MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/03
  • MotorFan編集部

スバル・フォレスターPremium(2.5ℓ):エンジンの排気量の差(500cc)がパフォーマンスの差となって現れる

SUBARU FORESTER Premium(2.5ℓ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル・フォレスターPremium 車両価格:305万6400円(試乗車339万1200円op込み価格)
SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した新型フォレスターは、2.5ℓBOXERと2.0ℓ+e-BOXER(マイルドハイブリッド)のふたつのパワートレーンを設定する。箱根で行なわれた試乗会で、ジャーナリスト世良耕太が2.5ℓモデルと2.0ℓ+e-BOXERモデルを試した。まずは、2.5ℓ版である。

TEXT◎世良耕太(SERA Kota)

 2.5ℓ水平対向4気筒自然吸気エンジンを積んだフォレスター・プレミアムに乗った。別のレポートで触れるが、同じタイミングで2.0ℓ水平対向4気筒自然吸気エンジンに、最高出力10kWのモーターを組み合わせたフォレスター・アドバンスにも乗った。e-BOXER(イー・ボクサー)と呼ぶハイブリッドシステムを搭載している。

 2.5ℓに乗ってからe-BOXERに乗ってみると、2.5ℓの余力が身に染みた。さすが大排気量エンジンである。2.5ℓなので大排気量と言ってしまうのもどうかと思うが、過給ダウンサイジングが一般的な昨今では2.5ℓでも充分に大きな排気量に感じる。比較対象が2.0ℓなので、2.0ℓを基準にすれば2.5ℓは125%である。

 急な上り勾配が連続する箱根の山道だと、500ccの差、25%の差を如実に感じる。同じ道を同じように走っていても、2.5ℓはエンジン回転数が圧倒的に低い。その、エンジン回転の低さが、心理的な余裕につながる。一方、e-BOXERはなかなか威勢良くエンジン回転が上がる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る