MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. エンジンデータブック
  4. その他の国のメーカー
  5. GM
  6. 筒内ガソリン直噴方式を採用した新鋭V8 [Small Block V8]

V型8気筒 5.3〜6.6ℓ(シボレー・タホ、コルベット、シルバラードHD etc.) BMEP:13.0bar Chevrolet Corvette 筒内ガソリン直噴方式を採用した新鋭V8 [Small Block V8]

このエントリーをはてなブックマークに追加

■LT2
気筒配列:V型8気筒
排気量:6162cc
内径×行程:103.25mm×92.0mm
圧縮比: 11.5
最高出力:369kW/6450rpm
最大トルク:637Nm/5150rpm
給気方式:自然吸気
カム配置:OHV
吸気弁/排気弁数:1/1
バルブ駆動方式:ロッカーアーム
燃料噴射方式:DI
VVT/VVL:In-Ex/×
(Chevrolet Corvette)

アメリカ車を代表する大排気量OHV・V8。そのGMに於ける系譜は、8.0ℓ級の「Big Block」と、6.0ℓ級の「Small Block」に大別され、現存するのはSmall Blockの第5世代に属する「LT1」ブロックである。吸排気系は旧態依然に見えるOHVのままながら、筒内直噴を採用して厳しい規制に対応している。ボア径が3種、ストローク長は92㎜で、4.3ℓ/5.3ℓ/6.2ℓのバリエーションを持ち、そのうち6.2ℓのLT系は主に高性能ロードカーに使われる。需要の大多数を占めるピックアップトラック(PUT)用は、EcoTec3と呼ばれるVVTと気筒休止(AFM)を備えたモデルになっている。2020年にはボア103.25mmのL86型のストローク延長版であるL8T型が登場。LT系に用いられる鍛造クランクや焼結コンロッドを転用し、PUT特有の高負荷運転に対応する。L8T型ではなぜかAFMをはじめとする省燃費技術は実装備であり、アメリカ車固有のエンジン環境が垣間見える。