MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/13
  • MotorFan編集部

「ここまでやられちゃうと、日本車は太刀打ちできない」プジョー208とルノー・クリオをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

難波教授のデザインウォッチング ジュネーブ・モーターショー2019編④

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF:教授、208もクリオもなかなか高評価ですね。

 ルーフを見てください。
 208もクリオも、ルーフとサイドボディを繋ぐモヒカンがありません。このクラスでここにお金をかけてくるとは。モヒカンレスになると、クルマの見え方が全然変わります。

新型208のルーフ。サイドパネルとのつなぎ目「モヒカン」がない。
こちらはクリオ。やはり仕上がりがきれいに見える。
これはトヨタ・スープラ。モヒカンありだ。

 うーん。クリオと208、という小さなクルマがここまでしっかりとやられているとヨーロッパで日本車のシェアを上げていくというのはかなり難しいことだなと今回もまた感じました。
 総合的にここまでやられちゃうと、コスト縛りの日本車は絶対に太刀打ちできないでしょうね。

MF:教授、次はアウディへ行ってみましょう!


「ヨーロッパのクルマづくりの造形の巧さを感じる」アウディe-tronのQ4とGTをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

【サイズ比較】新型プジョー208 vs 新型ルノー・ルーテシア(欧州名:クリオ)

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る