Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

「多摩川トライアングル」で野生動物を狙う! 果たして撮影できるか?【スズキ・ジムニーでアウトドアへ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

多摩川トライアングルと呼ばれるデルタ地帯にパックラフトに乗って向かう。目的はトレイルカメラで「野生動物」を撮影することだ。狙いは「イタチ」。果たして撮影に成功するだろうか?
TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

リュックサックタイプのドライバックを手に入れた。容量は40ℓ。パックラフトとタープを入れるのにちょうど良い大きさ。

吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。金属のルーフもエアコンもない、切替え式のパートタイムの四輪駆動車である。錆も進み、あちこちが凹んでいるので、ゆっくりと余生を送ろうとしていたが、週に1回、アウトドアフィールドに出ることとなる。

手前の川は秋川。その奥の茂みが目指す多摩川デルタ地帯だ。

ここが「多摩川デルタ」、もしくは「多摩川トライアングル」と呼ばれている場所である。歴史的には右岸(川の流れる方向を向いて、右が右岸、左を左岸と言う)に名城として名高い滝山城、少し下流には上杉軍が小田原攻めの際に渡った「平の渡し」もある。多摩川とその支流である秋川との合流で出来たデルタ地帯で、多くの種の野生動物が棲息していたと言われている。

台風で増水、その後、乾上がった川底を歩く。

その代表的な生物が「ニホンイタチ」だ。50年前であれば、「イタチ」はそれほど珍しい動物ではなく吾輩もかなり目撃している。数が減ったのは、食性となる小動物の減少、そして交通事故ではないかと思われる。

じつは3年ほど前に「多摩川デルタ」から2kmほど上流の秋川で、「イタチ」を目撃したことがある。目蔭(まかげ)という後ろ足で2本立ちをして周囲を見回す行動をしていた。

ところが、2019年の台風19号により、秋川の地形は大きく変わってしまい、その後「イタチ」を目撃することはなくなった。

だが、もしかすると、この「多摩川デルタ」には生息しているのではないかと期待して、トレイルカメラを設置してみることにした。

設置場所はまず獣道を探す。そして足跡、水場や食性も考える必要がある。周囲などをゆっくりと見て周る必要があり、徒歩で行くのがベストではある。

「多摩川デルタ」には徒歩のみでも、数カ所アクセスする場所はある。ただ、昼間と言えども、なるべく野生動物に影響は与えたくはない。「多摩川デルタ」の中に入り込まず、外周を静かに見て周ることにする。それには多摩川か秋川を渡るアプローチが必要だ。「パックラフト」の出番である。

リュックサック式のドライバックには、パックラフトとタープ一式が入っている。パドルはドライバックの外にゴムで留める。ドライバックは「濡らさない」ことが目的であるが、濡れた物を収納するのにも利用できる。
タープを広げ、その上でパックラフトを膨らます。黄色の袋がポンプバック。
ここでタープをパックラフトのカバーとして使用することを思い付く。固定するロープもタープに付属の物を使用。タープを畳む作業も省かれる。
リュックサックタイプのドライバックは、空気を入れて背もたれとする。体重を掛け過ぎると空気は漏れるようだ。
撮影機材の入ったドライバックは前に置き固定。自分自身の体重も考えて、パックラフトの重心はなるべく中央にしたい。
さぁ、出艇。流れを利用して左へ舵を取れば良さそうだ。

秋川流域を「パックラフト」で下り、多摩川流域に入る。そこから陸路で「多摩川デルタ」の東側の外周にたどり着くのがベストだろう。

また、水路を選ぶことで、「イタチ」の食性、「小魚、ザリガニ、水生昆虫」などを探しながらのアプローチも可能だ。

実際のところ、水中を探してみてもこれらの生物はなかなか見つからない。台風の影響でこの地域はすべて水に浸かり、環境ごと流されたのであろう。

秋川流域と多摩川流域では川底の高さが異なる。多摩川側は浅く流れが速い。そこで秋川流域の入り江にパックラフトを入れ込み、パックラフトを多摩川に陸路で運ぶ。これができるのも、3kg以下と軽いパックラフトの成せる技だ。

川魚も数匹の鯉以外は、数の少ない小魚の群れを確認出来たに過ぎなかった。「イタチ」に限らず、「猪」、「ウサギ」、その他の野生動物は今も生存して、ここで繁殖は可能なのだろうか。不安ではあるが、とにもかくにもトレイルカメラを設置してみる。

トレイルカメラの設置期間は一カ所に1週間とする。今回は多摩川側に設置。「多摩川デルタ」の中央にあった水場はすでに乾上がってしまっている。野生動物達が生存しているのなら、水を求めて必ず川に出て来るはずだ。

多摩川流域。流れがあるので、パドルをパックラフトに引っ掛けて上流に進む。漕いで上るよりも楽である。
足跡のように見えるが、これは蟻地獄、ウスバカゲロウの幼虫の罠だろう。蟻がここに落ちると登れずに補食される。
こちらは足跡と思われるが、動物は不明。思ったよりも足跡は多くない。あまり多摩川側には野生動物は出てきていないようである。

多摩川側は「多摩川デルタ」の茂みから多摩川までの距離がかなり長い。植物のない河原が続く。これでは野生動物は身をさらす危険性が高い。これに対して秋川側は距離が短く、すぐに水場にアプローチできる。吾輩は設置場所を間違えてしまった可能性も大いにある。次回は秋川側にトレイルカメラを設置してみることにする。

トレイルカメラを獣道らしき通路に仕掛ける。1週間ほど放置する予定だ。駄目なら秋川流域で、今度は水場を探す必要がありそうだ。
帰りは多摩川の流れに乗る。楽ちん。
秋川流域へ戻り、トレイルカメラを次回に設置する場所を探す。奥に見える団地は昭和の憧れ。

さて、「イタチ」に限らず、野生動物の撮影はできるのであろうか。彼らが生息域を増やし、再生してくれる事を願ってはいるのである。

ー吾輩はスズキ・ジムニーである。型式はM-JA71C。名前はまだないー

濡れた物を乾かしながらの休憩。エアマットと蚊取り線香があれば、夏はこれで過ごせそうだ。

本日のランチは、ロールキャベツでいこう

業務スーパーで美味しそうなレトルト食品が目に留まる。本来なら湯煎か電子レンジでの調理だが、メスティンで温めてみよう。
先週やり損ねた焚き火台のレポート。大手通販サイトで1799円の焚き火台。ステンレス製。上下をひっくり返すことで、4種類の高さ調整ができる。炭の場合は浅く、薪の場合は深くが良い。バリ等はない。
ロールキャベツのトマト煮。煮詰まることを想定して少量の水を加えておく。
手間のかかる料理のロールキャベツの出来上がり。コールスローを添えて。
豚の角煮。思ったよりも柔らかくはない。白髪葱とカラシが欲しい。
メスティンの位置をずらして火力調整を行なう。
ピリピリチキン。部位は手羽元。このシリーズの製品は、どれも量が多く、楽しめる。
See you! Next week!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ