MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > BMW > 1シリーズ > 〈BMW M140i〉”M”の称号を戴く希少なFRホットハッチ【ひと目でわかる最新スポーツカーの魅力】
  • 2019/06/28
  • MotorFan編集部

〈BMW M140i〉”M”の称号を戴く希少なFRホットハッチ【ひと目でわかる最新スポーツカーの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Country:Germany Debut:2013年2月(一部改良:17年8月) 車両本体価格:655万円
Country:Germany
Debut:2013年2月(一部改良:17年8月)
車両本体価格:655万円

REPORT●工藤貴宏(KUDO Takahiro)
PHOTO●平野陽(HIRANO Akio)
専用エアロパーツやデュアルエキゾーストパイプでスポーティな装いを実現。現行ラインナップの M140i「Edition Shadow」の場合は、キドニーグリルがハイグロス・ブラック仕上げとなり、ダークヘッドライトも備わる。
18インチのダブルスポークアルミホイールを標準装備。現行ラインナップのM140i「Edition Shadow」は、カラーがオービット・グレーとなる。純正装着タイヤはミシュランのパイロットスーパースポーツ。
吸排気両側の可変バルブタイミング機構であるダブルVANOSと高精度な直噴システム、排気効率を高めるツインスクロールターボチャージャーを備えた3.0ℓ直列6気筒エンジンを搭載。最高出力は格上のM240iクーペと同じ340㎰を誇る。
1シリーズ自体が間もなくモデルチェンジを迎えるが、インターフェースが熟成された感のある現行モデルも満足度は高い。M140i「Edition Shadow」はハイグロス・ブラック・トリム/パール・クローム・ハイライト、HiFiサウンドスピーカーを標準装備。

現行モデルはFRレイアウトを採用しており、同クラスのライバル勢と比べると居住性は若干不利。それでも後席ニースペースは約60㎜ある。M140i「Edition Shadow」はブルーステッチ入りダコタレザーシートを備える。


BMWオーナーにとっては見慣れたデザインの8速AT用シフトセレクターを装備。右隣にはドライビングモードの切り替えスイッチを備える。ペダルもごく普通のデザインだが、アクセルペダルは踵を支点に微妙なオンオフが可能なオルガン式となっている。

荷室は奥行きが約800㎜、最小幅が約950㎜と、必要十分な広さを確保。後席シートは6対4分割可倒式となっているため、背もたれを倒せばフロアを拡大することも可能。その場合の最大奥行きは約1570㎜となる。

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.117 2019年スポーツカーのすべて
最速試乗! 新型スープラを公道で試す!!

直6&直4の実力を徹底チェック
スープラ完全復活

フレンチスポーツの現在
アルピーヌA110 & メガーヌR.S.

up! GTI、新型Z4からケイマンまで
スイスポ、GT-R、NSXも網羅!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る