Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

【予算別ベストSUV・3選】予算600万円以内ならボルボXC40。走り、乗り心地、価格のすべてが魅力的!|生方聡

このエントリーをはてなブックマークに追加

生方聡さんが選ぶおすすめSUVは、予算300万円までならスズキ・ジムニー、予算600万円までならボルボXC40、そして価格無制限ならアウディe-tronスポーツバックをセレクト。特にXC40は輸入コンパクトSUVの中では出色の存在だという。

TEXT●生方聡(UBUKATA Satoshi)

予算300万円までなら「スズキ・ジムニー」

「贅沢三昧の世の中で、潔い道具感が魅力的」

スズキ・ジムニー(148万5000円〜)

モデルチェンジですこしモダンになったが、小型オフローダーとしての無骨さを受け継ぎ、あいかわらず孤高の存在を続けるジムニー。贅沢ざんまいのいまのクルマと見比べると、その潔さはとても魅力的で、頼れる道具として、いつもそばに置いておきたいSUVである。

スズキ・ジムニー

予算600万円までなら「ボルボXC40」

「走りは軽快、乗り心地は快適、価格はリーズナブル!」

ボルボXC40(409万円〜)

北欧スタイルのモダンなデザインが魅力のボルボのなかで、扱いやすいサイズがうれしいコンパクトSUVがこのXC40だ。

最近の改良で、全グレードで電動化を進めて、プラグインハイブリッド車と48Vマイルドハイブリッドをラインアップ。さらに近い将来、電気自動車が加わる予定だ。この電動化により、ガソリンエンジン仕様でも力強い加速を楽しむことができ、一方、プラグインハイブリッド車なら、電気自動車とハイブリッドの良い部分を、無理なく楽しめるのがうれしいところ。しかも、走りは軽快で、乗り心地も快適。居心地の良い室内も大きな魅力で、その完成度はきわめて高い。それでいて、価格もリーズナブルなだけに、輸入コンパクトSUVを考えているなら、ぜひチェックすることをお忘れなく!

ボルボXC40(写真は左ハンドル仕様車)

予算が無制限なら「アウディe-tronスポーツバック」

アウディe-tronスポーツバック(1327万円〜)

無理矢理SUVというくくりに入れてしまった感はあるが(笑)、いま一番ほしいと思う魅力的なSUVが、アウディ渾身の電気自動車であるアウディe-tronスポーツバックだ。

アウディは、よりSUVらしいデザインのアウディe-tronと、全高1615mmのSUVクーペスタイルが与えられたアウディe-tronスポーツバックの2本立てで、電気自動車の世界に参入したわけだが、都会的デザインと力強い加速、洗練された走りは、まさに新時代のアウディにふさわしい極上の仕上がり。自慢の4WD技術であるクワトロは、電気仕掛けになっても、過去の経験が受け継がれ、300kWという圧倒的なパワーを余すところなく路面に伝えてくれるのだ。常に自然で軽快なフィーリングのハンドリングを実現するところも、まさにクワトロの魅力であるし、これまで以上に運転が楽しいクルマである。

自動車メーカーが本気で電気自動車をつくるとこうなる、という見本がこのアウディe-tronスポーツバックで、こんなクルマで電気自動車デビューしたいと思う、憧れの一台だ。

アウディe-tronスポーツバック

『予算別ベストSUV・3選』は毎日更新です!

ますます人気が盛り上がっているカテゴリー、SUV。自動車メーカーも開発に力を入れており、ラインアップが充実しているのはうれしいのだが、どれを選べばいいのか迷ってしまいがち。

そんな迷えるSUVオーナー予備軍のために、「予算300万円まで」「予算600万円まで」「予算無制限」といった具合に予算別のベストSUVを紹介。毎日、自動車評論家・業界関係者に3台選んでいただくので、明日の更新もお楽しみに。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ