MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/30
  • MotorFan編集部

〈ホンダCR-V〉欧州仕込みの走りが光る五代目【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:HYBRID EX・Masterpiece(4WD)
月間登録台数:1360台(18年9月~19年2月平均値)
現行型発表:18年8月
JC08モード燃費:25.8km/ℓ ※「HYBRID」系のFF車

レポート●山本晋也(YAMAMOTO Shinya)
フォト●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)
モデル●菅原樹里亜(SUGAWARA JURIA)
全幅1855㎜ 全高1690㎜ ミラー・トゥ・ミラー2125㎜
開口高665㎜

全長4605㎜ 最小回転半径5.5m

乗降性

前席:助手席シート高670㎜ ステップ高450㎜
後席:シート高700㎜ ステップ高460㎜

後席の開口部は後方が広い形状で、3列目に乗り込みやすい。ただしステップが高く感じられるので、高齢者にはサポートも考慮したい。前席はステップ高、開口形状とも満足いくもので、シートに自然と腰を降ろしやすい。

テールレンズの意匠はCR-Vの伝統を感じさせる。パワートレーンに関わらず、全車が18インチタイヤを履く。ハイブリッド車とガソリン車の大きな違いは、ガソリン車のみマフラー出口が左右ダブル出しになっていること。

先進安全装備

単眼カメラとミリ波レーダーを使った先進安全装備「Honda SENSING」を標準装備する。車線維持ステアリング機能は約65㎞/h以上で作動する。歩車分離されていない道路で歩行者との衝突回避を支援する操舵制御も備わる。

ボディカラー

インパネ

ハイブリッド車は写真のようにインパネ中央にボタン式セレクターが置かれるが、ガソリン車はレバー式となるのが違い。ウッド調加飾パネルはリアリティを追求した形状となっている。7インチのGathersインターナビは標準装備。通信費用については、ホンダディーラーで車検を受ければ、ずっと無料で利用できるのがうれしい。

居住性

後席:3列仕様は6対4分割タンブルシート、2列仕様は6対4分割ダイブダウンシートと、それぞれ2列目シートを専用設計とする。3列仕様の2列目シートは前後スライド機構も持ち、空間を上手に利用できる。
前席:「Masterpiece」系のブラウンレザーシートは、運転席だけでなく助手席も電動調整式。ポジションを合わせやすく、シート全体にボリューム感があって座り心地が良い。エンジンフードは見やすく運転しやすい。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き955㎜
後席格納時:奥行き1930㎜ 幅1045㎜ 高さ840㎜

2列シート仕様だけの設定となるハイブリッド車は、フロアがガソリン車よりも高くなっているが、それでも十分なラゲッジスペースを実現し、容積は499ℓ(ガソリン車は561ℓ)。さらに後席をワンアクションでダイブダウン格納すれば1061ℓ(ガソリン車は1123ℓ)まで拡げることができる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る