MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. 大車林
  4. エンジン
  5. ディーゼルスモーク

エンジン ディーゼルスモーク diesel smoke

  • 2019/05/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディーゼルエンジンから排出される微粒子。ディーゼルエンジンは希薄燃焼であり、理論的にはスモークは発生しないはずである。しかし基本的には成層燃焼であり、局部的に燃料が濃い部分があるため、この部分で遊離カーボンが発生する。燃焼しきらないで排出されるため、微粒子(パティキュレート)によるスモークとなる。また出力を増大させるために燃料を濃くすると、シリンダー中において燃料のさらに濃い部分が増加するため、スモークはいっそう多くなる。スモークの低減にはシリンダー中になるべく燃料の濃い部分をつくらないようにするとともに、排気系でカーボンなどをトラップし燃焼させる方式がある。コモンレール式の燃料噴射システムの出現とともに、燃料噴射量の微妙な制御が可能となり、ディーゼルエンジンの排気レベルは大きく改善されつつある。

-大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech