Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. インサイト

ホンダ・インサイトをトヨタ・プリウス、日産リーフ、フォルクスワーゲン・パサートと徹底比較!〈コクピット/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉

  • 2019/03/29
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダハイブリッドの代名詞とも言えるインサイトだが、いまやハイブリッドは珍しいものではない。そこで三代目となる新型インサイトは、クラスを超えた静粛性と走りを備えて登場した。今回は、宿命のライバルであるプリウス、ピュアEVのリーフ、そしてDセグメントサルーンのパサートと、それぞれ異なるカテゴリーの代表モデルをライバルとしてピックアップし、仔細に比較してみたい。

INSIGHT EX

5ナンバーのハッチバックだった先代から、3ナンバーのセダンへと変化。それでも日本の道路環境下で持て余すほどの巨体というわけではなく、最小回転半径も5.3mと小回りが利く。

■EX
全長×全幅×全高(㎜):4675×1820×1410
室内長×室内幅×室内高(㎜):1925×1535×1160
ホイールベース(㎜):2700
トレッド(㎜):前 1545 後 1565
車両重量(㎏):1390
エンジン型式:LEB
エンジン種類:直列4気筒DOHC
ボア×ストローク(㎜):73.0×89.4
総排気量(㏄):1496
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):80[109]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):134[13.7]/5000
燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
燃料タンク容量(ℓ):40(レギュラー)
モーター型式:H4
モーター最高出力(kW[㎰]/rpm) :96[131]/4000-8000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):267[27.2]/0-3000
トランスミッション形式:電気式無段変速機
変速比:前進 第一:2.454(電動機駆動)/0.805(内燃機関駆動) 第二:3.421
後退 ―
最終減速比:―
駆動方式:FF
サスペンション:前 ストラット 後 マルチリンク
ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク 後 ディスク
タイヤ・サイズ:215/50R17
最小回転半径(m):5.3
JC08モード燃費(㎞/ℓ):31.4
車両本体価格:349万9200円

助手席前のインパネにふくよかなラインを持たせた、左右非対称デザインを採用。7インチ液晶メーターや電子制御のエレクトリックギヤセレクターなど、先進的な装備も多数備わっている。Hondaインターナビは全車に標準装備。

リヤシート高;550mm
フロントシート高:490〜550mm

撮影車の「EX」はオプションのレザーシートを装備。「EX」のみで選択でき、室内の上質感を際立たせる。電動調整機能とシートヒーターは標準装備。後席は膝前が約200㎜、頭上が約20㎜。前後のゆとりと視覚的な開放感に長ける。

「EX」はマットグレー塗装の17インチアルミホイールを装備。タイヤはブリヂストンのトランザER33。
1.5ℓ直4エンジンと走行用/発電用の2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用。高速巡航時はエンジン直結で効率の良い走りを実現する。
通常時:高さ560mm 奥行き900mm
後席格納時:最小幅1030mm 最大奥行き1930mm

ノッチバックのハイブリッドセダンとは思えないほど、広くて実用的な荷室を確保。フロアの最大幅は約1350㎜と広く、床下にも小さめの収納を備える。後席は6対4分割で格納が可能。

PRIUS A“ Touring Selection ”(FF)

新型は全長が4575㎜に拡大したが、全幅、全高はMC前と共通。新型インサイトよりコンパクトだが、最小回転半径はホイールのサイズによって5.1mか5.4mとなり、ギャップが大きい。

■A“ツーリングセレクション”(FF)
全長×全幅×全高(㎜):4540×1760×1470
室内長×室内幅×室内高(㎜):2110×1490×1195
ホイールベース(㎜):2700
トレッド(㎜):前 1510 後 1520
車両重量(㎏):1370
エンジン型式:2ZR-FXE
エンジン種類:直列4気筒DOHC
ボア×ストローク(㎜):80.5×88.3
総排気量(㏄):1797
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):72[98]/5200
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):142[14.5]/3600
燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(EFI)
燃料タンク容量(ℓ):43(レギュラー)
モーター型式:1NM
モーター最高出力(kW[㎰]/rpm) :53[72]
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):163[16.6]
トランスミッション形式:電気式無段変速機
変速比:前進 ― 後退 ―
最終減速比:2.834
駆動方式:FF
サスペンション:前 ストラット 後 ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク 後 ディスク
タイヤ・サイズ:215/45R17
最小回転半径(m):5.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ):37.2
車両本体価格:300万6720円

MCにより加飾がブラックに変更されたが、基本デザインに変化はなし。センターメーターを備える左右対称のインパネレイアウトは新型インサイトと好対照だ。現行型はオプションで先進感あふれる11.6インチの縦形液晶を選べる。

リヤシート高;520mm
フロントシート高:500〜530mm

撮影車は手動調整式の合成皮革シートを装備。上位グレードには前席の電動調整機能や快適温熱シートも設定されている。後席スペースは膝前が約160㎜、頭上が約30㎜。前後のゆとりに関しては新型インサイトの方が広いと言える。

グレード別に写真の17インチか15インチのアルミホイールを装備。MC以降チタン調塗装が施されるように。
1.8ℓエンジンとモーター、トヨタ独自の動力分割機構を備えたハイブリッドシステムを採用。リチウムイオン+ニッケル水素バッテリーは後席下に搭載。
通常時:高さ720mm 奥行き890mm
後席格納時:最小幅:930mm 最大奥行き:1800mm

ハッチバックを採用するため開口部が前方に大きく開き、大きな荷物でも積み降ろしやすい。後席には6対4分割可倒機構を採用し、背もたれに格納用の操作レバーを備える。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ