MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/25
  • MotorFan編集部

新型メルセデス・ベンツVクラスはアルファード&ヴェルファイアも意識していた!〈海外試乗記〉

New Mercedes-Benz V-Class Test Drive !

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツ唯一のミニバン、Vクラスが大幅なフェイスリフトを受けた。今回のテーマは、ずばり「商業車の派生から乗用車へ」で、日本をはじめアジア市場で覇権を握っている日本製ミニバン、とりわけアルファードやヴェルファイアなども意識して開発されたという。スペインはバルセロナ近郊で開催された国際試乗会からレポートをお届けする。

TEXT●山本シンヤ(YAMAMOTO Shinya)

商用車の派生から乗用車への進化

 メルセデス・ベンツと言うと、多くの人は「高級車ブランド」をイメージするが、実は商用車や特殊車両、軍用車両まで幅広いモデルを扱う総合自動車メーカーである。

 そんな幅広いラインナップの中、唯一のミニバンが「Vクラス」だ。1998年に初代が登場して以降、欧州のミニバン需要をけん引してきたモデルで、現行モデルは2014年に登場した三代目。開発は商用車部門が担当しており、「華やかさ」、「スポーティ」な乗用車系とは違い、「質実剛健」、「実用性重視」と昔のメルセデス・ベンツの匂いが残されている。

 ビジネスユースがメインの欧州ではそれで問題ないが、日本のミニバン文化が伝わったアジア圏では大きなウィークポイントになっていたのも事実である。この地で爆発的な人気を誇るのは、「アルヴェル」ことトヨタ・アルファード/ヴェルファイア。現行モデルはミニバンと言うより「大空間の高級車」と呼ぶにふさわしい一台で、アジア圏では高級リムジンと同じステイタスが与えられるほど。

 Vクラスも販売されているが、アジアでは残念ながら成功しているとは言えない。しかし、「今後も拡大予定の市場は無視できない」ことから、初の大幅改良を実施。開発のテーマはズバリ「商用車の派生から乗用車への進化」である。

 エクステリアは開口部が拡大されたフロントバンパーやLEDヘッドライト、新デザインのアルミホイール(17/19インチ)を変更。最新のメルセデス・ベンツのデザイン言語を盛り込むことで“力強さ”がアップ。更にスポーティなルックスのAMGラインはダイヤモンドグリルやクローム装飾で“スポーティさ”や“華やかさ”もプラスされている。

 インテリアはインパネデザインが変更され、タービンルックのエアベントや装飾パネルなどによりスポーティイメージがプラスされているが、インターフェイスは最新ではなく従来のままでフル液晶メーターや新ステアリングスイッチ、MBUXなどは採用されず。開発の優先度があると思うが、メルセデス・ベンツにとっては、まだミニバン=パーソナルユースではないのかもしれない。

 しかし、今回の最大のポイントは2列目にオプション設定される「ラグジュアリーシート」の採用だろう。大型キャプテンシートには、アームレスト/エアクッション付ヘッドレスト/オットマン/シートヒーター&クーラー/マッサージ機能など、Sクラス譲りのアイテムを水平展開。加えて、クーラーボックスや保温機能付カップホルダーと言った快適装備も用意されている。

 パワートレインはガソリン/ディーゼルが用意されるが、ガソリンは変更なし。一方、ディーゼルは従来の2.2Lターボ「OM651」から2.0Lターボ「OM654」に刷新。このエンジンは2016年にEクラスに導入されて以降順次採用が行なわれているエンジンで、オールアルミ製で軽量(OM651比で約35kg)、低フリクション(シリンダー内部の「NANOSIDE」採用や新形状ピストンなどで25%低減)、2500バールの第4世代コモンレールインジェクションの採用などにより、燃費(従来比13%アップ)や環境性能(Euro 6d TEMP)を実現しながらパフォーマンスもアップしていると言う次世代ユニットだ。3つの仕様が用意されており、「V220d」は163ps/180Nm、「V250d」は190ps/440Nm、「V300d」には239ps/500Nmとなっている。

 また、トランスミッションも変更されており、従来の7Gトロニックから軽量/コンパクト設計の9Gトロニックを採用している。

 予防安全技術の充実もポイントで、アクティブブレーキアシスト/ハイビームアシストプラス/ブラインドスポットアシスト/レーンキーピングアシスト/プリセーフ/アクティブパーキングアシスト/エマージェンシーコールシステム/アテンションアシスト/アクティブディスタンスアシストディストロニック/トラフィックサインアシスト/インテリジェントライトシステム/クロスウィンドアシスト/360°カメラと、現在のクルマに必要であろうデバイスはすべて用意。

 なかでも横風を認識して車線に留まるようにサポートするクロスウィンドアシストは、ボディ形状が不利なミニバンにはありがたい機能だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る