Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. ヴェゼル

ホンダ新型ヴェゼル e:HEV推しだが、1.5ℓのガソリンモデルはどうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ホンダ・ヴェゼル e:HEV X(1.5ℓのガソリンモデル「G」の広報写真がなかったので代用したが、装備レベルはほぼ同じだ)

ホンダの新型ヴェゼルが発表になった。パワートレーンは、1.5ℓDOHC i-VTEC+2モーターハイブリッドの「e:HEV」と1.5ℓDOHC i-VTEC+CVTの2種類を設定している。従来1モーターハイブリッド(i-DCD)だったハイブリッドが2モーターハイブリッド(i-MMD)になったことがトピックだ。では、エントリーモデルとなる1.5ℓガソリンモデルはどうなのだろうか?

【新型ホンダ・ヴェゼル】居心地ヨシ、コスパも高くてヒットは確実!? 売れ筋グレードは1.5Lハイブリッドの「e:HEV Z」だ

4月22日にホンダは新型ヴェゼルを正式発表、翌23日から発売を開始する。価格は1.5Lガソリンモデルが227万9200円〜249万9200円...

あわせて読みたい

ホンダのヴェゼルのパワートレーンは
■先代
・1.5ℓi-VTEC+i DCD
・1.5ℓI-VTEC+CVT
・1.5ℓI-VTECターボ+CVT
から
■新型
・1.5ℓi-VTEC+i-MMD
・1.5ℓI-VTEC+CVT
になった。
もっとも大きな変更はハイブリッドがi-DCDからi-MMDとなったことだ。
ホンダ独自の7速DCTにモーターを組み合わせたi-DCDは、フィット、フリード、ヴェゼル、シャトルなどが搭載していたが、ホンダはハイブリッド・システムをi-MMDに一本化し、「e:HEV」というバッジをつけることにしている。

ヴェゼルがe:HEV(=i-MMD)になったことで、i-DCD搭載モデルはフリード、シャトルのみになった。

e:HEV用の1.5ℓ直列4気筒DOHCエンジンLEC型 最高出力106ps、最大トルク127Nm
では、(あまり目立たないが)ノンハイブリッドの1.5ℓガソリンモデルは新型でどう変わったのか?

まずは、価格から見てみよう。ほぼ同じ装備でパワートレーン違いの
・e:HEV X(FF)265万8700円
・G(FF)227万9200円
で、ハイブリッドとガソリンの価格差は37万9500円。

先代のエントリーグレード比較では
・ハイブリッド・ホンダセンシング(FF):251万円
・G・ホンダセンシング(FF):211万円
で価格差40万円
だったから、新型では少しハイブリッドとガソリンモデルの価格差が詰まったことになる。

新型の1.5ℓ直列4気筒DOHC i-VTECの型式は「L15Z型」だ。先代は「L15B型」を搭載していた。違いはどこにあるのか?

国内初投入となるPFI版1.5ℓ直列4気筒DOHC、L15Z型

スペックは
■新型
L15Z
エンジン形式:1.5ℓ直列4気筒DOHC
エンジン型式:L15Z
排気量:1496cc
ボア×ストローク:73.0mm×89.4mm
圧縮比:10.6
燃料供給:PFI
最高出力:118ps(87kW)/6600rpm
最大トルク:142Nm/4300rpm

■先代
L15B型
エンジン形式:1.5ℓ直列4気筒DOHC
エンジン型式:L15B
排気量:1496cc
ボア×ストローク:73.0mm×89.4mm
圧縮比:11.5
燃料供給:DI
最高出力:129ps(95kW)/6600rpm
最大トルク:153Nm/4600rpm

となっている。最大の違いは燃料供給がDI(筒内燃料直接噴射)からPFI(ポート噴射)に変わったことだ。それにともなって圧縮比が11.5から10.6へ下げられた。多くのエンジンが直噴化して高圧縮比化する方向だが、ヴェゼルはPFIに戻して圧縮比も下げた。また、アトキンソンサイクルは採用していない。
「燃費と出力を高いバランスで両立し、普段使いの使いやすさを追求」がこのエンジンのコンセプトである。PFIにした最大の理由は「静粛性」だという。「必要充分な馬力と燃費のバランス」だ。このL15型のPFI仕様は海外仕様のシティなどには搭載していたが、国内には初投入となる。

トランスミッションは、フィットから採用されたステップシフト付きの新開発CVTだ。フィットと比べて重量が増えた分とタイヤサイズに合わせて、最終ギヤレシオは4.992から5.436へローギヤ化された。

燃費は
■新型e:HEV X(FF)
WLTCモード:25.0km/ℓ
 市街地モード24.7km/ℓ
 郊外モード27.1km/ℓ
 高速道路モード23.9km/ℓ
■新型G(FF)
WLTCモード:17.0km/ℓ
 市街地モード12.8km/ℓ
 郊外モード17.7km/ℓ
 高速道路モード19.2km/ℓ

だから、もちろんe:HEVとガソリンモデルではかなり差がある。とはいえ、もし、実燃費がWLTCモードの90%だと仮定すると

■新型e:HEV X(FF):22.5km/ℓ
■新型G(FF):15.3km/ℓ
ということになる。
レギュラーガソリンが148円/ℓだとすると
■新型e:HEV X(FF):6.6円/km
■新型G(FF):9.7円/km
ということになる。1km走る毎に3.1円ずつハイブリッドの方がユーザーにとってメリットがある。
ハイブリッドとガソリンの価格差は37万9500円だから
379500÷3.1=12万2419
つまり、12万2419km走ったところで、車両本体価格+燃料代がハイブリッドとガソリンモデルが同じなるということだ。


e:HEVのモーター駆動(高速走行ではエンジン直結)の気持ちよさは別とすれば、227万9200円の新型ヴェゼルのガソリンモデルという選択も、悪くない。ちなみに、ハイブリッドとガソリン仕様の車両重量の差は100kg。ガソリンの方が100kg軽く回頭性が高いのも魅力となる。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ