Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

【2020年の推しカー|スバル・レヴォーグ】実際に買いました!今のナンバーワンは間違いなくこの車!!(橋本洋平)

このエントリーをはてなブックマークに追加

86/BRZレースでチャンピオン(クラブマンシリーズエキスパートクラス)を獲得している、腕っこき自動車ジャーナリストの橋本洋平さんが選んだ「2020年の推しカー」はホンダ・シビック タイプR、ランドローバー・ディフェンダー、スバル・レヴォーグ。レヴォーグは実際に自身が購入するほどの熱の入れようだ。

TEXT●橋本洋平(HASHIMOTO Yohei)

第3位:ホンダ・シビック タイプR「攻めれば攻めるほどクルマが応えてくれる」

ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディションは鈴鹿サーキットでタイムアタックを実施。FFモデルで最速となる、2分23秒993を記録。ルノー・メガーヌRSトロフィーRの2分25秒454を上回った。

事実上のファイナルモデルとして登場したリミテッドエディションは、世界限定1000台、日本の割り当ては200台という超レアモデル。それが単なるエンブレムチューンではなく、やり切った感が伝わってきたところに魅力を感じる。

遮音材の排除やBBSホイールの採用など地道に軽量化をするところはタイプRらしい部分。懸念材料だったクーリングやブレーキも見直し、サーキットでの性能を見つめ直したところも好感触だ。

鈴鹿サーキットを走れば、ベースモデルよりも遥かに軽快に動き、攻めれば攻めるほどクルマが応えてくれる。アクティブダンパーの制御を変更して、ベースモデルよりも2倍近く減衰を高めたことも、その軽快さに繋がっている。

とはいえ、スイッチひとつでコンフォートモードにすれば、しなやかな動きにも変化するところは現代流か⁉︎ 街乗りでも十分に対応できそうだ。

噂によれば次期モデルでもタイプRは継続する模様。サーキットが本拠地となるナンバー付きの世界を、是非とも継続して欲しいと願うばかりである。

リミテッドエディションは専用のBBS製20インチ鍛造アルミホイールを採用し、バネ下重量を軽量化。タイヤはハイグリップなミシュラン・パイロットスポーツCup2を履く。

第2位:ランドローバー・ディフェンダー「タワマンを手にした成功者のような気分に一瞬でなれる」

11月からは2021年モデルの販売も始まったランドローバー・ディフェンダー。ロングボディの110では3.0Lディーゼルターボが選べるようになった。また、価格も改定されてショートボディの90は529万円〜となっている。

全幅も全高も約2m。ホイールベースは約3mという巨体のディフェンダーは、その場にあるだけで圧倒される。今やSUVが当たり前の世の中だが、それら全ての上をいく存在感はアッパレだ。乗り込んで信号待ちをしていても、周囲の誰よりも視界は高く、タワマンを手にした成功者のような気分に一瞬でなれるところも魅力のひとつ。こんなクルマがショートボディであれば400万円台後半(※2021年モデルからは529万円〜)から用意される環境は嬉しい。

もうひとつ個人的に心に刺さったのは、ヘリテイジを感じさせながら、キチンと新しさが得られているデザインだった。昔懐かしの角張った部分と、ボリューム感あるフェンダーラインの融合は見ていて飽きない。

乗ればエアサスでゆったりとした乗り味。モノコックとなったが、その乗り味がラダーフレームを彷彿とさせる質感のような気もしてくるから面白い。

都心じゃなかなか乗るのは大変だが、いつか手にしてみたい一台だ。

ランドローバー・ディフェンダー

第1位:スバル・レヴォーグ「時にはスポーツカー、時にはリムジンのような乗り味に」

「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したスバル・レヴォーグ。STI SportにはドライブモードセレクトやZF製電子制御ダンパーなどの専用装備が与えられ、他グレードよりも走りの質感が引き上げられている。

コレは実際に買ったから第1位! フルインナーフレームの強固なボディと2ピニオンパワステ、そしてSTIに準備されるアクティブダンパーにより、スポーツカーのような立ち振る舞いから、リムジンのようなゆったりとした乗り味まで幅広く対応してくれるところが気に入った。

それに加えてアイサイトXはかなりのシーンでドライバーを支援してくれるから大満足。ハンズオフも渋滞時には有効で、両腕をを下げて過ごせるから、肩こりも楽になったような。これでマッサージ機能でも付いたら最高か⁉︎ いや、寝ちゃうか。

いまは納車半月で新婚状態だからイヤなところはさほど見えていないが、将来的にも概ね納得できそうな手応えはある。やっぱり今のナンバーワンは間違いなくレヴォーグだ。

スバル・レヴォーグ

2020年に買って良かったモノ:ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト

レースを失い現実逃避したのがバイクだった。1月に中古で購入したこのブレイクアウトは、あちこち出かけ4000キロを走破。だが、その時点でディーラーからお電話が。「在庫が無くて困っているので買値以上で良いから売ってくれませんか?」とのこと。そこで10月末にお別れした。

遊ぶだけ遊ばせてもらいながら実質タダとは申し訳ないが、今年買って良かったのは、贅沢した割に財布が痛まなかったブレイクアウトだ。

『2020年の推しカー』は毎日更新です!

いよいよ2020年もラストスパート! ということで、今年(2019年12月〜2020年11月)に発表・発売されたクルマ(マイナーチェンジ・一部改良・追加モデルなどすべて含みます)のなかから、「他人はどうかわからないが、個人的に大好きだ!」という"推しカー”を3台、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ