MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/03
  • GENROQ編集部

何ひとつ不足のない艶やかな4ドアクーペ、新型メルセデスCLS53

メルセデスAMG CLS53 4MATIC+の衝撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
実用性を兼ね備えたスタイリッシュな4ドアクーペ、
メルセデス・ベンツCLSが三代目へと生まれ変わった。
高性能モデルのCLS53を主軸に試乗記をお届けしよう。

TEXT◎島下泰久(SHIMASHITA Yasuhisa)
PHOTO◎Daimler AG

 昨年11月のLAオートショーで世界初公開された新型メルセデス・ベンツCLSのデザインには衝撃を受けた。いや、率直に言えば「CLS、こんな風になっちゃうの?」という思いだったのだ、その時は。
 
 まず視線が向かったのはフロントマスク。逆スラントしたノーズ、台形のラジエーターグリルに、それとの一体感が強められたヘッドライトで構成されたその顔つきは、メルセデス・ベンツの新しいブランドフェイスとなる。
 
 それ以上に驚かされたのが、4ドアクーペのスタイリングだ。アーチを描くようなルーフライン、尻下がりのリヤエンドといったテーマは大枠では継承されているが、ボディ表面からはサイドシルを走る一本を除いて、シャープなエッジやラインが消し去られて、全身が滑らかな線と面で描き出されている。

 最初に見た時にはスッキリさせ過ぎとも感じた。特にリヤビューなど小さく、弱く見える感も無くはなかったのだが、今回バルセロナの陽光の下で対面した新型CLSは、その時とは随分違って見えたのだった。
 
 一番のポイントは、光の明暗によってショルダーに前後を貫くラインが現れること。これによって、しなやかさの中に背筋が一本通ったような力強さが加わる。そして、これに目が慣れてくると他のクルマが、なんとも煩雑に見えてくるのである。
 
 テールランプが分割式とされたのはトランクリッドの開口部を拡大するためだ。プロダクトマネージメント担当のセリグ・メリヤン氏は、先代では奥様に使いにくいと怒られたんだと笑いながら話してくれた。
 

 使い勝手に関して言えば、遂に後席3名掛けの定員5名となったのもトピックだ。後席バックレストは40対20対40の分割可倒式とされ、通常時でも520Lの荷室をさらに拡大することが可能となっている。

 ワイドスクリーンコクピットをフィーチャーしたインテリアはEクラスなどに準じる。柔らかいラインで構成されたデザインは、CSLのエクステリアともっともマッチング良く感じられる。64色から選べるアンビエントライトが新たに前席周辺のエアベントにまで仕込まれたのが、新型CLSならではの特徴である。

心臓部は新開発の3.0L直列6気筒ターボ+電動スーパーチャージャー+ISGとなる。

 多彩に用意されたラインナップの中でも、もっとも注目すべきはAMG CLS53 4マティック+だ。新型CLSには“AMG63”は用意されず、これが最高峰モデルとなる。
 
 その心臓は新開発の3.0L直6ターボエンジン+電動スーパーチャージャー+ISG(インテグレーテッド・スターター・モーター)である。エンジンは最高出力435ps、最大トルク520Nmを発生し、これに同22ps、250Nmのモーターアシスト“EQブースト”が加わる。ISGは減速エネルギーの回生によって蓄えた電気を、これと電動スーパーチャージャーの駆動に用いる。

 回転は至極スムーズで、サウンドも粒の揃ったストレート6ならではの上質さ。ゆっくり流しているだけでも、このクルマは堪らないものがある。しかしながら過給ラグ無しの電動スーパーチャージャーとEQブーストによる瞬発力を一度味わってしまったら、アクセルを踏まずにはいられない。一瞬で始まる仰け反るほどのダッシュは刺激的だ。回すほど活気づく吹け上がりとリニアなパワー感も文句なしの快感。電気の力で、内燃エンジンの歓びが新たな次元に達したわけである。

 
 フットワークも想像以上。可変ダンピング機能付きエアサスペンションのAMGライドコントロール+に、剛性アップとネガティブキャンバー化を図ったフロントアクスル、そして前後トルク配分可変式の4WDシステムの組み合わせは、大パワーを余裕で受け止める駆動力を発揮する一方で初期応答性に優れ、しかもその先で積極的にアクセルを入れていってもアンダーステアに陥ることがない、ドライバーの意のままになる感触に仕上げられているのだ。
 
 販売の主力となるだろうCLS450 4マティックにも触れておこう。エンジンはAMG CLS53用のターボチャージャーを小型化し、電動スーパーチャージャーを省いたもので最高出力367ps、最大トルク500Nm。ISGのアウトプットは同22ps、250Nmで共通である。

 さすがに瞬発力では劣るものの、こちらもストレート6ならではの上質感は十分堪能できる。4WDシステムがトルク配分固定式になることもあり、フットワークは安定志向だが、仕上がりはこちらも悪くない。
 
 実用性が高まり、走りも魅力十分。先進安全装備もひと通り揃い、不足しているものは何も無いと言っていい新型CLS。カギを握るのはひとえに、先鋭的に変身した姿が受け入れられるか否かだ。楽しみな日本導入は年央あたりとなりそうだ。

※本記事は2018年GENROQ6月号より転載。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る