Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

日産アルマダ | サファリの血を継ぐクルマの最新型だ!! 日本じゃ買えない最新“サファリ”姉妹車、日産アルマダ、2021年モデルが登場!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて日本では日産サファリとして販売されていた大型四輪駆動車があった。その血脈を受け継ぐのが北米市場で販売されている日産アルマダだ。先日発表された2021年モデルをご紹介しよう。

日産アルマダは北米市場で販売されている大型SUVで、最大8人乗りまで設定されている快適なシートと、柔軟な使い勝手を誇るカーゴルームで好評を博している。

現行のアルマダは2016年に発売された二代目になるが、実は中東市場などで販売されている六代目の日産パトロールとほぼ同じクルマだ。

この日産パトロールは1951年に初代が発売され、日本でも販売されていたが、日本では1980年発売の三代目から、日産サファリの名前で販売されるようになった。

つまり日産サファリの初代は日産パトロールの三代目モデルということだ。刑事アクションドラマ『西部警察』で使用されたことから、日本ではサファリの名前の方が圧倒的に有名だろう。

日産サファリは三代目(日産パトロールとしては五代目)まで日本で販売され、2007年に終売となったが、海外における日産パトロールとしては販売が続けられ、2010年に六代目がデビューして現在に至っている。そしてこの六代目パトロールの姉妹車が二代目アルマダであるため、サファリの血を引くモデルと言えるのだ。

今回発表になった2021年モデルは、フルモデルチェンジではないものの、日産ブランドのSUVのフラッグシップとして、従来モデルよりもさらに高いレベルのプレミアムスタイル、快適性、動力性能や運動性能が与えられている。

2021年モデルはフロントとリヤまわりの新しいデザインを刷新、LEDヘッドライトとテールライトへの変更、新色の追加など、外観イメージを大幅に変えている。また、ロゴは日産の新しいものとなった。

モダンなイメージでな再設計されたインテリアは、シンプルで力強いもの。再設計されたセンターコンソールには、大きな12.3インチのカラーディスプレイがはめ込まれ、Wi-Fi、ワイヤレスAppleCarPlay®、ワイヤレス・スマートフォン充電器なども備えている。

搭載された5.6ℓのV8エンジンはクラス最高の400psを誇り、キャンピングトレーラーなどの牽引が珍しくない北米市場では、必須とも言える装備である、牽引ヒッチレシーバーとトレーラー・スウェイコントロールを備えた統合トレーラーブレーキコントローラーが初めて装備されたのも大きな話題だ。

さらにNissanSafetyShield®360を含む多数の安全技術と、インテリジェント・レーン・インターベンション、インテリジェント前方衝突警告、ブラインドスポット・インターベンションなどの安全機能が備えられている。

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ