Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. WRX STI

12月23日に受注終了! スバルWRX STIを振り返る〈第三回:メカニズムをピンポイント解説!〉

  • 2019/12/12
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月23日、名機EJ20を搭載したスバルWRX-STIの注文受け付けが終了する。そこでMotor-Fan.jpでは、結果的に最終モデルとなった現行WRX STIを振り返る短期連載をお届けする。第三回はメカニズム解説だ。

REPORT●安藤 眞(ANDO Makoto)
PHOTO●スバル/編集部

※本稿は2017年7月発売の「新型WRX STIのすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様が現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

新型専用RECAROシート(STIオプション)

STIにオプションで用意されたレカロ・シートは最新モデルであり、シート側面にはその証である同社の最新ロゴのタグが付与されている。右は先代と比較した体圧分布図。荷重の分散が適正化されている(写真は北米仕様、日本仕様はパワーシートのみ)。

新環状力骨構造ボディ(全車)

キャビンを強固なピラーやフレーム類で囲むように結合して衝突による衝撃から乗員を守る、おなじみスバル独自のボディ構造。大がかりな変更はない。

静粛性の向上(全車)

新型WRXは新たにフロア制振性、ガラス遮音性、ドアのシール性などにより、荒れた路面や継ぎ目を走行した時のロードノイズや高速走行時の風切り音を低減している。具体的な導入アイテムは右表を参照されたい。またスポーツ性よりプレミアム性を訴求するS4ではサイレンサー(制振材)の面積拡大や増厚を行なっている。
Aピラーの左右基部間を広くとり、なおかつウインドスクリーン下部の視野が拡大されているためコーナーの内側が視認しやすいという美点も継承。

FA20型エンジン(S4)

世界的権威のあるアメリカの「ワーズ“10 ベストエンジン”賞」を各仕様で合計3回も受賞しているスバルの新世代BOXERエンジン。高出力と良好な高回転域のフィーリングを実現するためボア×ストロークをあえて86.0×86.0㎜のスクエアとしている。S4に搭載されるのは、厳密にはFA20DITと呼ぶ型式のスバル初の直噴ターボ・ガソリンエンジン。同じFA20型でも、クランクシャフト以外は自然給気版との共通要素はほとんど無い。

WRX S4エンジン
型式・種類FA20:(FA20DIT)
種類・気筒数:水平対向4気筒
弁機構:2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS直噴ターボ“DIT”
排気量(㏄):1998
ボア×ストローク(㎜):86.0×86.0
圧縮比:10.6
最高出力[ネット](kW[㎰]/rpm):221[300]/5600
最大トルク[ネット](N・m[㎏m]/rpm):400[40.8]/2000-4800
燃料供給装置:筒内直接燃料噴射装置
燃料種類:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量(ℓ):60

EJ20型エンジン(STI)

1989年に登場したスバルを代表するエンジンだが、度重なる近代化改修で現在では「第三世代EJ」と俗称されるまったく別物に進化している。実に200以上の仕様があるため、ファンはEJ20に燃料配給装置区分の記号や数字を加えて区別するが、これに則ると今回のSTI搭載機は「EJ207」、さらに細かく定義すると「EJ207V9(V=Version)」となる。ショートストロークならではの高回転域でのシャープさが魅力だが、初心者には十分な性能を引き出すことは難しい。EJ207は吸排気に可変バルタイ機構(DUAL AVCS)を備え、大型インタークーラー付きツインスクロールターボで強大なパワーを発揮する最強モデルだ(※スバルの公表型式はEJ20のみ)。

ターボチャージャー

大型インタークーラー

WRX STIエンジン
型式・種類:EJ20
種類・気筒数:水平対向4気筒
弁機構:2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCSツインスクロールターボ
排気量(㏄):1994
ボア×ストローク(㎜):92.0×75.0
圧縮比:8.0
最高出力[ネット](kW[㎰]/rpm):227[308]/6400
最大トルク[ネット](N・m[㎏m]/rpm):422[43.0]/4400
燃料供給装置:EGI(電子制御燃料噴射装置:マルチポイント・インジェクション)
燃料種類:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量(ℓ):60

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ