Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. N BOX

【新型ホンダN-BOX】フロントフェイスの存在感アップ!オシャレな「コーディネートスタイル」も新登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年から3年連続販売台数ナンバー1を記録し続けている軽自動車界の王者、ホンダN-BOXが2020年12月24日にマイナーチェンジを発表した。デザイン変更とコーディネートスタイルの追加、ホンダセンシングのアップグレードが行われている。

TEXT●大音安弘(OTO Yasuhiro)

エクステリアデザイン変更とコーディネートスタイル追加が目玉トピック

N-BOXシリーズは、2011年12月の初代の発売以来、累計販売台数180万台を超えるホンダ軽のヒット作だ。近年のセールスも好調で、日本の新車販売全体で3年連続、軽自動車に限定すれば、5年連続でトップを独走。まさに敵なしの一台となっている。

現行型となる2代目は、2017年8月に発売。登場より丸3年を迎え、初のマイナーチェンジが実施された。市場から好評のヒット作だけに、改良点は限定的だ。

最大のトピックは、エクステリアデザインの変更となる。N-BOXには、標準仕様とドレスアップ仕様の「カスタム」の2種類が用意されるが、いずれのフロントマスクにもフェイスリフトが実施された。

愛らしいマスクが特徴の標準車は、丸形ヘッドライトの輪郭を強調することで、よりぱっちりした目元に。より親しみやすい顔立ちとなった。

ホンダN-BOX

基本的なデザインは踏襲しているが、フロントグリルのメッキ加飾を上部から中央に変更することで、視覚的に重心を下げることで、見る人に安定感のある走りを予感させる。さらにフロントバンパーのロアグリルの中央にメッキバーを追加することで、ワイド感を演出。元気な軽ワゴンからにこやかで上品なワゴンへと成長させている。

新型
マイナーチェンジ前

一方、男性人気の高いクールなN-BOXカスタムは、顔立ちを大きく刷新。スポーティな従来マスクと比べると、力強さが強調されている。

ホンダN-BOXカスタム

具体的には、フロントグリルとヘッドライトを結ぶアッパーグリルを立体化。ロアグリルの拡大により、ワイド感を演出。さらにフロントバンパー左右のメッキ加飾を幅広感のあるデザインに改めた。

またナンバープレートの位置が右側のオフセットから、標準的な中央配置となった点も新しい。これにより標準車とカスタムでは、フロントのナンバー位置が異なることに。これらの改良で、押し出し感も強まり、カスタム仕様のワゴンらしさが高まったといえよう。

新型
マイナーチェンジ前

インテリアは、カラーコーディネートの変更が中心。標準車は、ダッシュボード本体とドアトリムなどが従来型の明るいベージュからダークブラウンへと変更。シート表皮は、従来型同様に、ベージュ×ライトグレーを受け継いでいる。

カスタム仕様では、ブラック基調の内装は受け継がれるものの、質感を高めるマルチブラック塗装の加飾を刷新し、深みを与えた。シート表皮は従来型のままだが、アクセントとなるシート中央のストライプをガンメタ仕上げとした。いずれの仕様にもシートバックテーブルが追加される。

新N-BOXでは、新たなスタイルの提案も行われる。それが「コーディネートスタイル」だ。これは外装色の2トーンルーフを発展させ、内外装共に、カラーコーディネートを行ったものである。

標準車では、ルーフカラーをブラウンに統一。エクステリアのアクセントとして、メッキハンドルとディッシュタイプのカバーが備わった14インチのスチールホイールを装備。インテリアはダークブラウンとし、塗装加飾やシート表皮もブラウンとすることで仕立ての良さを引き立てている。

コーディネートスタイル
コーディネートスタイルのインパネ
コーディネートスタイルのシート
コーディネートスタイル専用14インチブラウンスチールホイール+ハーフホイールキャップ(シルバー)

カスタムでは、ボディカラーに合わせてブラックルーフもしくはシルバールーフがセット。切削加工とブラッククリア塗装を施したスポーティなデザインのアルミホイールを装備。アルミホイールは、自然吸気エンジン仕様が14インチ、ターボ仕様が15インチとなり、それぞれデザインも異なる。

インテリアは、ブラック内装に、マルチボルドー塗装加飾のアクセントに加え、シートに風合いと手触りに優れるプライムスムース合皮シートとした。シート表皮には、ボルドーのアクセントストライプも加わる。標準車のコーディネートスタイルよりも、ちょっとリッチなテイストとなっている。

コーディネイトスタイル(ブラックルーフ)
コーディネイトスタイル(シルバールーフ)
コーディネートスタイル
コーディネートスタイル
コーディネートスタイル専用14インチアルミホイール
コーディネートスタイル専用15インチアルミホイール

機能面では、先進の安全運転支援機能のパッケージ「ホンダセンシング」の一部機能のアップデートを実施した。

ホンダセンシングで用いられるセンサーやカメラ類

例えば、「路外逸脱抑制機能」の約120km/hまでの作動領域の拡大や警報の強化、「アダクティブクルーズコントロール(ACC)」の約30km/hから約120km/h対応、「車線維持支援システム」の約120km/hまでの作動領域拡大や手放し検知の追加などが行われている。

パーキングセンサーシステム
その中でも特に活用できそうなのが、後方誤発進抑制機能の進化だ。センサーを4つに拡張することで、検知能力を高めるだけでなく、パーキングセンサーとしても活用できるようになった。

この他にもN-WGNより導入した新CVT制御を取り入れることで、快適な加速と適切なエンジンブレーキが得られるように改良。これによりシフトポジションがLレンジからSレンジへと変更。より幅広い領域で活用できるレンジとなった。もちろん、Sレンジでもブレーキを踏むと、Lレンジ相当のエンジンブレーキ効果が得られる。

質感にも拘るホンダの軽自動車Nシリーズの主力であるN-BOXだけに、その完成度は高く、マイナーチェンジでの改良点も限定的に留められている。しかしながら、お洒落軽ワゴンらしい新スタイルの提案は、新たな顧客だけでなく、小まめに乗り換えを行う既存ユーザーの心も捉えるだろう。個人的には、好感触であったN-WGNの新CVT制御が、取り入れれたことを評価したい。

N-BOX 価格
G 142万8900円(FF)/156万2000円(4WD)
L 155万9800円(FF)/169万2900円(4WD)
L・ターボ 175万8900円(FF)/189万2000円(4WD)
EX 165万8800円(FF)/179万1900円(4WD)
EX・ターボ 180万9500円(FF)/194万2600円(4WD)
L コーディネートスタイル 177万9800円(FF)/191万2900円(4WD)
L・ターボ コーディネートスタイル 188万9800円(FF)/202万2900円(4WD)

N-BOXカスタム価格

L 176万9900円(FF)/190万3000円(4WD)
L・ターボ 196万9000円(FF)/210万2100円(4WD)
EX 187万9900円(FF)/201万3000円(4WD)
EX・ターボ 201万9600円(FF)/215万2700円(4WD)
L コーディネートスタイル 197万8900円(FF)/211万2000円(4WD)
L・ターボ コーディネートスタイル 209万9900円(FF)/223万3000円(4WD)

N-BOXカラーバリエーション

プレミアムさんライトホワイト・パール
プラチナホワイト・パール
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール
ピーチブロッサム・パール
プレミアムガットブラウン・パール
ブリティッシュグリーン・パール
タフタホワイトIII
プラチナホワイト・パール&ブラウン(コーディネートスタイル)
ピーチブロッサム・パール&ブラウン(コーディネートスタイル)
プレミアムアイボリー・パールII&ブラウン(コーディネートスタイル)

N-BOX EX(FF) 主要諸元
※[ ]内は4WD

■ボディサイズ
全長×全幅×全高:3395×1475×1790mm
ホイールベース:2520mm
車両重量:930[990]kg
乗車定員:4名
最小回転半径:4.5[4.7]m
燃料タンク容量:27[25]L(軽油)

■エンジン
型式:S07B
形式:水冷直列3気筒DOHC16バルブ
排気量:658cc
ボア×ストローク:60.0×77.6mm
圧縮比:12.0
最高出力:43kW(58ps)/7300rpm
最大トルク:65Nm/4800rpm
燃料供給方式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)

■駆動系
トランスミッション:CVT

■シャシー系
サスペンション形式:Fマクファーソンストラット・Rトーションビーム[ド・ディオン]
ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク・Rリーディング・トレーリング[ベンチレーテッドディスク]
タイヤサイズ:155/65R14

■燃費
WLTCモード:21.2[19.8]km/L
・市街地モード:18.7[17.5]km/L
・郊外モード:22.5[21.0]km/L
・高速道路モード:21.6[20.2]km/L
JC08モード:27.0[24.2]km/L

N-BOXカスタム カラーバリエーション

プラチナホワイト・パール
シャイニンググレー・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムグラマラスブロンズ・パール
ミッドナイトブルービーム・メタリック
プレミアムベルベットパープル・パール
プレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラック(コーディネートスタイル)
プラチナホワイト・パール&ブラック(コーディネートスタイル)
ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー(コーディネートスタイル)

N-BOX カスタム EX・ターボ(FF) 主要諸元
※[ ]内は4WD

■ボディサイズ
全長×全幅×全高:3395×1475×1790mm
ホイールベース:2520mm
車両重量:960[1020]kg
乗車定員:4名
最小回転半径:4.7m
燃料タンク容量:27[25]L(無鉛レギュラー)

■エンジン
型式:S07B
形式:水冷直列3気筒DOHC16バルブ
排気量:658cc
ボア×ストローク:60.0×77.6mm
圧縮比:9.8
最高出力:47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク:104Nm/2600rpm
燃料供給方式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)

■駆動系
トランスミッション:CVT

■シャシー系
サスペンション形式:Fマクファーソンストラット・Rトーションビーム[ド・ディオン]
ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク・Rリーディング・トレーリング
タイヤサイズ:165/65R15

■燃費
WLTCモード:20.2[19.0]km/L
・市街地モード:17.4[16.6]km/L
・郊外モード:21.7[20.3]km/L
・高速道路モード:20.7[19.4]km/L
JC08モード:25.0[23.0]km/L

ホンダN-BOX|これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は? N-BOXで幸せを感じる瞬間は?」

3年連続(2017〜2019年)で新車販売のトップに輝いているホンダN-BOX。なぜ、N-BOXはそんなに人気があるのか? それを解明す...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ