Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ダイハツ|DAIHATSU
  4. タフト

ダイハツ・タフトG | タント&ロッキーとは長所も短所も瓜二つ。設計の根幹に関わる部分の改良が短期間では進みにくい一括企画開発の弱点が露呈 ダイハツ・タフトG 500km試乗インプレ:スズキ・ハスラーとは見た目も走りも似て非なる直接のライバル。だが…?【最新の軽&コンパクトはファーストカーとして使えるか?】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイハツ・タフトG

コロナ禍が猛威を振るう昨今、プライベートな空間を保ちながら自由に移動できるマイカーの良さが見直されつつある。

そこで、クルマの運転のブランクが大きいペーパードライバーや高齢者、あるいはこの機会に運転免許を取得した初心者にオススメなのが、安価かつ狭い道でも扱いやすい軽自動車やコンパクトカーだ。しかし、肝心の帰省や旅行でも、家族みんなが快適に過ごせるのだろうか?

「最新の軽&コンパクトはファーストカーとして使えるか?」と題したこの企画、4台目はダイハツの軽クロスオーバーSUV「タフト」。NA(自然吸気)エンジンを搭載する上級グレード「G」のFF車で、高速道路約300km、一般道約200kmのルートを走行した。

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
PHOTO●遠藤正賢、ダイハツ工業、スズキ

初代スズキ・ハスラー
「やっとスズキ・ハスラーのライバルが現れたか」

2020年6月にダイハツ・タフトが発売された時、こう思ったクルマ好きや業界関係者がどれほどいるか定かではない。ともあれ、ハスラーの初代モデルは2013年12年にデビューしたが、その後6年半の長きにわたり、軽クロスオーバーSUVのカテゴリーはハスラーの寡占状態にあった。

ダイハツ・キャストアクティバ
「独占」ではなく敢えて「寡占」と表現したのは、ダイハツがキャストアクティバという軽クロスオーバーSUVを2015年9月に発売していたからに他ならない。だが、キャストにアクティバ・スタイル・スポーツの3タイプを設定したことで各タイプの存在感が薄れ、キャストスポーツともども2020年3月に生産を終了している。

【ダイハツ・タフトG(FF)】全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm ホイールベース:2460mm 最低地上高:190mm アプローチアングル:27° デパーチャーアングル:58°

こうしてキャストアクティバの実質的な後継車として生を受けたタフトだが、実車を見て触れて乗るほどに、ハスラーともキャストアクティバとも大きく異なるモデルとして作られたことが見えてくる。

2019年12月にデビューした現行二代目スズキ・ハスラー
エクステリアは、ハスラーとキャストアクティバがスクエアなフォルムに丸基調のディテールを用いることで、マッシブさの中にレトロ感と可愛らしさを同居させているのに対し、タフトはノーズ先端を除いてフォルムもディテールもスクエアで力強い、SUVらしさを最大限強調したものとなっている。

テスト車両は165/65R15 81Sのヨコハマ・ブルーアースFE AE30を装着
また、タイヤサイズがハスラーとキャストアクティバが165/60R15なのに対しタフトは165/65R15と一回り大きく、最低地上高も前二車の180mmに対し190mmとなっているのも、見た目の印象に大きく影響している。

スクエアな造形にオレンジの加飾パネルをアクセントとして加えた運転席まわり。エンジンフードの両端が運転席から見えるため車両感覚は掴みやすい

インテリアも同様に、タフトはスクエア基調のゴツゴツしたデザインと触感で、加飾パネルもオレンジのアルマイト調と、若い男性が好むであろうテイストでまとめられている。しかし、その質感はお世辞にも高いとは言えず、デザインそのものも子供臭いというのが率直な印象だ。

センターコンソール上に配置されたEPBとオートブレーキホールド機能のON/OFFスイッチ
問題のセンターコンソール。パネルの凸部がシート座面のやや上、膝の位置にあるのが写真からも見て取れる

一方、ダイハツ車として初めて全車標準装備されたEPB(電動パーキングブレーキ)およびオートブレーキホールド機能を含め、各スイッチ類は直感的に操作しやすい。だがセンターコンソールの形状が非常によろしくないのは、同じDNGAプラットフォームを用いるロッキーと同じで、パネルの凸部が旋回時に膝の急所に当たりやすく、その時の不快感は言語に絶する。ダイハツは両車とも早急に設計を見直してほしい。

ライトグレーの表皮で明るい印象のリヤシート
黒を基調にオレンジのステッチが入れられたフロントシート
後席を倒しフレキシブルボードを上段に設置すればフラットで汚れに強い荷室ができる。奥行き×幅×高さは36~124×86×77cm(筆者実測)
フレキシブルボードを立てかければ奥行き×幅×高さ=25×87×15cm(筆者実測)のサブトランクが生まれる

なおタフトは前席のシート・トリムを黒基調、後席以降をライトグレー基調に色を分け、居住空間とラゲッジスペースの境界を視覚的に表現している。後席は背もたれが見た目にも小さく、さらに倒せばフラットな荷室フロアが得られることからも、乗員の掛け心地は割り切られているだろうと推測した。

だが実際に座ってみると、座面が大きく厚みがあり、さらにヒップポイントの沈み込みが大きい形状で背もたれの小ささを補っているため、望外に快適。身長176cm・座高90cmの筆者が座ってもヘッドクリアランスは約10cm、ニークリアランスは25cmほどあり、広さも充分だ。逆に前席は、背もたれの分割位置の窪みが大きいため肩と腰の間がやや浮いてしまい、フィット感が悪く感じられた。

スカイフィールトップは全車ともスーパーUV&IRカットガラス仕様。サンシェードも備わる

そして、現行モデルの軽自動車としては唯一となる大型ガラスルーフ「スカイフィールトップ」を設定し全車に装着したのも、タフトが持つ大きな特徴の一つ。この装備のおかげで確かに頭上の見晴らしは良く、同乗者には大いに喜ばれそうではあるが、ドライバーがその恩恵に与るのは信号待ちの時程度だ。

オープンカーを総計10年以上所有する筆者の主観を敢えて言えば、車重は重く、重心は高く、ヘッドクリアランスは狭く、価格は高くなるうえ、肝心の開放感もむしろ減るという五重苦を背負わされる、この手のガラスルーフとサンルーフはタダでも欲しくない装備の最右翼。特にタフトはインパネ上端とサイドウィンドウの下端が高く、室内の閉塞感が強い傾向にあるため、ぜひレスオプション設定をしてほしいと願わずにはいられない。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ