上乗り心地のいいクルマは手に入らないと絶賛だ。

TEXT●岡崎五朗(OKAZAKI Goro)

第3位:レクサスLCコンバーチブル「日本車の中でもっとも刺激的な音を聴かせてくれる」

2020年6月に追加されたレクサスLCのコンバーチブルモデル。ソフトトップの開閉に必要な時間はわずか15秒。50km/h以下なら走行中も開閉操作が可能だ。

3位はレクサスLCコンバーチブル。試乗前からその華やかかつ優雅な存在感に心惹かれていたのだが、真冬の富士で試乗してさらに気に入った。完璧な風のコントロールとよくできた空調によって外気温0度でも素晴らしく快適なオープンエアクルージングを満喫できた。加えてオープン化したことで5LV8エンジンの咆哮がよりストレートに聞こえるようになったのも嬉しい。これほど刺激的ないい音を聴かせてくれる日本車は他にはない。

第2位:メルセデス・ベンツGLB「往年のメルセデス味を色濃く感じさせるフットワーク」

メルセデス・ベンツのSUV で9車種目となるGLB。Gクラスを彷彿させるスクエアなフォルム、いざというときに役立つ3列シートで登場以来、高い人気を集めている。

次にメルセデス・ベンツGLB。事務的に言えば3列シートを備えるコンパクトSUVとなるが、キモはその乗り味。とくにガソリンエンジンを積む上位グレード「250 4マチックスポーツ」の重厚でまったりしたフットワークは往年のメルセデス味を色濃く感じさせる。僕は90年式の300E(W124)を日頃の足として使っているが、他ではなかなか味わえない独特のフィーリングをもっとも強く感じさせてくれるのが、SクラスでもEクラスでもなくGLBだというのはとても興味深い。

第1位:シトロエンC5エアクロスSUV「乗り心地のいいクルマが欲しいなら是非試乗を」

2020年4月に追加された、シトロエンC5エアクロスSUVのガソリンエンジンモデル。ディーゼル車よりも120kg軽く、約23万円安い。乗り心地にもお財布にも優しいのが嬉しい。

乗り心地と言えば、シトロエンC5エアクロスSUVに追加されたガソリンエンジンモデルの卓越した快適性にも驚かされた。

ディーゼルモデルも特筆に値する快適性の持ち主だったが、フロントを中心に120㎏軽くなったガソリンエンジンモデルのフットワークにはさらに磨きがかかっている。適度に軽快でありながら、路面と絶対に喧嘩をしないと心に決めたかのような優しいタッチは乗っていて心も身体も芯から癒やされる。少なくとも1000万円は払わないとこれ以上乗り心地のいいクルマを手に入らない。それが415万円となればコストパフォーマンスの高さは抜群だ。

歳をとってきたせいか、最近乗り心地のいいクルマに惹かれるわけだが、同じように感じている人がいたらシトロエンC5エアクロスSUVには是非試乗してみて欲しい。

2020年に買って良かったモノ:ホンダ・クロスカブ

都内移動用の足として割り切って購入したものの完全に見くびってました。タフで便利なだけじゃなくカブは走らせてもメチャメチャ楽しいバイクでした。とくに「自動遠心クラッチ付きロータリー式マニュアルトランスミッション」は、無段変速のスクーターとは異次元のファントゥライドを与えてくれます。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ