Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ランドクルーザー

【プロが選ぶ最強のお買い得車|トヨタ・ランドクルーザー ZX】圧倒的なリセールバリューの高さ! グレードは最上級"ZX"がイチオシ

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・ランドクルーザー ZX

自動車メーカーの開発者を経て自動車ジャーナリストに転身した吉川賢一さんが選んだ「最強のお買い得車」は、フォルクスワーゲン・ゴルフ 7、トヨタ・アルファード、トヨタ・ランドクルーザー。特にランドクルーザーのお薦めは最上級グレードのZXで、圧巻とも言えるリセールバリューの高さが何よりも魅力だ。

TEXT●吉川賢一(YOSHIKAWA Ken-ichi)

1台目:フォルクスワーゲン・ゴルフ7 TSI コンフォートライン マイスター|323万円

「パーフェクトな仕上がりのモデルが323万円で手に入るなんて!」

フォルクスワーゲン・ゴルフ(7世代目)が日本導入されたのは2013年6月、既に8年近くが経過しました。日本では2021年6月ごろに、新型である「ゴルフ8」が導入予定とされていますが、現在販売されているゴルフ7最終型となるモデルも十分に素晴らしいクルマであり、ゴルフ7の最高傑作といえます。

同社のT-クロスやT-ロックなどの人気SUVと乗り比べた印象も、使い勝手、ダイナミック性能、環境性能など、ゴルフ7には敵っていません。「世界で最も売れているハッチバック」であり、クルマとしてパーフェクトな仕上がりのモデルが、323万円程で手に入る、ということを考えれば、「世界で最もコスパの高いクルマ」といっても過言ではないでしょう。

ゴルフ8についても、既に販売されている欧州での評判はよく、約312~375万円と、ゴルフ7よりも若干価格が下がる見込みと、期待できるモデルです。いまこの瞬間は、確実に幸せになれるゴルフ7にするか、ゴルフ8を待つか、悩ましいところかもしれません。

フォルクスワーゲン・ゴルフ7のTSIコンフォートライン マイスター。
マイスターにはデジタルメーター、駐車支援システム、LEDヘッドライトなどの特別装備が加わる。

2台目:トヨタ・アルファード(特別仕様車 S「タイプゴールド」) |424万円

「お薦めは特別仕様車。サンルーフなど人気オプションも押さえておきたい」

現在爆売れ中のトヨタ・アルファード。最廉価グレードでも386万4000円という高額車なのに、20年9月ごろからほぼ毎月1万台を超える販売台数を維持しています(※20年12月は約8000台)。

ガソリン、ハイブリッド、2WD、4WD(e-Four)と、バリエーションが豊富なアルファードですが、下取り価格が高いこともポイントです。中でもおススメなのが「特別仕様車」。人気色や人気オプション(サンルーフなど)付き車には、同年式、近しい走行距離の標準仕様車よりも、高い査定価格が付く傾向があるそうです。購入時の価格は高めですが、下取りまで考慮すれば、ミニバンの高級車を所有する優越感を感じつつ、手放すときも満足度が高い、という意味で「コスパの高いクルマ」といえるでしょう。

トヨタ・アルファード「S"タイプゴールド"」。タイプゴールドは定期的にアルファードに設定され、その都度、高い人気を誇る特別仕様車だ。
トヨタ・アルファード「S"タイプゴールド"」には、ゴールドの専用エンブレムやスモーク調のフロントグリル、専用シート表皮、メタルウッドの本革巻き4本ステアリングホイールなどの特別装備がおごられる。

3台目:トヨタ・ランドクルーザー ZX|697万4000円

「リセールバリューの高さがポイント。最上級グレードのZXを狙いたい」

いよいよモデルチェンジ間近と噂されているトヨタ・ランドクルーザー。ダイナミックな走行性能や、その存在感の大きさも魅力ですが、注目なのはリセールバリューの高さです。

このクルマが下取り査定で高額になるのは、中東地域への輸出人気の高さが理由。中古車輸出を行っている業者によると、新車登録から3~4年たったタイミングで下取りを検討するのがベスト、とのこと。年式が新しいモデルほど関税が高くなるため、数年たったモデルの方がむしろ人気となるそうです。

また、購入するのは現地のお金持ちですから、最上級グレード「ZX」を選ぶことが必須。中には、中古車オークションで1000万円を超える個体もあるほどです。大事に使っていくと、よいことがあるかもしれません。

トヨタ・ランドクルーザーの最上級グレードがZXで価格は697万4000円。エントリーグレードであるGXの482万6800円と比べると高額だが、リセールバリューまで含めて考えると"買い"はZXとなる。
17年の改良で、ZXには乗降時にステアリングが自動的にスライドして乗降をサポートする機能が追加された。
最廉価グレードのGXが5人乗りなのに対して、中間グレードのAX、最上級のZX(写真)は7人乗り。またZXではシート表皮が高級感のあるプレミアムナッパ本革となる。

『プロが選ぶ最強のお買い得車』は毎日更新です!

予算に限りがある庶民にとって、車選びの際にこだわりたい要素が「コストパフォーマンス」。つまり、その車がお買い得かどうか、ということ。ただ安ければいいというわけではありません。ポイントは「値段と性能が釣り合っているか」。だから、価格が安い軽自動車だからコスパがいいとは限りませんし、1000万円以上のスーパーカーだってその価格に見合う機能や魅力があればお買い得と言えます。

というわけで、自動車評論家・業界関係者といった「クルマのプロ」たちに、コストパフォーマンスが高い「お買い得」な新車を3台ずつ、毎日選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ