テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/30
  • 遠藤正賢

【東京モーターショー2017】豊田合成は次世代コックピット&フロントモジュール、歩行者や乗員の衝撃を吸収する「フレスビー2」を公開

同社製品を満載した「安全・環境ワイヤーフレームデモカー」も展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレスブリーフィングで出品内容を説明する豊田合成の宮﨑直樹社長
10月27日より11月5日まで東京ビッグサイトで開催されている「第45回東京モーターショー2017」で、豊田合成は東5ホールにブースを構えている。

その中で同社は、『~Technology for Goodness~「安全で環境にやさしく快適なクルマづくり」に貢献』をテーマに、2020年頃の自動運転・電動化時代への対応コンセプトモデルとして、「次世代コックピットモジュール」と「次世代フロントモジュール」を公開。さらに、2030年頃の超小型モビリティを想定したデザインコンセプトモデルとして、歩行者や乗員の衝撃を吸収する「フレスビー2」を出品している。
次世代コックピットモジュール

「次世代コックピットモジュール」は、自動運転時代にクルマに運転を任せてリラックスできる車内空間を創出するために、ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)として機能するインストルメントパネルやコンソールボックスを搭載。また、カメラやセンサーでドライバーの状態を検知する機能を持つ「次世代ステアリングホイール」も備えている。

次世代フロントモジュール

「次世代フロントモジュール」には、自動運転システムを支えるカメラやミリ波レーダなどを内蔵したグリルモジュール、運転状態をLEDで周囲に知らせる外装コミュニケーションランプのほか、クルマの軽量化やデザイン性向上に貢献する樹脂製ボディを採用した。

フレスビー2エクステリアコンセプト

前回の東京モーターショーに出品されたエアバッグカー「フレスビー」の進化形といえる「フレスビー2」は、エクステリアコンセプトとインテリアコンセプトに分けて出品。

エクステリアコンセプトには、「おもわず抱きつきたくなるクルマ」をテーマに、柔らかいボディを持つことで万一の歩行者との接触時に衝撃を緩和する安全機能や、LEDの光で周りのドライバーや歩行者などとコミュニケーションする機能を搭載。また、ゴムの専門メーカーであるアドバンスト・ソフトマテリアルズ社と開発した、電気の力で動く次世代ゴム「e-Rubber」を用い、クルマのボディを変形させる。

フレスビー2インテリアコンセプト

インテリアコンセプトは、乗員を包み込む柔らかな質感を持つ素材のほか、LEDによる癒しの空間の演出や、クルマと友達のように意思疎通ができるコミュニケーション機能を備えている。

安全・環境ワイヤーフレームデモカー

そのほか、安全に貢献する製品として、乗員保護エアバッグや、歩行者保護をサポートするポップアップフードアクチュエーター、ミリ波レーダ対応エンブレムなどを搭載。環境に対応した製品として、金属からの樹脂化により大幅な軽量化を実現した樹脂フューエルフィラーパイプや、クルマの低消費電力化に貢献するヘッドランプ用LED光源などを搭載した「安全・環境ワイヤーフレームデモカー」も展示している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated