Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. カローラレビン

1.6リッターDOHCエンジンを搭載したTE27カローラ・レビンが登場!【クラシックカーフェスティバル・トヨタ車編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

例年なら関東圏で数多くの旧車イベントが開催されるが、今年は新型コロナウイルスの影響により中止が相次いだ。そんななか、創意工夫によりコロナ対策を万全としたイベントが開催された。今回はトヨタ車をクローズアップしてみた。

TEXT&PHOTO◎増田 満(MASUDA Mitsuru)

万全のコロナ対策により12回目を向えた北本市でのクラシックカーフェスティバル

古いクルマが好きなら人なら1度はミーティングや展示イベントに足を運んだことがあるだろう。特に国産旧車を対象としたものは、例年なら春先から始まり、真夏を避けて冬が始まるまでの毎週末ごとに各地で開催されてきた。

ところが今年は新型コロナウイルスの影響により、多くが開催を断念している。今年1月に「日本旧軽車会」という団体が開催した「佐野ニューイヤークラシックカーミーティング」では、実に2020年中26ものイベントを開催予定としていたが、それらの多くが開催を中止してしまった。

その「日本旧軽車会」が協力して毎年開催されてきた北本総合公園での「クラシックカーフェスティバル」が、新型ウイルス感染拡大防止策を徹底することで無事に開催された。平時なら舞台となるヒートベアーズ北本スタジアムに150台規模での開催になるが、今回は車両と車両の間に7メートルの距離を保ち、かつ参加車両を埼玉県内在住者限定とした。

会場になったのは北本総合公園内にある野球場「ヒートベアーズ北本スタジアム」。マウンド周辺を避け、芝生となる外野に車両を展示するのが特徴だ。
朝の9時45分から、来場者を迎える前に主催者が開会式を行った。だが今年は参加者が集まらないよう配慮され、マイクによる挨拶が中心になった。

例年なら「北本きくまつり」と併催されることで大勢の来場者があり、車両には各種の賞典が用意されるコンテストも行われていたが、今回はそれもない。また車両以外に販売ブースなどが設けられるが、それも1出店のみ。とはいえ、少なくない来場者が足を運ばれていた。

会場で唯一となった出店は手作りキーホルダーの店「ぬくもり刻印Leather Chain」。購入者が選んだ素材を見ているその場で加工してくれる。
ぬくもり刻印Leather Chainの品揃えの一部だが、革製品ならではの温かみが伝わってくるものばかりだ。

今回は90台規模の展示車からトヨタ車をクローズアップしてみよう。

まず紹介したいのは、連綿を続く伝統の車名であるクラウンの初代モデルだ。海外のモデルをノックダウン生産することが主流だった1950年代当時、純国産にこだわって開発。1955年に発売されたのが初代トヨペット・クラウン。この日展示されたのは1957年式の1.5リッターモデルだ。

1957年式トヨペット・クラウン。1960年の小型車枠拡大で1.9リッターエンジンになる前のモデル。映画の劇中車だそうだ。

続いては1961年に初代が発売されたトヨタの大衆車であるパブリカ。わずか700ccしかない空冷2気筒水平対向エンジンを新開発して、徹底した低コスト主義により開発。38.9万円という低価格を実現した。このパブリカをベースに、1965年にはトヨタスポーツ800というスポーツカーも誕生している。

1965年式トヨタ・パブリカ。前期の700ccエンジン仕様で、AE86と交換して手に入れたとか。

パブリカは1966年のマイナーチェンジで、エンジンの排気量を800ccに拡大している。フロントを中心にデザインも刷新され、いわゆる後期型に発展する。写真は後期型のコンバーティブルで、フルオープン4座モデルとして人気だった。

1968年式トヨタ・パブリカコンバーティブル。正式車名はコンバーチブルではなくコンバーティブル。

パブリカはその後、パブリカ・スターレットへモデルチェンジして、1978年からは単にスターレットと車名を変更している。そのスターレットは1984年発売モデルから駆動方式をFFへ転換。写真は1989年にモデルチェンジした4代目で、思い切りよく改造されていた。

1990年式トヨタ・スターレットは新車からの1オーナーで走行距離は35万キロ。ガラス4枚はアクリルに変更。

クラウンとともに現在まで車名が続いているトヨタの看板車種といえばカローラ。1966年発売の初代以降、進化を繰り返すことになるが、2代目からはスポーツグレードのレビンがラインナップされた。小さなカローラのボディにセリカ用1.6リッターDOHCエンジンを載せ、ラリーやレースで大活躍。写真はマイナーチェンジ後の1973年式だ。

1973年式トヨタ・カローラレビン。DOHCエンジンだけでなくオーバーフェンダーなどの装備も話題になった。
こちらも同年式のレビンで、ボンネットを開いていると質問してくる人が絶えなくなるほど人気。

一方、カローラ自体は1983年にモデルチェンジした5代目から、駆動方式をFFに転換して話題になった。写真は1985年式のGLサルーンで、現在は2代目オーナー。なんと走行距離は驚愕の7000キロ台!

1985年式トヨタ・カローラGLサルーンは驚くほどコンディションがよく、装備もフルオリジナルを保っていた。
コンディションが良いのも納得で、初代オーナーは毎年トヨタディーラーで点検整備していた。走行距離は7000キロ台!

FFに転換したカローラだが、スポーツモデルのレビンだけはFRが継続された。型式名AE86として有名なモデルで、今も高い人気を維持している。この日はフルオリジナル状態とライトチューンされた2台のAE86が参加していた。

初代カローラ・レビンにはセリカ用1.6リッターDOHCの2T-G型エンジンが搭載された。このエンジンはセリカ用に新開発されたもので、2機のソレックスキャブレターを備えて115psを発生した。その初代セリカは鮮やかなブルーが印象的な写真のモデルだ。

1973年式トヨタ・セリカは新車からの1オーナー。鮮やかなブルーと同時に上へ跳ね上がるシザーズドアに変更。

また初代セリカには1973年、2ドアクーペだけだったボディに3ドアファストバックのLB(リフトバック)が加わった。リヤをテールゲートにしただけでなく、フロントもボンネットを延長。さらに2リッターDOHCエンジンが新たに加わった。

セリカは初代クーペとLBの2台が参加。こちらは1976年式のトヨタ・セリカLBで、このイベントに3回目の展示。

トヨタ車の最後を飾るのは、昭和平成とハイソカーの代名詞であったソアラだ。1981年に初代が発売されたソアラは、1986年のモデルチェンジで2代目へ発展。この2代目の目玉は2リッター直列6気筒DOHCエンジンをツインターボ過給する1G-GTEU型エンジンが搭載されたこと。写真は1988年にマイナーチェンジして後期型になったモデルで、2リッター最上級グレードだったGTツインターボLだ。

1989年式トヨタ・ソアラ2.0GTツインターボL。数年前に後輩の家で眠っていたものを復活させたそうだ。

秋らしい晴天に恵まれたこの日の模様は、また追ってご紹介しよう。

クラシックカーフェスティバル

・開催日:2020年11月14日
・開催場所:埼玉県・北本総合公園内野球場ヒートベアーズ北本スタジアム
・主催:北本市都市公園指定管理者/協力:日本旧軽車会

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ