MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/23
  • MotorFan編集部

〈スズキ・ハスラー〉SUV仕立ての”遊べる軽”【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加

うれしい装備

インパネアッパーボックスを開けると、停車中に使えるミニテーブルになる。耐荷重1.5㎏のため軽食時や小物の置き場として使えそう。隣には格納式ドリンクホルダーを用意する。
荷室フロアは汚れや水滴などが拭き取りやすい樹脂製で、キャンプやウインタースポーツなどで使い倒しても手入れがしやすいのが美点だ。
助手席の背もたれを前倒しすると、実測で約1930㎜の奥行きが出現。短めのサーフボードやスキー板などにも対応する。
メーターのマルチインフォメーションディスプレイには、燃費やアイドリングストップ時間、節約燃料などが表示される。
「ワンダラー」はルーフレールを特別装備するため、用品のキャリアを使えば屋根にも多くの荷物を積載できる。
メーカーオプションの全方位モニター用カメラパッケージ、対応ナビを装着すると、俯瞰や前後、サイドの映像を映し出すことができる。
リヤドアにも2本分のボトルホルダーを備える。前ドアにもポケットがあるから小物の収納には困らないはず。
インパネ中央の足元にセンターロワポケットを配置。ペットボトルをはじめ、ポーチや眼鏡ケースなどを収納できる。

SEAT ARRANGE

1名乗車+長尺ラゲッジスペース
2名乗車+最大ラゲッジスペース

後席は別々にスライドと背もたれの前倒しが可能で、助手席背もたれの前倒し機構により長尺物にも対応するほか、背もたれを倒した助手席はシートテーブルとしても使える。前席の背もたれを寝かせればセミフラットになり、仮眠など休憩時に使えるモードになる。

ハスラーとCASIOがコラボした腕時計

18年11月に登場した特別仕様車「ワンダラー」と、タフさが人気のカシオ計算機“BABY-G”のコラボモデルが同時発売。アウトドアシーンにピッタリな、ワンダラー同様のアイボリーカラーを採用し、特別感のある腕時計となっている。

バイヤーズガイド

A
G
Jターボ

ハスラーにはさらに個性的な特別設定色を用意した「ワンダラー」などのモデルもある。18年11月には「G」グレードに搭載の衝突被害軽減システムをレーダー方式からステレオカメラ方式のデュアルカメラブレーキサポートへ変更。同時に誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能も標準装備した。

全方位モニター用カメラは、「J」系と「J」ベースの「ワンダラー」にオプション設定する。UV&IRカットガラスも「J」系に標準装備で、アイドリングストップ時でも冷風が出るエコクールは「A」を除き標準で搭載。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.115 2019年 軽自動車のすべて
最新33車種徹底ガイド!!
SUVチックな軽ワゴンで行こう!!
軽スポーツに注目!
激戦のスーパーハイトにSUV風味満点のスペーシアGEARが登場!
東京オートサロン2019で見つけたスペシャル軽、一挙紹介!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る