MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/10
  • MotorFan編集部 今 総一郎

40歳になったときに後悔したくない若者のためのスポーツカー

自由を謳歌できる20代に華を添える3モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加
筆者のまわりには「スポーツカーに乗りたかった」と後悔している40代のなんと多いことか。ひょっとしたら20代は好きなクルマに乗れる最初で最後のチャンスかもしれない。“平成生まれ”として、そんな悲劇は看過できない。20代の20代による20代のためのスポーツカーをここに提案したい。

 先日、TOKYO FMで放送されたラジオ番組「シンクロのシティ」で思わず聞き入ってしまうテーマが取り上げられていた。ズバリ、「お父さんが本当に乗りたいクルマ」だ。

 番組の冒頭では、若者のクルマ離れに歯止めを掛けるべく開発されたスポーツカー「トヨタ 86」を買うために販売店を訪ねてくるのは20代ではなく60代が大半を占めたというエピソードを取り上げ、もしかしたらファミリーカーに乗っていても心の奥底ではスポーツカーに乗りたい!というパパ、実は多いのでは?を探っていた。

 ミニバンのようなファミリーカーに乗っているパパの本音はやはり違った。家族を優先しなければならないが心の底ではBMWに乗りたいと語ったパパは、子育てにひと区切りが付いたら絶対BMWに乗ると夢見ていた。

 そんなことをイヤホン越しに聞いていたボクは思った。
(若いうちに乗っとけばよかったのに……)

 しかし、果たして若者向けのスポーツカーというのはあるのだろうか?
「トヨタ 86」や「マツダ・ロードスター」といったピカピカの新車に大金は掛けたくないし、「スバル・インプレッサWRX STI」や「三菱ランサーエボリューション」のような20~30年も昔のスポーツカーは野暮ったい。そもそも免許は大半がAT限定だ。

 思うに、いまのスポーツカーには2種類の意味がある。ひとつは、これまでのように走りの楽しさを追求したクルマだ。もう1つは、ファッションとしてのスポーツカーだ。そして、後者は圧倒的に少ない。誰もが知っているブランドで、清潔感のあるスタイリッシュな内外装をもち、運転が気軽なオートマチックトランスミッションのスポーツカー……つまり、カッコつけるためのスポーツカーだ。しかし、ボクは魅力的な3台を見つけた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る