MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/05
  • 「東新宿交通取締情報局」

オービス撤去情報! 国道19号線土岐市のレーダーがついにギブアップ!【交通取締情報】

レーダー式オービス絶滅へまっしぐら!

このエントリーをはてなブックマークに追加
旧レーダー式&Hシステムの撤去が粛々と進む中、岐阜県土岐市、国道19号線のレーダー式オービスがついに撤去された!

☆撤去オービスDATA

場所:岐阜県土岐市和泉町
道路:国道19号線
方向:東行き
キロポスト:-
種類:R型オービス
速度測定方式:レーダー式

昨年、宮城県では生き残っていた5機が一斉に撤去された。

 撤去されたのは、国道19号線を名古屋方面から塩尻方面へ向かう途中の土岐市和泉町に設置されてた旧レーダー式オービス。昨年から今年にかけて、すでに15機が撤去され、これで残りは30機。もはや、絶滅危惧種と言ってもいいだろう。

 現在、レーダー式(Hシステムも含む)に見切りをつけた警察は、現時点で唯一とも言える代替え機となるLHシステムを各地で新設しているが、先日、お伝えした大阪府のレーザー式固定オービスの動向や、北海道でレーザー式の簡易オービスを実地テストしていることを併せて鑑みれば、もしかしたら可搬式移動オービスだけではなく、固定式オービスの主役にもレーザー式を据えようとしているのかもしれない。

 それはひいては、「速度取り締まり」を民間委託することによって制裁金制度への移行にもつながる話。「やる」と言ったら必ずやる警察庁だけに、その動向から、ますます目が離せなくなってきましたよ!

PHOTO:槇村太郎(日本唯一のオービスカメラマン)

オービスの種類や最新交通取り締まり情報はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る