MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/03
  • MotorFan編集部

スバル・フォレスターAdvance(2.0ℓe-BOXER):e-BOXERは、応答遅れ解消ツール……だけじゃない

SUBARU FORESTER Advance(2.0ℓe-BOXER)

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUBARU FORESTER Advance 車両価格:309万9600円
SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した新型フォレスターは、2.5ℓBOXERと2.0ℓ+e-BOXER(マイルドハイブリッド)のふたつのパワートレーンを設定する。箱根で行なわれた試乗会で、ジャーナリスト世良耕太が2.5ℓモデルと2.0ℓ+e-BOXERモデルを試した。2.0ℓe-BOXERの走りはどうか?

TEXT◎世良耕太(SERA Kota)

 フォレスターのエンジンのラインアップは2.0ℓと2.5ℓの2種類だ。2.0ℓは最高出力10kWのモーターと組み合わせたe-BOXERで、2.5ℓはシンプルにエンジンだけの力で走る。ハイブリッドシステムを搭載しているのでe-BOXERのほうが上というわけでもないし、排気量が大きいから2.5ℓエンジン搭載車のほうが上という位置づけでもない。「味の違い」だと開発者は説明する。

「もともと2.0ℓは、2.0ℓのエンジンをどう使おうかという考えから開発を始めました。どう味つけをするかです。モーターありきではありませんでした」

 そう説明してくれたのは、開発責任者を務める布目智之氏だ。2.0ℓエンジンの味つけを考えているときに、モーターを載せるプランが浮かんできた。

「モーターだから即燃費と結びつける前に、モーターの有効性ってなんだろうと冷静に考えました。すると、モーターはオンにしたときにすぐ動く。そこを使えば、我々がいま悩んでいるところ、つまり反応遅れに使えるのではないかと。燃費は大事なのですが、スバルらしく楽しくモーターを使う方法を考えてみようという思いから、e-BOXERの開発はスタートしています」

FB20型水平対向4気筒DOHC
排気量:1995cc
ボア×ストローク:84.0×90.0mm
圧縮比:12.5
最高出力:145ps(107kW)6000rpm
最大トルク:188Nm/4000rpm
燃料タンク容量:48ℓ
モーター:10kW/65Nm

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る