Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

レクサスが新コンセプトカー「LF-Z Electrified」を世界初公開。25年までの全モデル電動化も発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の潮流に乗り、レクサスも電動化を加速する。EV専用プラットフォームを採用したコンセプトカー「LF-Z Electrified」を世界初公開。2025年までに全車種に電動車を設定するなど、ブランド変革に向けた取り組みを発表した。

25年には電動車の販売比率がガソリンエンジン車を上回ることを目指す

3月30日、レクサスは「LEXUS CONCEPT REVEAL SHOW」を通じて、今後のブランド変革に向けた取り組みを明らかにした。

まずは電動化について。レクサスは2005年のRX400hの発売以来、20年末までに約193万台のHVやEVなどの電動車を販売してきた。現在では、世界約90の国と地域で9車種の電動車を展開している。

25年までに約20車種の新型・改良モデルを投入するが、そのうち、電動車は10以上を占める予定だ。また、25年までには全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることが目標だ。また、50年には走行のみならず製造から廃棄、リサイクルまでを含めたライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを目指すという。

クルマづくりの新たな拠点を24年3月に開設

そうしたクルマづくりの拠点とすべく、レクサスは24年3月に新たな事業所を開設する。場所はトヨタテクニカルセンター下山(愛知県豊田市)だ。

この事業所は、レクサス棟とメッセ棟で構成される。

レクサス棟は開発の中心となり、1階にガレージエリア、2階にオフィスエリア、3階にデザインエリアが設けられる。

ガレージエリアでは、ニュルブルクリンクのピットのように、あらゆる機能のメンバーがプロジェクトごとに集まり、現場でのリアルなクルマづくりと最先端のデジタル機能を融合させ、アジャイル開発を進めていくという。

デザインエリアでは常にクレイモデルを前にデザインを行うなど創造性を引き出す工夫を随所に施すほか、デザイナーのみならず生産技術や空力など実験部のメンバーもデザイン開発において新しいアイデアを議論できる環境を整える。

一方のメッセ棟は、社外のビジネスパートナーとの共創の場となるという。そのために、クルマに触れながらコミュニケーションの取れるガレージや多目的ホールを設ける。

新施設の全景イメージ。左がレクサス棟、右がメッセ棟。
レクサス棟・1階ガレージのイメージ。
レクサス棟・2階オフィスエリアのイメージ。
レクサス棟・3階デザインエリアのイメージ。
メッセ棟のイメージ。

EV専用プラットフォーム採用のコンセプトカー「LF-Z Electrified」

レクサスが掲げる今後のブランド変革を象徴するコンセプトカーが、「LF-Z Electrified」だ。

プラットフォームはEV専用のもので、モーターを前後に搭載した四輪駆動モデル。その制御には「DIRECT4」という新技術を採用している。FF、FR、AWDといった具合に、走行状況に応じて駆動方式を適宜切り替えることも可能だ。

LF-Z Electrified
LF-Z Electrified
LF-Z Electrified

デザインにも新しい考え方が取り入れられている。レクサスといえば、糸を巻き取る紡錘をイメージしたスピンドルグリルが特徴だ。ラジエターグリルが不要となるEVでは、スピンドル形状をボディ全体の造形として表現する「スピンドルボディ」に挑戦したという。

インテリアにも「Tazuna」と称する新コンセプトを導入した。ARヘッドアップディスプレイを採用してステアリングスイッチと高度に連携させ、視線移動や煩雑なスイッチ操作をすることなく、運転に集中しながらナビやオーディオ、ドライブモード選択などの操作が可能となっている。人と馬が手綱で意思疎通を図るのが発想のヒントとのことだ。

また、AIによる音声コミュニケーション、スマホでドアロック開閉が可能となるデジタルキー、前席と後席をつなぐルーフセンターのタッチパネル、次世代のマークレビンソンオーディオ、室内の静粛性を向上させるノイズキャンセリングなど、先進機能が満漢全席となっている。

LF-Z Electrified
LF-Z Electrified

2021年、レクサスは2車種の新型モデルを発表予定

レクサスは今年、2車種の新型モデルを発表する予定だ。また、25年までに投入するニューモデルの中には、スポーツモデルやこれまでにない新ジャンルのモデルも含まれるという。変革の時を迎えようとしているレクサスの今後が楽しみになってきた。

LF-Z Electrified

【LF-Z Electrified・主要諸元】

全長(mm):4,880
全幅(mm):1,960
全高(mm):1,600
ホイールベース(mm):2,950
重量(kg):2,100
航続距離[WLTP](km):600
バッテリー容量(kWh):90
充電電力(kW):150
電池:リチウムイオン電池
冷却方式:水冷
0-100km加速(秒):3.0
最大速度(km/h):200
最大出力(kW)/最大トルク(Nm):400/700

レクサスのコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」にブリヂストンのコンセプトタイヤが採用!

ブリヂストンは4月5日、レクサスが今年3月に「LEXUS CONCEPT REVEAL SHOW」で世界初披露したEVコンセプトカー「LF-Zエレクト...

あわせて読みたい

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ